FC2ブログ

トトロを探して・・・・その11   再びの冒険

トトロを探して⑪-5
※ 立ち止まっていても月日は流れる。それなら進もうよ。












雨ばかり降る夏休み。

けれど、ぐずついた天気の間にまに抗い、僕らは再びの冒険に出た。
トトロを探すのだ。

空模様は何とか曇天に耐えている。
今しかないと僕らは家を飛び出した。

トトロを探して⑪-1

トトロは広い山中のどこかに隠れているという。
たぶんこっちだと、僕らは以前も歩いた山の中を行く。

トトロを探して⑪-2


僕は兄弟の後をついていく。
二人の背中は、だいぶ頼もしくなってきた。
僕と一緒に冒険に出てくれなくなる日もそんなに遠くはないかもしれない。

以前、同じ道を歩いた日の事を思い出す。
その日は、連日の炎天下で、汗だくであるいた。
(トトロを探して・・・その② 真夏の冒険編)
六道山④


山道には何もなく、だから僕らは色々な話をして歩く。
道々にいる昆虫に驚き、脇に生えるキノコに狂喜する。

トトロを探して⑪-3


誰もいない山道は続く。
そしてトトロもいない。

しばらく歩くと、程良い疲れ。
良い頃合いに、休みに適した管理事務所にたどりつく。
まるでそれは秘密基地のよう。

トトロを探して⑪-9

中に入ると外のうだるような暑さから解放される。

休憩スペースも用意されいて気兼ねなく使える。
山々に生息する昆虫や動物が展示されていて、ちょっとした学習空間にもなっている。
トトロを探して⑪-7

前回も、ここにたどり着いた時には暑さに負けてヘロヘロだった事を思い出した。
↓↓
六道山⑫


当時は歩くだけで精いっぱいだったが、少し展示物にも興味があるようで、休むだけではなく触ったり眺めたりをしていた。
トトロを探して⑪-8

動物のはく製にも興味があるようで、僕のカメラをせがみ、兄弟で順番に写真に収めていた。

トトロを探して⑪-6


さて、十分休んだし、もう少しあるいてみようよ。


トトロを探して⑪-4


ゴールが近くにある目印が見えて、兄弟は先を急ぐ。

こんな感じで、ただ歩くだけだったけれど、なんとも楽しい時間だった。

結局トトロは発見できなかったが、、、、、(笑)




冒険の打ち上げは、決まって銭湯。
この日は、この山中にある温泉が休業中だったので、車で少し遠い銭湯に行った。

通りの裏にあり、何度も迷って、ようやく到着。

トトロを探して⑪-10

大人430円、子供180円とかなりリーズナブル。
そう言った理由でか、かなり人気のようだった。

歩いた疲れをのんびりと湯につかり洗い流す。
以前は子供たちがはしゃぎまわってのんびり所ではなかったが、今ではすっかり落ち着いたもので、子供たちもいくつもの湯船を楽しみ、僕はと言えば、それを眺めながら露天で寛いだ。

晩御飯も銭湯で済ませば、奥さんも手間いらず。
子供たちも喜ぶし。
トトロを探して⑪-11


体の疲れもとれて、お腹も膨れて、なんだか眠くなったよという兄弟は、仮眠室でゴロゴロ。

広い部屋なのに、なんでそんな端っこで寝るの?(笑)
トトロを探して⑪-12


ということで、今回の冒険は終了。

また、一緒に行ってくれるだろうか、、、?





スポンサーサイト



トトロを探して・・・・その10    まっくろクロスケ情報をゲット

トトロ10_①
※サツキとメイのお母さんがいる七国山行きのバス停を発見したが、待てど暮らせどバスは来なかった。(川越にて)










※※※



桜がほころび始めた頃。


次男と二人で散歩にでもいこうと思いついた。

次男がまだヨチヨチで歩けない頃。
時々長男と、日がな一日、どこ行く当ても無く散歩をした。


ただ歩くだけだけれど、子供と過ごす緩やかな時間は幸福感が得られることを僕は知っている。

これは素敵なアイディアだなと思い、僕と次男はゲームに夢中の長男に内緒で散歩に出かけた。
たまには、二人だけでこっそりというのも悪くは無い。

おやつとジュースがあれば、ちょっと特別な気分が味わえるってもんだ。
奥さんと長男には内緒だよと釘をさし、僕らは出かけた。






ここはトトロがいると噂されれる森の、すぐそばにある通いなれた公園。
少しだけ遊ぼうと次男。

一人先を行く。
トトロ10_④


だんだんはしゃぎ始めて、走りまわる。
トトロ10_③


幼稚園の頃よりも、遊びまわるスピードが速くなってきた。
父ちゃんを置いていかないでくれな。
トトロ10_⑤


いつもトトロには会えない。
けれど、この日、ラピュタのロボット兵「ラムダ」には会えた(笑)
トトロ10_⑫

このジャケット、もうかれこれ20年は着てるな・・・(笑)





仕上げは恒例の滑り台。
数本をご機嫌でこなし、僕らは公園を後にした。


公園の裏手には湖がある。
春先の清清しさ。

「綺麗な景色だね」

次男の言葉に少し戸惑った。
「お腹が空いた」以外の感情表現を言葉にするとは想像できなかったからだ(笑)
トトロ10_②




しばらくあたりを散策。
追いかけっこしたり、話をしたり。
楽しいな。





せっかくだし、行ったことのないところまで行ってみようと、僕らはあても無く進んだ。

「まっくろクロスケが出るところがあるらしいよ」


そんな噂を聞いたことがあるのを思い出した。

「たぶんあのあたり」

そんな大雑把な情報だけを頼りに僕らは進んだ。





だいぶ辺りをグルグルした頃。
変なバス停を見つけた。
トトロ10_⑦


トトロに会えるのか?

そんな期待もあったが、以前川越で見つけた七国山行きのバス停同様、バスが来る気配はないままだった。

せっかくだから記念写真。
次男を立たせて写真を撮ったら、クロスケの家という場所だった。
トトロ10_⑧


豪快な表札の割に、その家は整然としていて誰もいな様子だった。
なんでんだろう?
トトロ10_⑨

そこには立派な蔵もあった。
何か秘密がありそうだ。
トトロ10_⑩


結局、僕らはクロスケの家と称する建物には近づけず、帰ることとなった。
どうも、日曜には人がいないようだった。

残念。


この日もトトロは発見できず。

でもまあ、次男と二人での散策は楽しかったので良しとしよう。

いったいトトロはどこにいるのだろう?
トトロ10_⑪







トトロを探して・・・・その9






夏休みのある日。

久しぶりにトトロでも探しに行こうと、勝手知る公園に向かった。

この日は暑く、山中にある公園でほどほど遊んだら、プールでひと涼みして帰ろうというアイデアであった。


ちなみにトトロを探してシリーズも9回目。
なのでカテゴリ分類を新規で設けた。
よろしければ、過去シリーズもどうぞ。




目的の公園は、山中に隠れるようにある。
トトロ201608_①

このシリーズではお馴染みの場所。

兄弟は僕を置いてどんどんと先に行ってしまう。
この先、こんな事が増えるのかもしれない。

まだまだ、一緒に遊びたいんだけど、、、。



ようやく追いつくと、次男が何やら親しげに誰かと話していた。

「学校のお友達だよ」



紹介されたのは可愛い女の子だった。

どうやら両親に連れられて遊びにきたようだった。
こんな偶然もあるものなんだな、と思いながら、そして何となく一緒に遊ぶ流れとなった。

子供たちは、予期せぬ出来事にテンションアップ。
あらがう理由もなく、ご一緒させて頂く。

トトロ201608_②


人懐っこい長男も学年差を気にせず仲良く遊ぶ。

鬼ごっこをしたり、
トトロ201608_⑤


遊具で遊んだり。
トトロ201608_④


ひとしきり遊んだあとは、これも何となく辺りを皆で散歩となった。

入ろうと思っていたプールはまた今度。
お友達と遊ぶ方が楽しいだろうし。
トトロ201608_③


「こんな山の谷間にプールなんてあったんだ。何だか素敵な感じ」

同じように辺りを散策している見知らぬ方々の声が聞こえた。
確かに、このプールのロケーションは緑に囲まれひっそりとあり、悪くない。

大人100円、子供50円。
とても安い。
長閑な避暑にうってつけだ。


僕らはそんなプール脇にある庭園を散策。
トトロ201608_⑥

池は自由に釣りができる。
そして、結構な人が釣りをしている。

釣り人達の傍らでは、これもいつものことなのだが、ご老人達が将棋を打っていたりして、何とも言えない穏やかな風景。


「ザリガニがいるかも」


子供たちは小川をのぞきこむ。
そんな感じで辺りをうろうろしていたら、僕ら一行の人数は知らないうちに増えていた。
見知らぬ家族が加わっている(笑)
トトロ201608_⑦


いつしか増えた見知らぬお友達を交え、最後はドッジボールが始まった。

トトロ201608_⑧


人見知りなどに縁のない子供たち。
まあ、仲良きことは美しきかな、だ。


空は青、草木も蒼く、子供の笑顔で世は事も無し。




続きを読む

トトロを探して・・・・その8

野山北公園古民家②
※ ヴァーチャル里帰り



● 里山民家(野山北・六道山公園内)
● 場所:東京都武蔵村山市岸4-3
http://www.sayamaparks.com/noyama/
● 休業日:なし
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間程

優しく穏やかな場所。
のんびり緩やかな時間を好む人にはうってつけ。

遊具はないけれど、自然がいっぱい。
子供は、案外こういった所が好きかもしれない。





※※※

奥さんと長男はバトミントンの練習に出かけていた。


せっかくの天気だったし、僕は次男を自転車の荷台に乗せ、お気に入りの場所へと向かう。


広大な公園の一角にある古民家は、気兼ねなくのんびりできる場所。
かなり自由度が高く気ままにくつろげる。

野山北公園古民家③


古い遊び道具も用意されているので、広い庭先で竹馬やコマ回しやけん玉で遊んだりできる。

野山北公園古民家④



室内の出入りも自由で、持参のお茶を飲みながら遊ぶ子ども達を眺めて過ごしたり。
時々、奥の和室では赤ちゃんが寝てたりもする。

野山北公園古民家⑤



ダルマ落としやお手玉やメンコもあるので子供たちは物珍し遊びに、案外夢中になったりする。

野山北公園古民家⑥


この古民家のまわりは畑や田んぼがあって、その田畑を潤す小川にはザリガニがいる。
捕獲は自由で、よく知る人は網とバケツを持参していたり。

野山北公園古民家⑦



子ども達達が集まると、見知らぬ中でもあっというまに友達になっている。
この日、見知らぬ子が次男と色々遊んでくれた。

野山北公園古民家①



古民家脇の広い空地で、蝶を追いかけたり、四葉のクローバーを探したり、鬼ごっこをしたり。
やはり子どもはこうでなくちゃ。

トトロを探して・・・・その7  チビとのサイクリング

サイクリングで③
※ この日はあまり天気が良くなかった


すっかりこのブログのサブテーマとなってきた狭山丘陵界隈の公園散策。

今回、通称狭山湖まで次男とサイクリングをした。
狭山湖にあった地図を見たら「トトロの森」という場所があった。

次回はそこにしようと思う。



※※
前回までのあらすじ

その1
その-1
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

その2
その-2
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

その3
その-3
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

その4
その-4
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-82.html


その5
その-5
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

その6
その-6
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-139.html





※※※

次男と約束していたサイクリングにでかけた。

車通りが多く、道幅の狭い通りを行くにはまだまだ未熟。
長男とよくサイクリングをした狭山湖付近を選んだ。

ここには湖畔を巡るサイクリングロードがある。

車に僕と次男の自転車を積み込み、例の野山北公園駐車場(無料)まで移動。
そこから自転車でサイクリングロードを行く。

サイクリングで①


ペースは長閑。
まあ、付き合うしかない。

いつも気になっていた湖畔脇にある五重塔に立ち寄った。
遠くから見てもそうだが、近くで見てもかなり立派。

サイクリングで②


ここまでで、次男は少しギブアップぎみ。
湖畔で休憩しようと思い、堤防に向かう。


湖畔は静か。
取水塔が綺麗だ。

サイクリングで⑤


天気がよければよかったのに。
次男と僕はここで持参のおやつを食べ、しばらく休んでから来た道を戻る。

サイクリングで④


車を置いた駐車場まで戻ると、脇の山から子ども達の声が響いた。
次男はいちもくさんに、山の中へと駆け込む。
駐車場脇には、山の斜面を利用したアスレッチクがある。

サイクリングで⑥


この公園は山間を利用して設置されているので、かなり広い。


空中回廊を走り、

サイクリングで⑦


少し歩き、

サイクリングで⑧


次々とアスレチックを巡る。

サイクリングで⑨



ターザンロープと

サイクリングで⑩


長尺滑り台は外せない。

サイクリングで⑪


次男、少しは満足したかな?

サイクリングで⑫


今度は天気が良いとよいね。


いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR