FC2ブログ

空中アスレチックなう




20190817161805388.jpg



腰が抜けるほど怖かった。

奥さんは観覧席、次男はチャレンジするも、一歩も動けずリタイヤ。

長男と僕とで、声を掛け合いながら制限時間一杯までチャレンジ。

後日、詳細をご報告。


とりあえず、今は、日陰で休んでます(笑)




にしても、本日は暑い、、、



スポンサーサイト



芝刈りデビュー

20190321112909a7f.jpg
*総距離:470m、パー:33、ハーフオンリーだが侮れない



●名称:神奈川県立相模三川公園
●場所:神奈川県海老名市上郷2-1-1か
http://www.sagamisansen-kanagawa.jp
●料金:無料
 尚、今回ご紹介設備「パークゴルフ(9ホール)」は
 高校生以上=200円
 小学3年以上=100円
 *受付8:50~15:00
 *子供用コース(2ホール)があり、大人も子供も無料
●駐車場:有(約180台)
駐車場は2箇所あり、公園側は1日=400円、運動場側は無料
●遊び時間:半日~1日



河川敷にある広く景色の良い公園。
大型の複合遊具が一基あるが、遊び場はそれだけではない。
よくある河川敷グラウンドや、運動にまつわるなかなか珍しい屋外ジム設備が設置されている。

公園内には、川からの引き込み水路があり、夏場は子ども達の川遊び場となっている。
よくあるジャブジャブ池の類いよりもワイルドで子ども達も楽しそう。

今回ご紹介のメインは「パークゴルフ場」
僕の知る限り、普通の公園では他に類を見ない。

意外と本格的だ。







「ゴルフやってみない?」


いつものように、次男と二人で自宅でゴロゴロしていた。
ちょっと遊びにでも行こうと思い、以前遊びに行った公園にパターゴルフができるところがあるのを思い出した。

「父ちゃん、ゴルフできるの?」

「父ちゃんはスポーツなら何でもできるんだよ(笑)。行くかい?」

「行こう、行こう!」

そうして僕らは、以前川遊びをした神奈川の公園に向かった。





この日、天気は気まぐれで微妙だったが、風はなく穏やかな気候ではあった。
公園遊びには悪くない。

20190321113002101.jpg


到着したのはお昼頃。
公園には休憩ができる管理棟がる。

20190321113035a4d.jpg


僕らはなにはさておき、いつものようにお弁当を広げる。

のんびりとして心地よい。

20190321113120223.jpg


ゴルフの申し込みは、この管理棟で行う。
手続きをすませたら、専用のゴルフクラブとボールをレンタル。

20190323170834e01.jpg

クラブはパターかと思ったが、なんとウッドのみ。
しかもどうみてもドライバークラスだ。

クラブは子ども用と大人用の二種類。
ボールはやや大きめ。

道具を選んだらコースに。


ゴルフコースは河川敷の広場にある。

201903231709107e7.jpg


コースにでる前に、練習場で肩慣らしができる。

201903231710217a2.jpg

基本、パットなのでその練習。
ボールへのインパクトと距離を確認(笑)

では、行きますか。

20190323170939353.jpg

コースは9ホール。
きちんと芝生が張られていて、何だか本格的。

順番は次男から。

20190323171058f37.jpg

ちょっと思ったのが、次男、ゴルフなんて見たこともやったこともなければ、まして教えた事もないのだが、なんかフォームが様になっている。

と、言うか、大枠の基本を本能的に理解しているようで不思議だった。

と、言うことで滑り出し好調。

コースは平坦で簡単ではあるが、その分キチンと障害が用意されていた。


池ぽちゃ。

20190323171300509.jpg


砂場。

20190323171335db1.jpg

トンボもあって、キチンと後処理もやらなければならない(笑)

そんな感じで楽しくコースをまわった。

20190323171224a76.jpg

そこそこの時間もかかるし、家族でプレイするのは楽しいに違いない。

この日、老夫婦がペアでラウンドをしていた。
楽しそうであったし、そういうのも悪くない。





ゴルフが終わったら、公園遊び開始。

この公園は、ゴルフコース以外にも変わった設備が豊富だ。

珍しいのが、屋外ジム設備。

スクワット用とか、

201903231715225e8.jpg

ベンチプレスもある。

2019032317155002b.jpg

他にもたくさんのジム設備があるので、近所にあったらちょくちょく通いたい所だ。


勿論、子ども達に人気の大型複合遊具もある。

20190323171624ec2.jpg


遊具らしい遊具はこれだけなのだが、複雑な構造でなかなかトリッキー。

飽きるまでにはそこそこ時間がかかるはずだ。

20190323171654a7c.jpg


結局僕らは暗くなるまで遊び倒した。


今度は、お母さんとお兄ちゃんも一緒にこようね。


20190323171753f25.jpg




空前絶後のタイヤショップ

2018122213063525f.jpg
*実は食のワンダーランドだ



● 名称:中古タイヤ市場
● 場所:神奈川県相模原市南区下溝2661−1
http://www.tire-ichiba.co.jp/original3.html?mode=pc
● 入場料:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間












「晩御飯だけど、例のタイヤ屋さんにいってみない?」


僕が言う。

パート終わりの奥さんを迎えに行った際、僕は奥さんに提案してみた。

いつもなら一緒に晩御飯の食材を買いに向かうのだが、いつだったか、奥さんが「面白そう」と言いながら見せたくれたユーチューブの動画で紹介されていた場所を思い出したからだ。


「行ってみようか?」

奥さんもちょっと興味が湧いたようで、自宅で留守番をしている子どもたちをピックアップして、僕らは神奈川県にある中古のタイヤ屋さんに向かうことにした。





たどり着いてみれば、そこは紛れもなくタイヤ屋さんだった。

20181222130716427.jpg


しかし、もう閉店時間で営業はなされていなかった。


とは言え、僕ら家族の目的はタイヤでもホイールでもない。
晩御飯を食べるのが目的だ。

実はこのタイヤ屋さんは、駐車場の一画にたくさんの自動販売機を設置している。

その自動販売機たちはコンセプトがある。

「レトロ自動販売機」

かつて見かけた「食品」を販売する自販機を数多く取り揃えている。

その数はなかなか圧巻だ。

20181222130748692.jpg

横一列に延々と続く、いつかどこかで見たような自販機たち。

20181222130841b0d.jpg

麺類もあるし、

20181222130911887.jpg

トーストだってある。

僕ら家族は思い思いの食料を購入し、取りあえずは腹ごしらえをする。

2018122622060306a.jpg


僕はカツ丼を、次男チャーハンとハンバーガーを、長男は、、、、、あれ?なに買ったんだっけ(笑)
ああ、そうだ、唐揚げ。

取りあえず寒かったので、食事は車の中で行った。

201812262025175be.jpg


奥さんが絶賛した食べ物。
その名を、、、、あれ、何だっけ?
とにかく美味い美味いと連呼していた食べ物がこちら。

20181226202609e5d.jpg

上手に写真撮れてない(涙)

唐揚げとフライドポテトのサンドイッチ。

奥さん、もう一度食べたいからまた行こうと言ってる(笑)

自動販売機は、本当に多種多様。

かいつまんで紹介すると、、、

20181226202656f8a.jpg


煙草か?

いえ、煙草のようなお菓子の自販機。

20181226202732c4b.jpg

なんだかよくわからない缶詰。

それに、なぜかおみくじ。

20181226202808f17.jpg


子どもたちが面白がっていたのがこちら。
ビンジュースの自販機。
今時珍しい。

20181226202959291.jpg


ビンだけに「どうやって栓取るの?」となった。

奥さんが説明し、子どもたち栓抜き初体験。

20181226203033bc8.jpg

「飲み終わったら、お店のひとに渡せば10円貰えるよ(笑)」

僕が言うと「へー、そうなの?」と、奥さんが反応した。
世代の差か(笑)

今回この場所を訪問するにあたって、奥さんと話題にしていたのがこれ。

20181226203116096.jpg


ラーメン。

ユーチューブで見ていたとき、「美味しいのかな?」と。
これは是非試さないと、と。

なので購入。

僕が食べたのだが、味は、、、。

麺が伸びるのが早いのでご注意を。
スープは案外おいしかった。
それと予想外にチャーシューがおいしかった。

麺が、、、、。
写真撮るのに時間かけ過ぎたかもです(笑)





僕ら家族は、とにかく端から色々な自販機を試しながら色々食べでまわった。

2018122620315466b.jpg


子どもたちにしてみれば、全てが初体験で興味が尽きないようだった。

年明けにまた行こうと奥さんは言っている。

思いの外、みんな楽しんだようだった。


よし、また行こうね(笑)


2018122620323942f.jpg










付録。


自販機は食べ物だけではなく、オモチャの自販機も幾つかあった。


懐かしかったのがこちら。


20181226203400416.jpg


初代ガンプラが何種類か売っていた。

買う人いるのだろうか?






(笑)

自由課題・・・それは公園でなんとかする・パート②

愛川公園_201708_000
※ 遊ぶだけじゃないよ


● 神奈川県立愛川公園&宮ヶ瀬ダム
● 場所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423
http://www.aikawa-park.jp/
● 開園時間
  8;30~18;00(4月~9月)
  8:30~17:00(10月~翌3月)
● 休業日:12/29~1/3
● 料金:無料
● 駐車場:500円(普通車)
● 遊び時間:1日



幾度となく登場の本公園。
遊ぶだけの公園ではなく、体験施設も併設されていてとても便利で楽しい。

この公園で体験できるのは
・藍染
・紙すき
・機織り
・陶芸
・木工

料金はまちまちだが、各カテゴリ内でも複数のメニューが用意されていて、かつリーズナブル。
今回、和紙はがき(押し花入り5枚)コースを体験しいたが、料金は一人800円。
無地のはがきだと600円。

体験できるメニューを数えてみたら51種類あった。

藍染コースなどは、Tシャツ染めやスカーフ染めもあって、大人にも良いかもしれない。
見本はかなり粋で御洒落な仕上がりだった。

大人も一緒にどうぞ。









夏休みの自由課題。

とりあえず此処にくればなんとかなると確信していた。
そしてなんとかなった(笑)
愛川公園_201708④




今回選んだのは「和紙作り」
所謂「紙すき」だ。

受付を済ませ、体験教室に移動。
空いていたので、待つことなく直ぐに開始となった。
愛川公園_201708⑤


紙は原料となる植物繊維を水に溶かし、それを「すく」事で水抜きを行い、乾燥させて作る。
たぶん・・・。

ということで、あらかじめ原材料を溶かした状態のものが用意されていて、そこから和紙をつくる行程を一通り経験できる仕組みになっていた。

ということで、先ずは紙すき。
愛川公園_201708⑥


選んだサイズは「はがき」。
木枠に原料をため込んで、まんべなく広がるように、水を切りながらゆすって行く。
子供たちはおっかなびっくり。

上手にできたら、木枠から平台にうつす。
そしてどういう理由なのか良く解らないが、水をかけていく。
愛川公園_201708⑦


一旦原型が完成したところで、本物の落ち葉を乗せる。
目的は小粋な模様の演出。

紙と紙でこの落ち葉を挟み込んで、一枚のはがきを作る。

愛川公園_201708⑨


ちょっと色々作業工程があったが、ざっくりだと、すいた紙を水抜きして、縦型の巨大なアイロンで乾かし乾燥させてしあげる。
写真で背中を向けているのが長男だが、この長男がやっているのが巨大なアイロンで和紙を乾かしているところ。
この鉄板、実は「熱い」

こちらを向いてぼんやりしているのが次男だが、次男はすいた紙を平らにならしているところだ。

愛川公園_201708⑧


仕上げは、郵便番号を書く欄を「はんこ」で押印。
思った以上に風流なはがきができあがった。
愛川公園_201708⑩



公園には色々な楽しみ方があって、飽きることがない(笑)

はがき





自由課題・・・それは公園でなんとかする

愛川公園_201708_24
※ 本当は、夏休みの自由課題をこなしに訪問


● 神奈川県立愛川公園&宮ヶ瀬ダム
● 場所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423
http://www.aikawa-park.jp/
● 開園時間
  8;30~18;00(4月~9月)
  8:30~17:00(10月~翌3月)
● 休業日:12/29~1/3
● 料金:無料
● 駐車場:500円(普通車)
● 遊び時間:1日


もはや、何度めの登場か解らない。
僕のお気に入りの公園だ。

楽しみ方は色々。

・個性的な遊具と個性的なアスレチックで遊ぶ。
・ダムまで景観を楽しみながらハイキングを楽しむ。
・芝生の気持ち良い広場で、ランチ&外遊びを楽しむ。
・プールのような水遊び場を楽しむ。
・郷土の歴史や工芸体験を楽しむ。
・ダムの壮大さと発電や水の供給について学習を楽しむ。

こんな感じ。
全部こなそうとするならば、一日がかりであることを覚悟すべきだ(笑)

公園傍の宮ヶ瀬ダムは、遊覧船や湖周辺の行楽スポットも別途存在するよようだ。
これらは未経験なので、いつかチャレンジしたい。











夏休み最後の土日。
もちろん、宿題の仕上げはクライマックス。

自由課題をどうするか?

僕には奥の手があった。
むしろ、最初からどうするかを決めていた。
「愛川公園の工芸工房で自作の何かを作らせてもらえば良い」
そう考えていた。

なので、夏休み最後の休日。
僕らは神奈川県にある愛川公園に背水の陣の心持ちで向かった。




僕らはお昼ご飯もそこそこに自由課題をこなす。
この話題はまた後日。




無事に自由課題をこなした兄弟。

早く帰ってゲームがしたい長男。
折角来た公園だから遊びたい次男。
まあ、少しのんびりしようよと僕。

僕らは真ん中をとって、アスレチックには行かずパークトレインに乗ってのんびりとダムに向かう。

愛川公園_201708⑪


普段この手の類には乗らないので、長男もなんとなく賛同。
何度か歩いた事のある道をパークトレインの中から眺めながら、あ、あそこは見たことあるよとか、あんなところに滝があったけ?とか、違った視点で公園を楽しむ。

そしてほどなく到着した宮ヶ瀬ダム。

愛川公園_201708⑫

前回は歩いてダムの上を目指したが、実はエレベータがあることを知り、今回の登りはそれを利用。

僕らはダムの裾野の中を行く。
驚くほど涼しい。

愛川公園_201708⑬

ほどなくエレベータに到着。
これで、ダムの上に登る。

愛川公園_201708⑭

要塞の奥底で閉鎖された個室のようでちょっと(個人的に)怖い・・・(笑)

とはいえ、あっけなくダムの上に到着。
景色が良い。

愛川公園_201708⑮

そして、真っ直ぐな直線を見ると走りたくなる兄弟。
突然、ダムの上で競争を始める。

愛川公園_201708⑯

ダム脇には「水とエネルギー館」という施設がある。
地元では有名な「ダムカレー」をふるまうレストランも併設。

僕らは涼みがてら「水とエネルギー館」に。

愛川公園_201708⑳

こじんまりとしているが、ほどほど楽しめる。

これ、おそらくは電気の流れをイメージしたゲーム。

愛川公園_201708⑱


子供たち、楽しいようで何度も挑戦。
ちなみに、3人同時プレイが可能なので、子供たちと僕とで争った。

愛川公園_201708⑲

発電の仕組みを知る装置が色々あって、大概が体験式。
次男、体を張って挑戦中

愛川公園_201708_22


ちょっと涼みに立ち寄ったが汗びっしょり(笑)
愛川公園_201708_21


いや、もう、これじゃあ水浴びでもするしかないなと、僕らは公園に戻る。
ダムの帰りはこれ。
愛川公園201605-⑮

ダム建設の際、資材運搬等に使われたもので、今は一般搭乗が可能。

さらば、宮ヶ瀬ダム。
愛川公園_201708_23


公園に戻った子供たちは、水着に着替えて水浴び開始。

愛川公園_201708_25

けっこう長々と水と戯れていた。

先に水を上がったのは長男。
ふわふわドームでピョンピョンしたいと、一人着替えては隣にあるフワフワドームに向かって行った。

愛川公園_201708_26

残った次男はひたすら水遊びを楽しむ。
長男は一人でも大丈夫だろうと、僕は次男の水遊びにつきあう。

きがつくと夕方。
早く帰ってゲームがしたいと言っていた長男は、結局公園を満喫していた。

「やっぱり楽しいなぁ」

なんて言っていた。

そうでしょ?
だから、これからもたまには一緒に行こうな。

愛川公園_201708_27
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR