FC2ブログ

フィットネス・カケル




手軽に運動。


本日はこちら。


2020071500525963a.jpg



そう。
みんな大好き「エキスパンダー」


勿論、100円ショップ「ダイソー」製品(笑)


同じ目的用品としてゴムチューブのみも売られている。
手軽さ、やり安さで言えばゴムチューブの方に軍配はあがるが、「自宅で手軽に運動」の大切な要素には「雰囲気作り」がある。

よし、やるぞ!
的な。

そう言う意味では、このダイソー製エキスパンダーはなかなかこ洒落た見た目で悪くない。

とは言え本質はエキスパンダーとしてキチンと機能するか?だ。
購入した時は正直疑心暗鬼だったが、侮るなかれ、かなりいける。


一番の製品ポイントは「負荷を変えられる」こと。

負荷を構成するのは五本のゴムチューブになる。

20200715005254964.jpg


なんと、このゴムチューブは取り外し可能。

20200715005256afd.jpg


つまりは負荷を五段階調整できる。


これは、なんのことないようでかなり便利だ。

正直、ゴムチューブ五本をいきなり伸ばしての運動は結構しんどいはず。

なので、自分がこなせる本数からスタートできるのは継続性へのモチベーションになる。


と、言ってる矢先にいきなり五本チャレンジの次男。

20200715005257608.jpg


まあ、できない(笑)


ああ、そうだ、お値段のご紹介を忘れていた。

お値段、なんと、価格破壊プライスの300円!

安い!

持ってけドロボー(笑)







結合、便利です。


スポンサーサイト



朝、目覚めたら





虎子が不思議な格好で寝ていた。


202007122254340c5.jpg





(笑)


やられた、、、



テレワークでの会議中。

ふと横をみると、虎子がいた。



いや、それ、僕の飲み水なんだけど、、、、


20200711233507d33.jpg







フィットネス・カケル




ジム通いがしづらい状況の中、自宅トレーニングの記事をネットで多く見かけるようになった。

その中のに「へ~、そうだったんだ」と、初めて知った事実があった。


ジムの最大のメリットは「マシン」を使って効率よく体に負荷をかけられて、程よく運動ができる事だが、中でも自宅ではなかなか同じように効率よくとはいかないのが、下半身のトレーニングだ。

年老いた足腰を鍛えるに、ジムには「足でやるバーベル」みたいなのがあって、プレート(重り)が繋がった足場を両足で持ち上げるマシンがあるのだが、これと同じぐらい手軽に下半身を鍛える方法を僕は知らない。

202007042314387a7.jpg
*こんな感じのやつ



まあ、恐らくはスクワットとかが代用となるのだろうが、実は僕はスクワットがあまり好きではない(笑)
なんとなく億劫で。


そんな理由もあって、唯一やっているトレーニング方法が「片足スクワット」。

文字通り片足だけでスクワットをする。
自重を利用するには変わらないが、片足でやると全ての体重を一本足で支える事になる分、負荷もかかりやすく、バランスも必要なので体幹も鍛えられるかな?と。

僕はこれを「コサックスクワット」と名付けていた。

202007042322171e0.jpg


まさに、こんな感じ。
同じ様な笑顔でこなせないが。


ところが、実は正式名称があるちゃんとしたトレーニング方法であることを最近知った。

その名も「ピストルスクワット」

高難易度でかつ高強度なトレーニング方法なんだそうだ。
まあ、確かに一番辛いメニューで、正直ちょっと憂鬱になりながら始めたりする(笑)


もしご興味があれば、一度お試し頂きたい。
何しろ道具も何もいらない。

手軽と言う意味では、他にないほど手軽だ。

イラストの通り、片足を伸ばしたままお尻がかかとにつくぐらい深くしゃがみ、そして片足だけで立ち上がる。


笑顔が消えるはずだ。

まずバランスが保てないし、しゃがむだけでもかなり辛いが立ち上がるのはもっと辛い。


正直、僕も片足10回が出来たためしがない。



あと、ついでに知った事実として、コサックはそもそも東洋武術が原型なんだそうだ。

体の強さ、柔軟さ、そして武勇を表現するダンスだそうで、道理でこんなにも辛いわけだと納得(笑)



あ、そういえば、なんでピストルスクワットと言うのだろう?



なんで?


目が覚めたら



枕元にアルマジロがいた。

202007012249311af.jpg







いや、アンモナイトかも。



いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR