FC2ブログ

チャクラの練り方は教えてくれないが、鍛錬にはもってこいだ

● 名称:チビッ子忍者村
● 場所:長野県長野市戸隠3193
http://www.ninjamura.com/
● 開館時間:9:00~17:00
● 休館日:木曜(夏休み期間は無休)
● 入園料:大人1850円、子ども1630円
  共に入園料&施設利用券6枚
● 駐車場:無料
● 遊び時間:1日


実は蔵出しネタ。
二年前の夏、車中泊旅行の際立ち寄った場所。

とても面白い場所だったので、是非紹介したい!!と思いながらも、月日は流れ、、、、
ちょっと心残りだったので、文字通り蔵から引っ張り出してみた。


戸隠(とがくし)という土地にちなんで、「忍者」をコンセプトにした遊び場。
メインは大型アスレチックになるのだが、それ以外にもからくり屋敷や手裏剣投げが楽しめる。

イベントとしては忍者の衣装を着て遊べること。
興味があれば大人も変身できる。

実際、遊びに行かれる際は、この衣装をレンタルすることをお勧めしたい。
なぜなら、池におちるかもしれないから(笑)

ここのアスレチック、さりげなく難易度が高い。




※※※


忍者は子供に人気がある。
気を引くにはうってつけ。

以前、滋賀県の忍者屋敷に行った際、なかなか盛り上がった。
↓↓滋賀県忍術屋敷編
忍者屋敷⑫


本回は長野県戸隠。
伊賀、甲賀に並ぶ忍の里だ。

伊賀、甲賀と違い、戸隠は修行の場所であり、諜報要員として雇われては全国各地に散らばっていたそうだ。
格好イイ。


ということで、僕らはそんな忍者の修行場のある隠れ里「チビッコ忍者村」を訪れた。
全体感は下図。
地図


そして、ちびっこ忍者に変身だ。

せーの、ドン!!
ちびっこ忍者村①

衣装はレンタルできる。
大人用もある。

可能なら、衣装は借りたほうが良い。
理由はこれ
ちびっこ忍者村⑮

結構なお子さんが水没していた。
見た目ほど簡単ではないようだ。

あと、上の写真、よーく見て頂きたい。
手前、桶で水面を行く次男の後方。

縄を渡るお子さん達が見えると思うが、結構高い位置を行く。
これ、大人でも腰が引ける高さだ。

こんな感じで行くのだが、渡れず泣き出すお子さんも数人見かけた。
ちびっこ忍者村⑭

一応、必要以上に落下しないように保護網が敷かれているのだが、だからといって、途中で落ちたり、止まったりしても大人が助けてあげられない感じだった。

なので、泣こうがわめこうが、どの親も、お子さんを最後まで渡りきらせていた。
なんだか、楽しいのかつらいのか解らない(笑)
ああ、そうだった。
ここは忍者の修行場だった。
なら、諦めるしかない(笑)


アスレチックの作りは、全般的に大きい。
公園などによくあるタイプと比べると本格的だ。
ちびっこ忍者村②


とは言え、オーソドックスなものもあるので、お子さん受けはかなり期待できる。
ちびっこ忍者村⑬


忍者と言えば「屋根走り(笑)」
ちゃんと舞台は設定されている。
ちびっこ忍者村③

これもアスレチックのひとつだ。

また、楽しみ方はアスレチックだけではない。
時代劇のセットのような園内にある家屋。

実はこれ、ビックリハウス。
ビックリハウスは2種類あって、できればどちらもチャレンジをお勧めする。

見た目より、中の構造は広くて複雑。
ちびっこ忍者村④


いざ行かん!!
ちびっこ忍者村⑩

基本構造は「迷路」
さらには仕掛け扉などがあり、大人でも「???」となり、先に進めない箇所がある。

どうしてよいかわからず泣き出す子供もいたが、係りの人は「がんばれ!!」と声援を送るも助け出すことはなかった(笑)

ビックリハウスの中には、いくつかの部屋が用意されている。
その一つ、斜め部屋。
ちびっこ忍者村⑥


斜め具合が伝わるだろうか?
立っていられる人はほぼいなかった。
僕も同様。
足を踏み入れた瞬間、下まで転がった。


ほかにも、鏡の間や、滑り台なんかもあった。
すべて、迷路を進む工程で、個々をクリアしないと先に進めない。
ちびっこ忍者村⑪


紹介しきれないほどの仕掛けがもりだくさん。

おそらく、体験いただくと、「どんだけ広いんだ?この建物」となるはずだ。


子供ばかりが楽しんではいられない。
施設の中に、「忍」に関するあらゆる品々が展示されているミュージアムがある。
ちびっこ忍者村⑨


一言でいうと「すごい!!」コレクション。
ちびっこ忍者村⑧



なんでもありで、見ていて楽しい。
ちびっこ忍者村⑦


中途半端ではなく、徹底的に関連品が展示されている。
はっきり言って、子供をターゲットにしてないミュージアムだった。
お好きな方は狂喜乱舞すること請け合いだ。


遊びの締めは手裏剣投げ。
成績によってご褒美がいただける。
ちびっこ忍者村⑫


と、まあ、遊び所満載でとにかくお勧め。
楽しかった!!

ちびっこ忍者村⑤

スポンサーサイト



アルプス家族

● 名称:松本市アルプス公園
● 場所:長野県松本市蟻ヶ崎2455番地
● http://toybox-net.jp/alpspark/アルプス公園
● 開園時間:?(もしかしたら24時間)
● 休業日:12/29~1/3(園内施設)
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日


長野県松本市街近くにあり、遠く北アルプス連峰や安曇野、美ヶ原を望むことができる、清清しい高台公園。

案外自由度が高く、持ち込みでバーベキューをしても良いようだった。

アスレチックのコンビネーションはレベルが高く、小学生高学年でも十分に満喫できる。
草木に覆われて先の見えない長尺滑り台は、山の斜面を利用し、3連続で設置されていた。

マッドゴルフという遊びも用意されている。
用具とコースは無料で利用できるようだ。

面白そうだったが、時間の都合で今回我が家はパスしてしまった。

最大のアトラクションは「アルプスドリームコースター」という名の滑走ソリ。(有料)
ボブスレーのような感じで、ローラー付きのソリで専用コースを滑り降りる。
ブレーキで速度を調整しながら降りれるが、ノーブレーキで一気に滑走するのはなかなか爽快。

公園としては、かなり大型の部類に入るので、お弁当を持参の上、一日を費やす覚悟で遊んでいただきたい。





※※※





9月の車中泊旅行は長野県。
松本城に行きたいという奥さんの希望を叶えるため。

とはいえ、子供たちのモチベーションの為に、公園遊びは外せない。

調べてみると、松本城の近くに大きな公園があることがわかった。

高台にある公園は、秋の高い空もあって清清しさこの上ない雰囲気。
アルプス公園①


遊具も豊富で、幼稚園児から小学生まで十分に満足できそうだった。
アルプス公園②


そんな遊具を横目に、先ずは「アルプスドリームコースター」に直行。
有料ではあるが、山の斜面を豪快に滑走することができるローラーコースターだ。
大人=410円、子供=200円(未就学児は無料)
アルプス公園③


あらかじめ設置されているコースをローラー付きのソリで滑り降りる。


速度調整ができるが、フルスロットルで滑り降りるのはかなり楽しい。
アルプス公園⑤


バンクの角度はこんな感じで雰囲気はボブスレー。
アルプス公園④


アスレチックスエリアも、かなり手が込んでいる。
アルプス公園⑥


色々なタイプが連鎖していて、子供たちは楽しそうだった。
アルプス公園⑦

アルプス公園⑧


アスレチックスエリアの締は、お約束の長尺滑り台。
草木に覆われ、先が見えない作りは、三種類の滑り台を乗り継いで斜面を滑りおりる仕組みだった。
アルプス公園⑨



滑り台のゴールは、とても綺麗なログハウス。
アルプス公園⑩


お弁当を食べたり、休憩をとるにはうってつけだ。
アルプス公園⑪


公園は高台にあり、地形を利用して立派な展望台がある。
アルプス公園⑫


資料館をかねていて、山の動植物の紹介や、アルプスゆかりで、登山関連品の展示がなされていた。

写真に写る緑色の妙な物体は、「デーラボッチ」という、地域伝承ゆかりのユルキャラ。
全国的にあるダイダラボッチのそれだ。
アルプス公園⑬


その日天気はなかなかのもので、展望台からの眺めは爽快だった。
アルプス公園⑮


資料館ではクイズラリーが催されていて、兄弟で参加、、、と、言うより夫婦で参加。
問題が難しく、小さい子供の手に負えるものではなかったからだ。

四苦八苦しながら、、、ぶっちゃけ、インターネットで調べたりもして、なんとか全問正解。

景品に、専用ボールペン付きのブック形付箋紙ホルダーを頂いた。
アルプス公園⑯


この後、僕らは松本城に向かったのだが、気持ちのよい公園で、かつ遊びきれなかった感が残ったので、僕的には立ち去るのが残念だった。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR