FC2ブログ

オンリーワンな遊園地・パート②・・・ロマンはどこだ?

もてぎ-0
※ 働く車博覧会も開催





● ツインリンク もてぎ
● 場所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
● http://www.twinring.jp/
● 休園日:公式カレンダーをご参考ください↓
● 開園時間:特に無し↓
  http://www.twinring.jp/hours_m/
● 料金
  ・入園:大人=1,000円、小中学=500円、小学生未満=300円
  ・パスポート:小学生以上=3,000円、小学生未満=1,700円
● 駐車場:1日=1,000円
● 遊び時間:1日以上(笑)


前回記事の続き。









難攻不落な階層迷路をどうにか攻略した僕らは、結局お腹が空いたし休みたいしで、早めの昼食を取ることにした。

有料施設の為、食べるものと場所には事欠かない。
敷地の一角に、飲食用の様々な屋台が軒を連ねていて、僕らは好みの屋台から、おのおの選んで昼食とした。

「屋台街の裏側にサーキットがあるようだよ」

僕が言う。

「え?本当?行こう行こう」

奥さんは食べ物と飲み物を両手に屋台の裏手に向かう。
そこはホームストレート前の観戦席だった。

「ちょうどよいからここで食べようよ」

僕らは適当な場所を選んで食事をとった。

のんびりと食事をとっていると、サーキット上には一般車両が集まってきた。

「何?あれ?普通の車がいっぱい入ってきたよ」

奥さんが不思議そうに言う。

「一般車両でサーキットを走行できるみたいだよ。別料金だけど」
「へー、いいな!!」

もてぎ-①


奥さんは興味津津。
どういうけか、サーキットを走行する一般車両をビデオに収めてよろこんだりしていた。




お腹もこなれ、巨大迷路で消耗していた僕らの体力ゲージも、次の行動が取れる程度には復活した。
サーキットを離れ、少しフラフラと歩く。

「次は何しようか?」

「あれにしようよ」

次男が指差す。
サーキット裏手の広場には、子供の日にちなんでの「働く車展」が開かれていた。
相当数の専門車両が展示されていて、どうやって使うのかや、実際に運転席に乗せてもらえるサービスがあったりとか、小さいお子さん達で盛況だった。

その中で、こどもより大人に人気があったのが「高所作業車両」で、実際に乗せてもらう事ができるようになっていた。
次男はその車両を指差して「乗りたい、乗りたい」とはしゃいだ。

僕は固唾をのむ。
なぜなら、僕は高いところが苦手だからだ。
自宅の二階ですら高いと思っている。

「おもしろそう。行こう行こう」

奥さんも同調して順番待ちの列に並んだ。

「俺、遠慮しま~す」

長男はスーッとどこかに消えていった。
僕は仕方なしに奥さんの後ろに並んだ。

「乗るの?」

奥さんが僕に聞く。

「うん、まあ、、、、考え中」

そうこうしているうちに順番となり、今更止めますが言えない状況となって、渡されたヘルメットをかぶり、命綱のワイヤーとカラナビを手に乗り込む事となった。

勇ましく乗り込む奥さん。
僕はそのあとをとぼとぼついて行く。
もはや次男の面倒どころではない。

もてぎ-⑤


乗り込みが完了すると、高所作業車の「籠」は、ゆっくりと高度を上げて行った。
しかもくるくる回りながらの演出付きで。

その高さはあっという間に二階建ての屋根を超えて行き、そこから先は何階建相当なのか判別つかなくなっていった。
眼下に木々が見える程になり、その高さは、隣の高所作業車の高さで判別が付いたが、想定以上の高さに驚いた。

もてぎ-⑥


搭乗者は、命綱であるワイヤーを籠の手すり部分にカラナビでくくりつけてあるが、言ってしまえばそれだけで、高所で飛び跳ねようが逆立ちしようが自由自在のざっくり感。
もちろんそんな人はいないのだが、守られてる感はほぼ無く、僕はと言えばトレーニングで「空気椅子」でもしているんじゃないかという感じで、腰が引けてどうにも動けなかった。

「よく乗ったよね。乗らないと思ってたのに」

ケラケラ笑いながら奥さんが僕に言う。

「僕もそう思う」

答える僕は笑えなかった。

なんだかんだと次男と奥さんは大喜びでご満悦。
僕は、そんな二人にご満悦と言う事にして、どこかに消えた長男を探して歩いた。





長男と合流後、適当にアトラクションを幾つかこなす。

力強く駆動するカートで悪路コースを走るアトラクションが子供たちに人気だった。

もてぎ-⑧


想定以上に奥さんと子供たちが大喜びしていたのがこれ。

もてぎ-⑨


色々なイベント先で設置されているエアー仕様のアスレチック。
確かに長く巨大であったが、ここまできてこれ?と思ったりもした。
でも、楽しむが一番だから本人が満足ならそれで良しだ。





ツインリンクもてぎは、山間にある。
その立地を利用して裏山には散策コースが設置されていた。

僕らの好みとする野遊びだ。
チャレンジしない理由は無い。

もてぎ-⑩



裏山散策に際し、「ミッションチャレンジ」もできる。
コースのどこかに設置されている問題を探し出してはクリアしていくイベントだ。
せっかくだし、子供たちの散策モチベーションの為にトライする事にした。

いざ、出発。

もてぎ-⑫

道中は涼しげ。
なんだか落ちく付く。

もてぎ-⑪

山頂にたどり着くと、ツインリンクもてぎが一望できる高さ。

もてぎ-⑱


そんな山の中には、構造を利用してのアスレチックも設置されていた。


もてぎ-⑯

ありがちではあるが、山の中の生態に関する展示物や

もてぎ-⑰

施設もあったり。

もてぎ-⑭

とにかく遊べれば楽しい。

もてぎ-⑮


ああ、そうだと、僕らは忘れかけていたミッションをクリアする為に「指令所」を探して歩いた。
そして、ああじゃない?、こうじゃない?と知恵を巡らせ答えを探していく。

もてぎ-⑬

やがて、一通りの答を導き出し下山。
回答書を持って報告を行う。

どうにか及第点でミッションクリア。
ガッツポーズの次男。

もてぎ-⑲

ミッションクリアのご褒美は「ガチャガチャ」
何がでるかな?は現地でのお楽しみ。

もてぎ-⑳




気が付くと、閉園間近。

長男はすっかり満足げ。
せっかくだし、他ではあまり見かけない「2輪」でのサーキット走行にチャレンジしてみようと次男を促した。

もてぎ-21

最初に研修と試運転があり、問題が無ければコース走行ができる。
次男、緊張するとよく解る(笑)

そして本走行。
とは言っても初心者コース。

もてぎ-22


面白自転車がある場所は沢山あるが自動二輪が楽しめるところはそうそう無いだろう。
ならではのアトラクションで締めくくり、僕らの車中泊旅行はこれにて終了。



ああ、やっと書き終えた(笑)










ふろく記事。


ちょっと話題になっていた、ソフトバンクグーループも協賛している、次世代ロボット技術の研究を行う「Project J-deite」。
一言でいえばリアル版トランスフォーマーの研究製作。

研究対象であるマシンを、5月5日の一日限定で、始めての一般公開をツインリンクで行った。

もてぎ-③


僕らは開園と同時に入園していたので、イベント予行の際に記念写真。

もてぎ-④

ずんぐりしたロボットになるようだ。
尚、人が乗り込んだ状態で変形できる。

ちなみにデザインにはあの大河原 邦夫が一枚かんでいる。
言わずと知れたガンダムのメカニックデザイナーだ。

なるほど、ロマンだな。
ニュースでも「現時点ロマン以外の何物でもない」と評されていた。

けれど、人のロマンは笑うものではない。
最近はそんなロマンも貴重なものだ。

「ロマンはどこだ?」

伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」でも、登場人物で喫茶店のマスター兼銀行強盗の「響野」が口癖にように言っている。

ろまんはどこだ?



昨今、ロマンは探さないと見つからないとすれば、貴重な挑戦だ。




スポンサーサイト



オンリーワンな遊園地・パート①

もてぎ⑫
※ これもアトラクションの一つ。



● ツインリンク もてぎ
● 場所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
http://www.twinring.jp/
● 休園日:公式カレンダーをご参考ください↓
● 開園時間:特に無し↓
  http://www.twinring.jp/hours_m/
● 料金
  ・入園:大人=1,000円、小中学=500円、小学生未満=300円
  ・パスポート:小学生以上=3,000円、小学生未満=1,700円
● 駐車場:1日=1,000円
● 遊び時間:1日以上(笑)





本田技研工業の子会社「株式会社モビリティランド」が運営する1.5マイルのオーバルと、4.8kmのロードコースを組み合わせたサーキット。
通常はSuperGTやインディカーのレースで使用されるサーキットだが、曲技飛行専用機によるエアショーが開催されることもあるそうだ。

そんなサーキットの脇には、本田技研らしいアトラクションが併設されている。
超大型アスレチックなどもあるが、4輪、2輪の乗り物が多数用意されている。
もちろん3才程の小さいお子さんでも乗ることができるアトラクションもある。

大人同士だったとしても、施設上空を横切るように天空に張られたワイヤーを、なかなかに高い位置から滑降する絶叫アトラクションもあったっりするので楽しめる。
敷地内で空を見上げると、頭上高く人が飛んでいた(笑)

また、自然が多く、敷地を囲むようにある山の中を探索する事も可能だ。

ならではのイベントとしては、本物のサーキットを自前の車で走る事も可能だ。(別料金)
かつて、ブルーバードSSSアテーサを乗り回していた奥さんは、サーキットを走りたくてうずうずしていた(笑)

いずれにしても、他にはない楽しみが用意されていてお勧めだ。










気が付くと、ブログページにスポンサー表示が出ていた。
ほったらかしすぎた。

とは言え、なかなか筆が進まない(笑)


無理をせず、少しずつでも前に進もうと思う。






5月の車中泊の続き。



二日目。


初日別行動だった奥さんと長男をピックアップし、栃木県に向かった。
夜はいつも通り、道の駅で手作りキャンピングカーでの車中泊(笑)


「子供の日だし、混むかもね」


奥さんの予想もあったので、僕らは目的地の近くで一夜を明かし、目覚めた後はまっしぐらに向かった。

入場口は開園前にも関わらず既に自動車が数珠繋がりとなっていた。
とは言え、駐車場待ちで入園に時間がかかるなど許されない。
僕らは遊び倒すのだ(笑)

ほどほどに待ち、そして開場。

僕らの子供の日の始まりだ。





空は快晴。

もてぎ①



「何からやる?」

奥さんが尋ねる。

「あの、大きなアスレチックみたいなのから行こう。どうやら迷路らしいし、この類は人が増えてから遊ぶと大変な事になるしね」

僕はそう答えた。

「ああ、そうかも。そんな時があったよね」

確かにそんな時があった。
それは長野県戸隠にある忍者村での事。

忍者屋敷に入ると、そこは複雑怪奇な巨大迷路。
大人でも、そう易々とは先に進めない。
やがて、入場者が増え、そして先に進む道を見いだせない参加者たちで迷路の中は溢れかえり、どうしてよいかわからず泣きだす子供もいて、ちょっとしたパニック状態に遭遇したことがある。

そうなる前に僕らは迷路を楽しみたかった。
なので、僕らは初戦を巨大迷路とした。

もてぎ②

その迷路は全5階層で構成されていた。
ただ、迷路を突破すればよいのではなく、隠されたスタンプを全て見つけ出しながら5階層を全てクリアしていくというものだった。

「キャプテンはお兄ちゃんだよ。よろしく頼む」

中学生となった長男に主導権を託し、僕らは迷路に挑戦することにした。

さて、出発。

もてぎ③

入ってみるとただの迷路では無く、微妙にアスレチック構造にもなっていた。

もてぎ④

チャレンジしてみると、隠し扉や袋小路のトリックがたくさんあり、なかなか先に進む事ができない。
さらには、先に続く通路を発見しても、肝心のスタンプ台を発見できなければ、階層をクリアできない。

この二重苦は案外手ごわかった。

もてぎ⑥

とにかく、トリッキーな迷路の突破口を地道に探しながら、時々不意打ちのように現れるアスレチックもクリアし、僕らは階層を進む。

もてぎ⑩

「もしかしたら、午前中はこれだけで終わっちゃうんじゃない?」

奥さんは早くもぐったり顔。

けれど途中リタイアは冒険家族の名がすたる。

幸い、午前中を使い果たす事はなく、けれど、どうにかクリアができた。

クリアできたものは、最上層で勝利の金を鳴らす事ができる(笑)

もてぎ⑪


先ずは第一アトラクションクリアだ。


と、ここまで書いて、続きは次回。


ごめんなさい。




やっぱり科学館は楽しい


● 名称:栃木県子ども総合科学館
● 場所:栃木県宇都宮市西川田町567
http://www.tsm.utsunomiya.tochigi.jp/
● 開館時間:9:30~16:30
● 休館日:月曜
● 入園料:大人540円、子ども210円(4歳~中学生未満?・・・表記上は「中学生まで」)
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日


よくある科学館の類だが、展示施設は広くて多彩。
もちろんプラネタリウムもある。

敷地内には大型遊具のある公園があり、面白自転車やミニSLもあって、小さなお子さんから中学生くらいまでなら楽しめるはず。
体験型展示が多く子どもだけではなく大人も楽しめる。

館内でお弁当を食べられるかが解らず、僕らはロビーのベンチでお弁当を食べた。
食事ができるレストランがあるが、お弁当持参の場合、外の公園で食べるほうが雰囲気が良いかも。

レジャーシートはお忘れなく。






***


車中泊2日目。
午後の部の開始だ。


午前は栃木県の家族に優しい遊園地(とちのきファミリーランド)で遊び、その足でさほど離れていない距離にある科学館にに向かった。
↓↓↓とちのきファミリーランド編
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-251.html


よくある科学館の類だが、つまりはそれなりに楽しめるはずだと僕らは確信していた。
栃木県子供総合科学館①


入館を済ませ中にはいると、想像通り色々な展示物があって面白そう。

ご多分に漏れず体験型なので、子供たちは面白そうなものを見つけてはチャレンジをしていく。

これ、反射神経を試すもの、、、だったかな、、?
忘れました(笑)
栃木県子供総合科学館②


次男はパズルが大好き。
この手の施設には何らかの形式で必ずパズルがある。

次男は毎度試すのだが、これはいささか趣味が悪い(笑)
栃木県子供総合科学館③

人体模型。
それでも、やはりパズルなので挑戦する次男。


体力測定ブースもある。
新潟の科学館でもあったのだが、結構人気でかなりの人が時間をかけてトライしていた。
我が家も、子供たちに加わって奥さんも全ての測定装置にチャレンジしていた。
栃木県子供総合科学館④

まあ、こんな感じで様々な展示物をいじり倒す。
次男は展示物なら何でも触りたがる年頃。
栃木県子供総合科学館⑪


長男は多少仕組みを理解しながら、何が起こるか予測したりして挑戦。
栃木県子供総合科学館⑫


けれど、これ、とにかく子供たちは大好き。
ビックリハウス。
栃木県子供総合科学館⑧

理屈は理解していても、なにぶん真っ直ぐ立てない感覚が楽しい。
因みに、正面の鏡に映るカメラ小僧は僕です。

僕も真っ直ぐ立ててないので、何だか変なポーズだ。


体感型の展示物はとにかく子供たちには好評なので、科学館の類はハズレなくて便利だ。
栃木県子供総合科学館⑨

勿論、日頃見ることのできないものが見れるのも楽しい。
栃木県子供総合科学館⑦


この日、科学館の特設コーナーでは空気砲で恐竜を倒す?ゲームが催されていた。

長男は気に入った様で、何度も挑戦していた。
風圧の仕組みが面白い様だ。
栃木県子供総合科学館⑩


結局、僕らは閉館まで遊んで、車中泊2目を終えた。


午前は遊園地、午後は科学館と、なかなかの満腹感。


夜はやはり温泉に入って、たらふく食べて、屋外でビールを飲んで、道の駅で寝た。



車中泊旅行は気楽で楽しい。








次回、「飛べ!池に落ちても大丈夫だ。着替えならある」
をお送りします。


運動公園の中に、まさか、こんなものが!!!!

とちのきファミリーランド⑤
* 晴天なり


● 名称:とちのきファミリーランド
● 場所:栃木県宇都宮市西川田4丁目4−1−1
http://www.park-tochigi.com/tochinoki/
● 開園時間:3月~10月 9:30~17:00、11月~2月 10:00~16:30
● 休業日:火曜(火曜が祝日の場合、翌日)
● 入園料:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日



栃木県総合運動公園陸上競技場の一角に、なぜか遊園地がある。
いまどきの、あの手この手のアミューズメントパークに比べれば、古の良き遊戯場ではあるが、小学生などには程よいのかもしれない。

無駄に料金の高い施設に比べれば、駐車場が無料なのはおろか、入園料金もかからない料金システムはありがたい。
以前ご紹介した群馬県の「ルナパーク」という500円あれば遊び倒せる遊園地のコンセプトに近く、小学生以下なら「ルナパーク」、小学生以上ならこの「とちのきファミリーランド」がお勧め。

*ルナパーク↓
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

自宅近所にあれば、散歩がてらジェットコスターにひと乗りできる手軽さだ。

なお、乗り放題の「ワンデーパス」は2,100円だが、11枚つづりの乗り物券1,000円で十分遊び倒せる。

贅沢はできないけれど、有料施設で遊ばせてあげたいな・・・なんて悩む我が家のような子連れには最良の場所だ。






***



車中泊旅行2日目。

栃木を彷徨い中、宇都宮にリーズナブルな遊園地があることを知った。
調べれば、まあまあ本格的なジェットコースターがあることが解った。


「次男を乗せてあげよう」


長男は、なんだかんだと、そこそこ遊園地で遊んだ事がある。
ねずみーランドも行った。

けれど次男は無いに等しい。
ジェットコースターは未経験。

駐車場代も入園料も無料だし、ジェットコースターだけ乗って、どこか別のところに遊びに行こうという予定で訪問。


たどり着いてみると、そこは遊園地・・・?ではなく、よくある、けれど立派な運動公園。
はて?
遊園地は?
と、僕らは先を進む。
とちのきファミリーランド①


運動公園の管理塔のような建物の脇の小道を抜けると、、、、なるほど、遊園地が本当にあった。
とちのきファミリーランド②

目的のジェットコースターは敷地のほぼ全てを使ってコースが設定されていた。
結構本格的。


想定とおり並ぶこともなく、入園と乗り物チケット購入を済ませ、ジェットコースターにまっしぐら。

どんどん高い場所に登るにつれ、次男の顔が硬直していく(笑)
とちのきファミリーランド⑦


僕もあまり得意ではないので、結構激しい落差と横Gを感じて、正直、ちょっと怖かった。
終わってみての、次男の顔。
家族全員大満足(笑)
とちのきファミリーランド⑥


ジェットコースター以外は楽しい乗り物の類たち。
とちのきファミリーランド④


実を言うと、僕は遊園地があまり好きではなく、ジェットコースター以外は何にも乗らず、専属カメラマンに徹した(笑)


とちのきファミリーランド③


敷地の中には、いくつかのイベントが催されていた。

腕にペイントをしてくれるイベント(有料:300円)
子供たちはとても興味を持ち、奥さんにおねだり。
とちのきファミリーランド⑧

二人とも十字架をリクエスト。

優しいお姉さんが丁寧に行ってくれた。

とちのきファミリーランド⑨

子供たち。
なんだかとってもご機嫌。


遊園地の中央にはイベント広場がある。
この日、風船パフォーマンスが行われていた。

キュートな女性パフォーマーのおかげか、かなりの人だかり。
とちのきファミリーランド⑩

観客席は満員だった。

ぼくら家族は端の空いたスペースに座り込んで鑑賞。
想像していた内容より、はるかにパフォーマンスの規模が大きく、お姉さんのテクニックに驚いた。
会場も盛大に盛り上がる。

最後の最後、お姉さんが我が家の兄弟に作品のひとつをプレゼントしてくれた。
マリオのスターとキノピオ。
キノピオの「柄」はお姉さんの手書きだった。

せっかくだったので記念撮影をおねだり。

とちのきファミリーランド⑪


「宣伝してね」

との事だったので宣伝します。
ブログのリンク貼ります。
バルーンさくらの楽しい毎日

http://ameblo.jp/balloonsakura/



ということで、ちょっと遊ぶ予定だったのが、かなり遊ぶになっしまった。
とちのきファミリーランド⑫




さて、車中泊旅行2日目、午前の部は終了。

次回午後の部。

「やっぱり科学館は楽しい」

に続く。


面白自転車王国・・・・の王様は誰だ?


名称:小山総合公園
場所:栃木県小山市大字外城371-1
https://www.city.oyama.tochigi.jp/shisetsu/koen/23500009.html
料金:無料
駐車場:無料
遊び時間:2時間~3時間(1日も可能)



整備された綺麗な公園。

芝生広場、大型遊具、水浴び広場、バーベキューコーナーなど基本的な設備が整っている。

一番の特徴は「面白自転車」が豊富にあり、また、その自転車を借りて公園内を周回することができる事。
ありがちなのが、小さなサーキットをグルグル回るに留まる事が多いが、この公園は広いコースをたっぷり走ることができる。

小学生高学年の兄弟(姉妹)の場合、サーキットを競争するのもよいかもしれない(結構疲れるが・・・)

小さいお子さんもご安心。
たくさんの面白自転車に乗り放題の小さいサーキット(サイクルスポット)もある。


大人同士で訪れても、案外楽しめるかもしれない。
地元では有名な公園なのかもしれないが、僕らが訪れたときには人も少なく、穴場な感じで心地よかったです。







***


夏の車中泊旅行。


初日はいつも、方角だけを決めてのノンビリ移動。

今回の旅行では、最終日だけ目的地が決まっており、よってあまり遠くへの無謀な旅にはしなかった。


お昼。
いつも、頃合にある公園を適当に選び、お弁当を食べる。
今回は栃木県をだらだら移動している最中にお昼を迎えた。

スマホで手ごろな公園を探す。
大概、お昼を食べ、食後は子供たちは遊び、僕と奥さんはその日のお風呂と宿泊場所を探す事になる。

なので、手ごろとは「そこそこ大きな遊べる公園」ということになる。


今回選んだ公園は、とても広く長閑で綺麗な公園だった。
芝生広場が心地よさげ。
小山総合公園①



僕らは持参していたサンシェードと小さいテーブルを設置しお昼ご飯を食べる。

そんな中、子供たちは気もそぞろ。
理由ははこれ。
小山総合公園②



面白自転車を発見し、乗りたくてしかたない模様。

正直、僕も面白そうに思っていた。
なので、急いでご飯を食べ、早速レンタル。
1台100円。

小山総合公園③


この自転車で、公園外周を2周回れる。
結構な長距離。

長男が選んだ自転車はなかなかに精悍で格好良い。
小山総合公園④


結局子供たちは、思い思いの自転車を2台借り、公園を4周回った。
僕と奥さんは2周でヘロヘロになった。


面白自転車を楽しめる場所は、もう一箇所。
小さなサーキットでたくさんの面白自転車をとっかえひっかえ楽しめる。
サイクルスポット。
小さなお子さん用だ。

面白自転車はかなり豊富。
20分100円。

小山総合公園⑤-1小山総合公園⑤-2
小山総合公園⑤-3小山総合公園⑤-4


奥さんリクエストでのワンシーン。
長男に次男を運ばせている。
次男のとぼけた顔が愛らしい。

小山総合公園⑥


面白自転車でたっぷり汗をかいた後は、大型遊具でひと遊び。
小山総合公園⑦


なんだかしらないけれど、奥さんも一緒になって遊んでいた。
小山総合公園⑧


この日はとても暑く、僕らはすっかり汗みどろ。

結局夕方まで遊び、結果一晩を近くでやり過ごす事にした。

・・・続く。

*次回*

探せ、お風呂と宿泊できる道の駅・・・・をお送りします(笑)




いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR