FC2ブログ

モノクロームビーナスが住むところ

20200207213232044.jpg

*1987年(昭和62)まで稼動していたのには驚いた


● 名称:富岡製糸場
● 場所:群馬県富岡市富岡1番地1
http://www.tomioka-silk.jp/
● 開館時間:9:00~17:00
● 休館日:年末年始
● 入園料:大人1000円、大学生・高校生子250円、
      中学生・小学生150円
      未就学児は無料
● 駐車場:近隣有料駐車場を利用
● 遊び時間:2時間程


ご存知「世界遺産」

本格的器械製糸工場として名高い。
創業は1872年(明治5年)であり、実に1987年までの期間絹糸の生産がおこなわれていた。

建物は巨大だが木造で、遠目には立派な西洋風だが、近くで見ると歴史を感じる「やれ」具合でノスタルジック。

教科書の中、あるいは小説「ああ、野麦峠」の中の世界だが、たまたま近くに行ったので、せっかくだしと足を運んだ。

なかなか圧倒される建物だったが、僕らが盛り上がったのは、国宝でも世界遺産でもない、敷地内のとある古びた建物の方だった。

いずれにしても一見の価値あり。









群馬県のこんにゃくパーク見学が終わった後のこと。

「まだ時間あるし、富岡製糸場に行ってみる?車で10分くらいの距離みたいだし」

僕が言う。


「あ、おれ知ってる。学校で習った」

長男が答えた。

そんなわけで、僕らは少し足をのばして世界遺産にむかった。


到着してみると工場の足元街はなんだか寂しくノスタルジックが漂っていた。

20200207213224b32.jpg


たどり着いてみると、その建物は想像以上に巨大。

20200207213227cd3.jpg


広い敷地の中にはいくつかの建物があったが、僕らは時間の都合もあって正面口にそびえる「東置繭所(国宝)」を見学。

当時の建物を利用しての、展示物やらお土産売り場やらがあった。

20200207213238f41.jpg

小学校などでも学習する蚕と繭。

あの美しい絹糸は、果たして繭玉からどうやって繰り出されるのか?
わかるようでわからないでいたが、建物の中をぐるぐる回っていたら、繭玉から絹糸を繰り出す実演が行われていた。

ん?

実演しているのは、何故かよく知るお笑い芸人(笑)

20200207213233abe.jpg


絹糸は、70度のお湯をはったボールの中に繭玉を入れ、専用のハケでグルグルとボールを掻き回す。
やがて熱で緩んだ繭玉三個からそれぞれ一本の糸を引き出す。

その糸を専用の手動工具で巻き取っていくのだが、よく出来たもので、自動的に三本の糸がヨリ線となりながら巻き取られていく。

三本の糸がよられているとは言え、束なった糸はとても細い。

20200207213235cde.jpg


さらに解った事実として、繭玉から糸が無くなって、次の糸を追加(接続)する際、巻き取り途中の糸に絡めると、自然に接続されて行くこと。

この点が不思議だったので、解説員の方に尋ねたところ、三本の糸がヨリ線で一本の糸になる為、追加された糸を自然と絡み巻きしていくのだそうだ。


長年の疑問が解決したところで、僕らは建物の二階に上がった。

多くの訪問者がいたが、二階を見学している人は誰もいなかった。

そこは時間が止まったかのような静かな空間。

20200207213245b28.jpg

元は倉庫のようで、けれど今は何もない。

20200207213244310.jpg

あまり時間が無かったので、僕らは東置繭所の周りを軽く散策して帰ろうとなったのだが、世界遺産採用のきっかけとなった生産機械よりも、別の設備が気になって帰りまでの時間をすべてそこで費やした。


富岡製糸場の社宅跡(笑)

20200207213229d3c.jpg


木造の平長屋で、見学もできる。

入った瞬間タイムスリップしたかのような錯覚。

工場閉鎖が昭和六十年代ということもあり、懐かしさ満点(笑)

2020020721323084a.jpg

はな垂れ小僧か、おかっぱ頭のおてんばな女の子がいそうだ(笑)

そんなノスタルジックな空間で、一際興味深々で堪能していたのが長男。

居間のちゃぶ台の上には、昭和三十年代の、おそらくは社宅で生活していた人々の写真が納められた本物のアルバムが数冊置かれていたのだが、何に引っ掛かったのかアルバム1ページ1ページをゆっくりめくりながら眺めていた。

モノクロの写真が当時の生活を彩り伝える。

僕にしてみれば、自分の子供のころのアルバムを見ているような懐かしさと自然さがあったが、長男は何に惹かれたのだろか?

202002072132232f8.jpg


「私、子供のころ住んでたアパート六畳と四畳半でこんな感じ。懐かしい~」

奥さんが言う。

「僕は、家族四人で六畳一間の時があった。ここの方が広い(笑)」

僕が答える。

二人ともその頃は銭湯通いだった。

そんな感じで昭和の生活空間を奥さんと懐かしみながら見て楽しんだが、案外この場所を覗いてみたのは正解で、子供向けのイベントもひっそりと行われていた。


その中の一つ、記念缶バッチ作成。

次男がやりたいと言うので、チャレンジ。
一回200円。

20200207213226c0c.jpg

不思議な装置で手作りするのだが、缶バッチも昭和の臭いがして悪くない。

次男がチャレンジするのを見ていた長男も、「俺もやりたい」と奥さんにおねだり(笑)


缶バッチ以外にも、繭玉から絹糸を簡易的な装置で手繰る体験コーナーもあった。こちらも1回200円。

ん?
次男よ、おまえさん、古風とは言え本物の装置使って体験してたが、あれ無料だったぞ(笑)

そんな感じで、世界遺産の本来の見所はスルーしてしまったが、予想以上に楽しめた。

次男もこれから習う歴史の教科書に富岡製糸場が出てきたら、きっと思い出すだろうな。

家族四人で行けてよかった。



20200207213221896.jpg
☆次男撮影




スポンサーサイト



見て、食べて、遊んで




● 名称:こんにゃくパーク
● 場所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
http://konnyaku-park.com/index.html
● 開館時間:9:00~18:00
● 休館日:不特定のようです(公式HPをご確認ください)
● 入園料:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日



再びの訪問。
↓前回ご紹介記事
太平洋戦争時、秘匿名称を持つほどの軍需品。それは「こんにゃく」



群馬県の特産品「こんにゃく」

こんにゃくその物も人気だが、こんにゃくを素材に様々なアレンジ食品が売られている。

そんなアレンジ食品を実際に試食できるだけでなく、こんにゃくの製造工程の見学もできる。

注意点があるとしたら以下2点。

・土日は工場見学はできるが稼働していない。
 要は「おやすみ」
・代表的なこんにゃく加工品の試食ができるが、
 必ず腹ペコで挑むこと。
 試食とは名ばかりで、たらふく、しかもその気に
 なれば制限は無く食べられるからだ。


上記2点を心得て楽しんで頂きたい(笑)









「こんにゃくパークにはいつ行くの?」

長男が言う。

事の発端は、以前子ども達と僕とで行ったこんにゃくパークが楽しかったねと、お母さん行ったことないから連れて行ってあげたいね、と子ども達と話したりした流れからだ。


土曜日。


僕の残る家で子ども達と晩御飯を食べているとき。

「明日、こんにゃくパークに行ってみる?」

「あ、おれ、母さんにラインで聞いてみる」

長男が手早くラインでメールを打った。
間髪入れずに奥さんから返信が入った。

「何時に出発?、、、だってさ」

「10時ぐらいでどうかな?」

長男がラインで奥さんに連絡を入れると「遅い!」とクレームが入った(笑)

なので、僕らは9時に出発して群馬県に向かうことになった。







のんびり車で走って到着。
寒かったが天気は上々。

20200204215715cd9.jpg


敷地は以前訪問した時と変わらず綺麗に整備されていた。

2020020421572091f.jpg


僕らは受け付けを済ませるて工場見学開始。

20200204215707721.jpg


残念ながら工場は稼働していなかったが、綺麗な工場を眺めながら、普段の稼働状況のビデオで雰囲気を堪能。

202002042157082ad.jpg


指定された順路を周り終えたら、お待ちかねの大試食タイム。

この日は空いていて、ほぼ待つことがなかった。
前回訪問時は確か一時間ぐらい並んだと記憶している。

2020020421570969b.jpg


試食はバイキング形式。
色々あって選ぶのに悩んでしまう。

2020020421571753c.jpg


僕ら家族は思い思いの品を選んでテーブルについた。


20200204215714aa9.jpg

因みに僕が選んだのがこちら。

202002042157156ca.jpg

全部こんにゃく(笑)

味噌田楽と玉こんにゃくの煮物。
まあ、オーソドックスに美味しい。

20200204215709dfd.jpg

そしてラーメン。
麺がこんにゃく。

20200204215708573.jpg


奥さんはかなり気に入ったようで、お土産として買っていた。

僕が一番気に入ったのがこちら。

20200204215704f57.jpg

唐揚げ。

味は??な、不思議な味だったが、美味しい。
酒のつまみにうってつけか。
正直、おかわりしたかった(笑)


食べ終わったらお待ちかねのお土産コーナー。

20200204215710d42.jpg

とても広いコーナーにこれでもかとこんにゃく関連の品々が並んでいる。

奥さんは色々目移りしながら、お土産を物色。

こんなのとか、
20200204215711d3d.jpg


こんなのが売られている。
202002042157109a6.jpg

奥さんはラーメンを購入。

20200204215710d38.jpg


そんなワケで、話のネタは尽きない(笑)





こんにゃくパークの敷地内。

こんにゃくとは直接関係無い催しもあったり。

子ども達はお約束のアイスタイム。
寒くても食べたいらしい。

202002042157192bd.jpg

因みに、このアイス売りのおじさん、マリオにそっくりだった(笑)

ついでに補足すると、屋外健康器具が設置されていた。

20200204215709083.jpg

もしかしたら、来場者向けではなく、工場ではたらいている方々用かもしれない。

20200204215654e6c.jpg

工場で発生する熱を料金しての足湯もあるので、楽しみ方はこんにゃくだけではない。

興味がありましたら、是非ご利用されたし。


月に吠える




群馬県にある極小遊園地「るなぱーく」

20200130210240556.jpg
*画像はオフィシャルサイトから拝借


二度程ご紹介記事を書いたが、昨年家族で訪問した際に、前回訪問時には全く気がつかないでいた場所があった。

*以前のご紹介記事↓
回転しない木馬のデッドヒート



それは、奥さんと長男がクレープを食べると言って、順番待ちをしていた時のこと。

次男はアイスを食べながら奥さんと長男がクレープを手に入れるの待っていた。

202001302047577a8.jpg

次男はちょうどよくあったベンチに腰掛けてアイスを食べていた。

そんな次男を眺めている時に、「あれ、こんなトンネルあったっけ?どこにつながつているのだろう?」

そんな素朴な疑問が生まれた。

僕はする事もないので、トンネルを奧へとすすんだ。

すると、なんとも古風な庭園と建物が現れた。

202001302048016ee.jpg


日常から隔離されたような世界が予想外に現れて僕はビックリした。

「ここはなんだろう?」

興味を持ったが、ぼくは直ぐにトンネルを引き返した。
そして、クレープを手に入れた奥さんと長男に合流し、アイスを食べ終えた次男を引き連れて再び遊園地で遊び始めた。





「不思議な建物があるんだ。ちょっと行ってみようよ」

遊園地遊びが一通り終わり、さあ帰ろうかとなった頃、僕の提案で、偶然見つけた古い、けれど立派な日本家屋と庭園がある場所を覗いてみることになった。


何か歴史的な由緒がありそうな建物で、けれど自由に出入りできる様子だった。

2020013020480245d.jpg

せっかくだし、建物の中に入ることにした。

中に入ると、とても広く巨大な日本家屋だった。
子ども達は物珍しげであちらこちらを覗いてまわっていた。

20200130204758f27.jpg

外廊下など、今時の家にそうそうあったものではない。


そして、広大な大広間。
威厳を感じる。

2020013020480023d.jpg

お城のようだ。

そんな印象。
文化財のようで、幾つかの展示物もあったり。



20200130204805cfe.jpg


けれど、結局は何なのかよくわからないまま僕らはこの場所を後にした。


後日。


僕はどうしても気になって、仕事休みなどに簡単ではあるが少々調べてみた。

そして幾つかの事が解った。


キーワードは「月」



イケメン詩人で知られる萩原朔太郎。

202001302048033c9.jpg

「月に吠える」が有名だ。

20200130205705e39.jpg
*月に吠えるの詩集


個人的にはダダイズムの、やんちゃな我が儘青年中原中也の方が好みなのだが(笑)

その萩原朔太郎ゆかりの場所が「るなぱーく」であり、偶然見つけた古い日本家屋のようだ。


萩原朔太郎が奥さんとなる方と逢瀬を重ねた場所が「るなぱーく」であり、当時どんな名前の遊園地なのかは知らないが、その遊園地を「るなぱーく」と言い表した詩から命名されたようだ。



「遊園地にて」

遊園地(るなぱあく)の午後なりき
楽隊は空に轟き
廻転木馬の目まぐるしく
艶めく紅(べに)のごむ風船
群集の上を飛び行けり。



るな=「lunar」

英語で「月の」を意味する言葉で、月の公園と言う事になる。

また、古い日本家屋の大広間は、萩原朔太郎が結婚披露宴を行った会場との事

全く知らなかった。

因みに、僕の母親の名前は萩原朔太郎の「朔」から名前をもらったそうだ。
「朔」の意味合いは「よみがえる月」

なる程。

少なからずのご縁に招かれたと言うことか。


今度、詩集でも読んでみるか、、、(笑)


バイバイ、るなぱあく

20200103153405da3.jpg
* 天気はとても良かったが、とても寒かった

● 名称:るなぱあく(前橋市中央児童遊園)
● 場所:群馬県前橋市大手町三丁目16-3
https://www.lunapark-maebashi.com/
● 休業日:火曜
● 料金:入園料は無料!
● 駐車場:無料!
● 遊び時間:2~3時間


以前も一度ご紹介済↓
「回転しない、木馬のデッドヒート」

極小遊園地として、にわかに有名かも。




幼児を初めて遊園地に連れて行くのなら、理想的なアミューズメントパーク。
迷子になることもないし、幼子でも全ての乗り物を無駄なく堪能できる。

しかも、全ての乗り物が1回「50円」だ。
チケット10枚つづりを買うと、1枚おまけ。
※要は、11枚つづりを500円で販売している。

一見の価値は、稼働する乗り物としては国内最古である「木馬」。
国の指定文化財。
実際に乗ることができる。
1回10円。
2020010318085312d.jpg
*画像はホームページより拝借


今回気まぐれで、家族で遊びにいった。






「るなぱあく(群馬県)行ってみようか」

僕と奥さんはどちらかが言い出すでもなく、もうしあわせたように、群馬にある小さな遊園地に行くことにした。

恐らくは日本で一、二を争うであろう極小遊園地だ。

懐かしい思い出の場所の話になり、るなぱーく楽しかったねとなって、じゃあ行ってみようかと、そんな流れだった。

天気は上々、ドライブも兼ねて僕らは出かけた。




次男は一度きたことがあるが、すっかり記憶からは抜け落ちているようで、初めて来る場所のようにはしゃいだ。

2020010315365310a.jpg


到着したのがお昼頃だったので、「なに乗る?」が、全員一致で、「なにか食べる?」となった。

以前訪問した時よりもずいぶんと食事が選べるようになっていて、乗り物よりも人気な感じだった。

20200103153652d09.jpg

乗り物をひとまとめに言えば、クルクル回る類の可愛らしいアトラクションたち。

中でも一番の絶叫マシンはドリキンもビックリ「強制ドリフトマシン(笑)」
正式名称「くるくるサーキット」

202001031536492f6.jpg

ご訪問の際には、他は乗らなくてもこれだけは必ず乗ってほしい(笑)

カーブを曲がる際の不自然なくらい急激なハンドリングには、思わず声がでてしまうはずだ。

20200103153408cd7.jpg

なんだか人気なのか、この日結構な混み具合で、一つ一つの乗り物をこなすにそこそこ待つ事が多かった。

奥さん、ここでも順番待ちしながらクレープを食べてる(笑)

202001031534078ea.jpg

この日は次男はクレープにつき合わず、長男が便乗。
それにしても、背丈が大きくなったのでフードを被ってクレープを頬ばる姿は、可愛らしさは欠片もなく怪しい雰囲気だ(笑)

次男はと言うと、寒さ満点の気候の中、果敢にもカキ氷を食べていた。

20200103153404f0f.jpg

が、気がつくと長男もカキ氷買って食ってる(笑)
しかも、ホットココア飲みながら。

お腹壊すぞ。

20200103153402678.jpg

幾つかのアトラクションを遊び終えて、最後にヘリコプターでも乗ろうとなり、奥さんと長男ペアで挑戦することになった。

20200103152833b45.jpg



ところがだ、長男、子ども席に乗ろうとしたところ体が大きくてのれなかった(笑)

無理やり横向に収まり、なんとか乗り込むことに成功したが、身動きがとれず。

僕は大爆笑。
長男も大爆笑。

20200103152836738.jpg

「ラストチャンスだね」

係員の人が長男にそう声をかけた。
体が大きくなって、もう、こういった幼い遊具では遊べなくなった。

確かにラストだ。


この日、子ども達が幼かった頃にたくさん楽しんだ遊園地を思い出と共に家族で楽しんだ。

恐らくは、再び訪れる事はないだろう。

バイバイ、るなぱあく。

20200103153650828.jpg



るなぱーく ナウ


日本でも1、2を争う小さな遊園地。
群馬県前橋市にある「るなぱーく」

天気だけど寒い、、、。

でも、家族四人だから楽しい(笑)

20191104144745c5c.jpg


いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR