FC2ブログ

ドライブは決して、非生産的行為ではない





「ドライブにでもいこうよ」

ゴールデンウイーク。
その日はとても天気が良く、「もったいないお化け」が出たりしないように、どこかに出かけたいなと考えた。

そして僕は奥さんにラインを送った。


「いまから?」

返事の出だしはネガティブだったが、暫くすらと「別にいいけど」と返事が返ってきた。

「さ、支度して。これからドライブに行くよ」

僕は布団の上でゴロゴロしている兄弟にそう言った。

時間にすると、朝ご飯には遅すぎるけど、昼ご飯には早すぎるタイミングで、つまりはまだ十分に出掛ける余裕のある頃合いだった。

「え~、、、」

次男があからさまに嫌そうな反応を見せたが、

「たまには父ちゃんと母ちゃんにサービスしてよ。父ちゃんは母ちゃんとドライブに行きたいんだよ」

そう言うと、渋々身支度を始めた。





「どこに行くの?」

奥さんが尋ねた。

「埼玉県。秩父に行こうと思って。ほら、テレビで時々紹介されている三峰神社に行ってみたいなと」

僕が答えた。

関東だと、時々紹介されている有名な神社で、とは言え実は特別な興味がある訳でも無かったが、口実としては悪くはないなと言う下心から目的地に選んだ。

そして僕らは、久しぶりに家族四人でドライブに出かけた。





目的地の三峰神社は、思いの外遠かった。

結構な距離を車で走ったけれど、なかなかたどり着かなかった。

「あれ?参道の入り口じゃない?」


道路脇に大きな鳥居が現れ、傍らは駐車場になっていた。
僕は駐車場に車を入れ、傍に設置されていた大きな地図を眺めた。

「なんか、だいぶ歩くみたいだよ」

僕は地図を眺めながら奥さんに伝えた。

「とりあえず行ってみようよ」

僕らは参道入り口とおぼしき通りを歩き始めた。
程なく、古く大きなお土産屋さんにたどり着く。

「よってきなよ」

元気でチャキチャキした感じのお婆さんが出迎えてくれた。

20190518132509fd3.jpg

そこは、かつて民宿を営んでいたようで、今ではお土産屋さんとして続けられていた。
それはとても立派な建物で、そして歴史があることが読み取れた。


「築100年以上だよ」

お婆さんは難しい顔をしながら、そう説明をしてくれた。

「上がっていいよ。写真撮るなら座敷の奥から窓開けて撮んな」

お婆さんの顔はさらに難しい表情になった。

歓迎されているのかそうではないのか、全く解らなかった。

「遠慮はいらないよ」

お婆さんは僕らを促す。

20190518132546095.jpg


先陣を切って奥さんが座敷に上がり込む。

「すごーい、立派ですね~」

奥さんは素直に感想を伝えた。
そもそも奥さんはお世辞を言わない。
純粋に思ったことを口にしたのだ。

ただ、それは伝わったらしく、お婆さんの表情が和らぐ。

「おじゃましま~す」

僕も上がり込んで座敷の奥に向かった。
頼んだわけではなかったが、お婆さんは一番奥の窓を開けて、僕らにそこからの景色を見せてくれた。

20190518132619966.jpg


「うわ!」

僕は思わず声を出した。

高い、、、、。

でも、確かに景色は格別だった。

20190518132649619.jpg

お土産屋やさんの傍らにある川は、四季折々鮮やかに彩られるのが想像できた。
そしてこの日は新緑がまぶしかった。


僕も奥さんも長男もそれぞれのツールで写真をいっぱい撮った。

窓から見える朱色の橋も、情緒溢れる景観を演出している。

これたけでも、ここにきた価値があるように思えた。

201905181327494f7.jpg

「ありがとうございました。じゃあ、行ってきますね」

僕らはお婆さんにお礼を言い、橋を渡り参道を進む。

201905181328230b0.jpg

日差しはきつかったが、空気が冷たく神秘的な感じの参道を僕らは歩いた。

2019051813285713a.jpg


いつだったか、どこか記憶にある風景のようで、僕は落ち着いた気持ちになる。

201905181329346b2.jpg


何のアトラクションもありはしないが、こういう散歩も悪くはない。

僕らは四人でノンビリと歩き続ける。

テクテク、テクテク。

やがて、ここからが本番だよと言わんばかりの場所にたどり着いた。

201905181330116d9.jpg


「よし、頑張ろう!」

僕が言うと、次男が後退りを始めた。

「父ちゃん、オレやだ」

次男が先には行かないと言いだした。

「だって、ほら」

次男が指さす。

20190518133048bd7.jpg


ハイキングコースとしても少々険しい参道脇に、物騒な看板があった。

「熊、でるんだよ。行きたくない」

及び腰の次男は、引き返すと聞かなかった。

「戻ろうか?」

奥さんは笑いながら言う。

まあ、嫌がる次男を無理やり引きずっても、御利益が得られることはまずないだろう。

「解った、戻ろう」


僕らは来る道をゆっくりと戻った。

景色は相変わらず穏やかで清々しい。

2019051813312668e.jpg


やがてお土産屋やさんにたどり着く。

201905181332099a0.jpg


この景色が見れただけでも収穫か。


そして、僕らは再び車に乗り込み先を進んだ。
三峰神社到達はまだあきらめてはいなかった。


僕ら家族の長い1日の始まりだ。

冒険は続く。






スポンサーサイト

全力家族






10連休となったゴールデンウイーク。


子ども達は、初日から僕の残る家にやってきて、そしてそのまま10日間を過ごした。

20190506094036746.jpg


毎日一緒にご飯を食べ、遊んだり、勉強をしたり。

20190506094117369.jpg


まるで別々に暮らしている事など嘘のように賑やかに過ごした。


与えられた時間は思いの外多く、僕は合間にジムに通う事もできた。

ガシャガシャとマシンを動かし、久し振りに筋肉に悲鳴を上げさせた(笑)

20190506094214b13.jpg


勿論、僕らは冒険家族。
こんな絶好の機会を逃したりしない。

オリジナルフルメンバーで行動した。

20190506094304e7c.jpg


北へ西へと飛び回る。

20190506094433b4e.jpg

やはり、このメンバーでなければ得られない楽しみがある。

20190506094958575.jpg


幾多の渋滞に遭遇したが、家族四人で笑い飛ばしてやった。

20190506095027a6c.jpg

子供の日。

去年は出さずじまいだった兜も飾った。

201905060946508ad.jpg


そしてちょっとしたトラブルもあって、奥さんが泊まりにやってきたりもした。

一緒に晩ご飯を食べ、懐かしい楽しさも味わえた。

20190506094924e7b.jpg

*俯いているのは、各々のスマホでユーチューブを見ているため。
面白動画で奥さんは長男と盛り上がったりしていた。


色々と忙しい長男と奥さん。
なので、次男と2人っきりの時もあった。


僕は運動不足の次男を連れ出してサイクリングをしたり。

20190506095120883.jpg


ゴールデンウイークに1日だけやっている施設を訪れ、あまり親しみのないものに親しむ。

20190506095155108.jpg


サイクリングのゴールは温泉。

次男のリクエストに全て答えて、満足するまで湯船を回り、食べたいものを一緒に食べ、飲みたいものを一緒に飲んだ。

201905060952262bf.jpg


さて、ゴールデンウイーク最終日。

明日から、それぞれのやるべき事を頑張ろうな!




20190506095257475.jpg




久しぶりのドライブ。でも、スピードは出さないよ(笑)




201904301808571e5.jpg
*記事とは関係ないが、目的地で行われていた恐らくは自発的イベントにちょっと目を奪われたので。どういうイベントだったのだろう?












超大型連休。

初日は食材やらなにやらの仕込みで終わった。

二日目。

天気が良く、軽くドライブでも行こうよと兄弟を連れ出した。

東京は西の端、奥多摩は小河内ダムに向かった。
新緑が綺麗で、この思いつきは悪くはなかったなと満足。

20190430181103884.jpg


到着したのはちょうどお昼頃。

何か食べようよとなり、小河内ダムのビジターセンターに向かった。。

201904301812322ed.jpg

ここにはレストランがあって食事ができるようになっている。

次男は唐揚げ単品とご飯単品を頼み、勝手に唐揚げ定食だと喜んだ。
とても美味しかったらしく、アルバイトのウエイトレスさんを捕まえて「これ美味しい」と感想を語っていた。
僕は地元で採れた山菜や川魚の天ぷら定食を頂いた。

20190430181513647.jpg

多彩なおかずに食べる楽しみが味わえた。

問題は長男。
何の変哲もないカレー。

20190430181353dfa.jpg


とかろがだ。
このカレーかなり辛い。
カレーは量の違いでもう一種類(ダムカレー)があるが、おそらくルーは一緒だと思われる。
つまりは子供向けの味付けカレーはないようだった。

「辛い、辛い」

長男は何杯も水を飲みながらカレーを食べつづけた。
僕も一口貰ったが、本当に辛かった。
ご利用の際はご留意を。




このビジターセンターには食事のほか、いくつかの施設が設けられている。

小さいな子供向けの遊具設備。

201904301817059c9.jpg

木でできたボールをころがしたり。

イメージとしては「水」。
降り注いだ雨がダムに貯まる的な。

また、大地に降り注いだ雨水は地面を抜けて地下へ。
、、、、の構図。

20190430182535d95.jpg

次男、地下に溜まってる(笑)

他にも郷土資料室。

20190430183023fae.jpg

不思議構造のからくり。

20190430181829bd8.jpg

次男ですらすっかりこの手の類には響かなくなっている(笑)

あと、お土産コーナー。

想定通りこんなものがあった。

20190430182244165.jpg

うーん(笑)


それよりも僕に響いたのはこれ。

20190430182400578.jpg


なんとも魅惑的な文字。
捨ててしまったはずの走りや魂が疼く(笑)

まあ、そんなことより、僕らは小河内ダムを景色を楽しみながら散策。

201904301829172f6.jpg


そのあとはダムを車で周遊する。


しばらく進むと、別の施設にたどり着く。
そこは、自然に触れ合い遊び学ぶための施設だ。

20190430183129e90.jpg


何故か長男、パカパカ竹馬で遊び出す。幼稚園時代、夢中で遊んでいたのを思い出した。
それにしても、バランスが可笑しい。

20190430183343323.jpg


次男は輪投げ。
大概そう(笑)

20190430183510169.jpg

建物中は色々な資料を楽しんだり、ゴロゴロとしたり、かなりのんびりとした時間をすごせるようになっている。

2019043018361997f.jpg



ん?

次男よ、その格好は何だ?



どうやら、山中で作られた炭を運ぶときのスタイルらしい。


と、まあ、こんな感じで連休は始まった。


先は長いし、のんびりすごそうな。

トンカツ、コロッケ、ポテトフライ。そして、サラダ。


超大型連休が始まった。

誰しもがきっとそうだと思うが、連休突入前は仕事がてんてこ舞いでぐったりとしてしまった。

連休に伴って、先ずは小さなお笑い芸人さんが恒例のリュック一つでご来店。

その後、部活のバトミントンを終えた後、着替えを詰め込んだバッグを抱えお兄ちゃんがご来店。

「休み中、ずっと居ても良いんだよね?」

小さなお笑い芸人さんはドタバタと部屋の中で暴れながら言う。

「好きなだけ居て良いんだよ」

僕は答える。

連休初日。  


冷蔵庫は空っぽで、僕は仕込みに奔走。

もう、それだけで1日が終わった(笑)

小さなお笑い芸人さんのお兄ちゃんは部活でグッタリ。
お腹が空いたて晩ご飯が待ちきれないと厨房から離れない。

そんな兄弟の為に、初日はカロリー高めのあげもの定食とした。

トンカツとか。

20190429033050305.jpg

小さなお笑い芸人さんは食事の準備が終わるまで、何故かヒップホップダンスでひたすら待つ。


さて、休み中は仲良く楽しく過ごそうね。


20190429032356cc3.jpg






僕はここにいる

20190425200123ce1.jpg
*冬がくる前に








蔵出しネタ。

去年の秋口頃の話。


その日は天気が良くて、出掛けたくてたまらなくなった。







僕はお弁当を作った。
次男と僕の二人分。

201904251955544b7.jpg



「サイクリングにでも行こうか?」

僕は次男を誘った。

「久し振りに自転車だ」

次男がわらう。

そうして僕らは、サイクリングに出かけた。


20190425195651b69.jpg

季節は秋。

けれどとても暖かかった。

サイクリング道の途中にある資料館に寄ったりもした。

2019042519580700f.jpg


先は長い。

ノンビリ行こうか。

20190425195844817.jpg


サイクリングコースを半分ほどすぎた頃、僕らはコース脇にある東屋でお昼をとった。

20190425200006f05.jpg


次男と色々な話をしながら、一緒に食べる。

少し体を休めたら、一端のゴールである湖を目指す。
次男が好きないつもの場所だ。

201904252002208cc.jpg


僕らは湖畔で景色を楽しむ。
次男は僕の一眼レフを奪い取り写真を取り始めた。

ここの景色は次男のお気に入り。

気の済むまでカメラを任した。

そしてまた走り出す。

20190425200257170.jpg


この湖畔脇には広い公園がある。
遊具は少ないが、景色を楽しみながら優雅な一時を楽しむ家族向きの場所だ。

201904252008346d4.jpg

僕らは自転車を停め、広場を散策する。
次男は時々走り出しては、辺りの木々の影に隠れて僕に探させる。

しかし、次男よ、本当に女の子みたいだな(笑)

20190425200336981.jpg

散策に疲れたら、管理棟のデッキでジュースタイム。


2019042520041034c.jpg


喉を潤したら、次男お楽しみの公園遊び。

小さな複合遊具は、ヨチヨチしたお子さん達用で、次男が近寄ると進撃の巨人みたいだった。

次男も理解したのか、程なく砂場遊びを始めた。

201904252005337e8.jpg

案外、まだ、砂場遊びは楽しい年頃のようで、山を作ったり川を作ったり。

やがて積み上げた山にトンネル掘りを開始。

「父ちゃんも手伝ってよ」

次男のリクエストに答えて、僕も砂いじりを始めた。

二人で別々にトンネルを掘り、やがて無事に開通。

次男、とっても嬉しそう。

20190425200632c65.jpg


僕らはトンネル開通を記念して、記念碑を建てた。

それ程長くは保たないだろうが、僕らの成果を印すことにしたのだ。

20190425205032c1c.jpg


少し日がかげり始めた頃、僕らは帰路につくことにした。

自宅までの距離は長い。
タイミングを間違えると、街灯少ない暗闇サイクリングコースを走ることになる。

とりあえず、またきて遊ぼう。

20190425200705a60.jpg


帰り道は、次男に先頭を任せた。
僕は次男の後ついて行く。

20190425200736076.jpg


やがて、足早に日が暮れ始めた。


「父ちゃん?」

次男が僕を呼ぶ。

「何?」

「父ちゃん?」

「何?」

「父ちゃん?」

「どうした?」

次男が自転車を停めた。

「父ちゃんて呼んでないと、父ちゃんがいなくなっちゃうような気がするんだよ。だから不安なんだ」

次男は笑いながらそう言った。

「大丈夫だよ。父ちゃんはずっと側にいるからさ」

僕もわらう。


「オッケー、ここからさきは父ちゃんが前を行くよ。何かあったら、呼んでな」


僕らはフォーメーションを入れ替えて走り始めた。


僕はゆっくりと次男のペースに合うよう走り続けた。

僕の背中が見える内は安心なのかもしれない。

それ程先ではない何時だかに、僕から離れていくのだろうが、それまでは側にいるから安心しな(笑)

父ちゃんはここにいるよ。






サイクリング、また行こうな。

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR