FC2ブログ

100歳まで生きてほしい少年たちへ

次男
※幼稚園での夏祭りは雨天。教室で盆踊り。保護者は廊下から眺めたり、写真をとったり(笑)

四歳の次男。
長男にはまったく無い、ユーモアのセンスとひょうきんが売りだが、
何故か、人の命には終わりがある事をとても悲しむ繊細さも持っている。

「僕も死ぬの?」

四歳児が真顔で、しかも悲しい顔で訊ねてきたときには「何事か?」と驚いた。
※その時のエピソード
↓↓↓
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-56.html



死は避けられない。
少なくとも、僕の弟のように、親より先に死んだりしないのが我が家のルールだ。


※※※


先日ネット記事で、脳腫瘍で亡くなった八歳の少年の話を読んだ。


生前、少年は自らもリングネームを名乗る程のプロレス好きだった。

そんな彼の事を知った米プロレス団体WWEは、試合前のリングに少年を招待。
一堂に会したスター選手に驚きながらも、少年はリングへ上がる。
そこにヒール役のレスラーが登場。
挑発する彼に、少年らしい優しさと戸惑いを見せるも、意を決してパンチをお見舞い。
スター選手達が見守るリングの上で、ホール勝ちを決めて見せた。

少年の瞳輝く喜びと興奮が伝わり、強面で厳つい大人たちの無垢な優しさがしみるエピソードだった。


僕になど何かを語る資格は無いのだが、正直に言うとこの手の話題はあまり得意では無い。
気が付くとポロポロと泣いてしまったりするからだ。


※※※

似たような話の映画がある。

「100歳の少年と12通の手紙」
フランス、ベルギー、カナダの合作映画。

百歳の少年と12の手紙



白血病の10歳の少年。

余命少ない子どもの運命を受け入れられない両親。
まるで自分を避けるかのようにふるまう両親を見て、少年は医師を含め大人たちとのコミニュケーションを遮断してしまう。

そんな折、病院にピザを届けにきた女性と出会う。
子どもの事など可愛いともなんとも思わない女性は、病院で鉢合わせた少年の事を遠慮なく煙たがる。

不躾ながらも飾りの無いその女性に、少年は感心を抱き唯一心を開く。
それを知った病院は、毎日ピザを注文する事を条件にその少年の観護を依頼する。

事情を聞かされながら渋々請け負う女性は、実は元プロレスラー。
憐みの欠片もなく少年と接するが、余命12日の少年に何かしらをするべきと努力するうちに、次第と優しさに目覚めていく。

逃げ道のない末路に二人でタッグを組んで挑むストーリー。
大人になることに憧れる無垢な少年と、擦れきった大人の真面目な物語は、切なくも暖かい。

劇中に描かれる、微妙に変化していく荒くれた女性の姿を見て、人間の本質は優しさでできているのかもと感じたりもした。

ただ、正直お勧めはしない。
心に残り過ぎて、やりきれないからだ。



へらへらしてだらしなく過ごす日々が僕にはちょうど良い。
スポンサーサイト



自転車でGO!

昭和記念公園①
※小さな迷路への入り口。



● 昭和記念公園
● 場所:東京都立川市、昭島市
http://www.showakinen-koen.jp/
● 休業日:12/31、1/1、
      及び2月の第4月曜日とその翌日
● 料金:15歳以上=410円、小・中学生=80円
     65歳以上=210円
     小学生未満は無料。
● 駐車場:820円(普通)
● 遊び時間:3時間~1日


165ヘクタールある大型公園。
遊びの設備以外にも、季節の花畑、日本庭園、バーベキュー場、大型プール
レストランがあり、不自由することがない。

手ぶらで行ったとしても、100円ショップがあるので、遊具やレジャーシートや
あれやらこれやらがリーズナブルに手に入る。(砂川入口脇)


テーマごとに施設は離れているので、自転車をレンタルし、あちこちを巡るのが効率がよい。
時間と体力があれば、歩く方が様々な施設を見落とすことなく楽しめたりもする。

個人的には一番遊びに行く回数の多い公園。
一押し。

尚、近くには、都内唯一のIKEAもある。






※※※


夏休みを利用して、長男の友達が泊りで遊びに来た。

「どこかに連れて行ってあげよう」

と言う事で、なじみの昭和記念公園に行った。

昭和記念公園②



園内はとてつもなく広い。
なので、自転車をレンタル。

普通のサイクリング車から子供用(補助輪なし)、お約束の二人漕ぎ自転車もある。
15歳以上=520円、15歳未満=310円(共に1日利用料金)

昭和記念公園③



サイクリングコースは、雰囲気も清々しく気持ち良い。
起伏があるが、子供でも比較的たやすく進める・・はず。

昭和記念公園⑬


自転車も歩くのもなぁ・・・な方には、パークトレインもある。
1日フリーパスは500円(4歳以上)

昭和記念公園⑫



遊具も公園の規模に負けず大型。
ふわふわドームも広大だ。

昭和記念公園④


お約束の大型遊具。

昭和記念公園⑨



ちびっこ用遊具もなんとなく大型。

昭和記念公園⑩


意外とかわいいサイズなのが滑り台。

昭和記念公園⑦
昭和記念公園⑧



こんなのもあったり。
本気で造った模様。

昭和記念公園⑤



この公園のシンボル的広場。
「みんなの原っぱ」

昭和記念公園⑪



夏は当然のことながら暑いので、公園施設ではプールが人気。
なので、遊び場は空いていて、かえってお勧め。

夏訪問の際には、熱中症対策はお忘れなく。

博士! ロボットがつくれません・・・

夏休み。
そして僕は短いお盆休み。

お盆休みを利用しての車中泊は、走行距離1,000キロの冒険となった。
この話は後日。

車中泊旅行から帰宅後、長男(三年生)の夏休み課題(工作)を一緒に行った。



「ロボットが作りたい」

長男のリクエスト。
実は昨年も同じ事を言っていた。

しかし、僕にはロボット(みたいなもの)をどうやって作ってよいのか、まったくもってわからず・・。
なので、もう一年時間をもらう事とした。


かわりに、僕が小学校の時に作ったものと同じものにチャレンジ。
当時、材料は近所の大工さんの所で貰ってきて作ったが、今は近所にあてもない。
百円ショップに材料あるかも?・・と買い出し。


いっしょについてきた次男(四歳)。
パーティグッズで大はしゃぎ。
お店の方々、ごめんなさい・・・。

写真5

ということで材料購入。
板×1枚、木の棒×3本で計400円。

写真4

まずは、木材カット。
初めてのノコギリ。
時々僕が使うのを見ていいるので、コツを教えたらすんなり使いこなし、すべての加工を行う事ができた。

写真


次にカットした木材を、板に固定。
金槌で釘を打ち込む。

最初はおっかなびっくりしていたが、打ち損じをすることなくすべてをクリア。
案外、才能あるかもしれない(笑)

写真2


大枠完成。
さて、何ができあがるのか・・・・・?。




という事で、製作したのは、パチンコ台みたいな玉ころがしゲーム盤。
シンプルだけど、案外楽しい。
転がす玉は、ビー玉を使用。
これも100円ショップで購入。

写真3



長男作なので、かなりいびつではあるが、本人も次男も大喜びで遊んでいた。

妖怪なんとかには勝てないが、これもそれなりに童心をくすぐるでしょ?

まあ、とりあえず、宿題をひとつクリアしたね。

やってみた・・・・2段ベット自作

昨年の夏、初めて車中泊をした。
それは、非日常的な時間を、思いのほか楽しく家族と共有できる小さな冒険であった。


「今年も行こうよ」

奥さんが言う。


しかしながら、幾つかの課題もある。
その一つが就寝スペース。
子どもが小さいとは言え、家族四人が川の字で寝そべるには、車内はいささか窮屈であった。

↓↓昨年の車中泊状況・・・やはり窮屈感はいなめない。
車中泊⑤
↓↓記事詳細
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-category-7.html



「2段ベット作ればいいじゃん」


まあ、、、と言う事で、実際に作れる自信はなかったが、既存のキットを買うような資金もないので、作ってみた。


まずは、設計図。
何がどのくらい必要か想像もつかなかったので、必要パーツを掌握する事もかねてイメージをそれっぽく絵に描いた。

車中泊①



そして、だいたいのアウトプットを奥さんと共有し、そのまま拙い図面を持って近所のホームセンターへ。

家が一軒建ちそうな建材群の中から、どれが良いかもわからないまま、図面のサイズに近いパーツ(加工が面倒なので・・)を選び購入。

車中泊②


案外安くすんだ。
概ね7千円。


自宅に戻り早速組立開始。
外が雨降りなので、玄関で行った。
室内でノコギリやら金槌やらを振り回し、木くずだらけにしても目くじらを立てない奥さんの大らかさには、毎度感心する。

車中泊③



尚、普段から組み立て家具すらまともに作れない家に、気の利いた道具が整っているわけもなく、有り合わせを使ってなんとか間に合わせた。


ノコギリは刃もよれよれの折り畳み式。
定規がなかったので、長男が学校で使っているピカチュウの短いやつを借りた。
もちろんヤスリなどない。
釘やネジは、何かの家具を組み立てる度、不思議と余る残り物のパーツを使用。


そして、不思議な事に、さほど時間もかからず完成。

「お父さん、こんなの作れるんだね!」

長男がいたく感心していたが、僕も自分にびっくりした。

車中泊④



完成後、ベット搭載のまま買い物に行ったが、軋み音も干渉音も無くとても安定
していた。


一応、積み下ろしができるよう、3つのパーツ構成。
使わない時はしまっておけるようにした。

尚、組み立て家具同様、パーツが結構あまった(笑)


まあ、とりあえず準備完了。
さて、次は行き先を考えなきゃなきゃだ。

誰のせい?

妖怪
※夏休みは普通、ラジオ体操だぞ!!  ・・・毎日かかさない妖怪体操。
 ちなみに、秋葉原駅からほど近い総武線の高架脇に、ラジオ体操発祥の地と称する
 小さい公園がある。


※※※

巷は、例の妖怪が席巻中。

ご多分にもれず、我が家も同様なのだが、幸いな事にゲームの副産物には興味が無い模様。
なので、量販店に朝早く並ぶような事もなく、親としては助かっている。

時系列的には、このゲームはリリース当初、無料のお試し版がダウンロードできて、それをゲームの事などよくわからない次男の為に、長男がダウンロードを行い、遊ばせていたのが今に至るきっかけだった。


白い風船を従え、主人公が街の中をうろうろするだけの、穏やかな和み系ゲームと思っていた。

「幼い次男にもできるゲームがあるのか・・・」
と、奥さんが次男に買ってあげたのが、かれこれだいぶ前。
とんだ勘違いで、モンスターなゲームを購入していた事になる。

それからというもの、初代ゲームを散々遊び倒し、現在は本家だか分家だかと、元祖だか先祖だかの二種類を兄弟で楽しんでいる。

出資者はジジババ。

突然、遊びにくる孫には、少々気を付けた方がよいかもしれない(笑)

トトロを探して・・・・その4(ふたたびの夏)

野山北公園1
※ 今回もトトロはいませんでした。(公園内の散策路)


● 野山北公園
● 場所:東京都武蔵村山市本町5-31-1
http://www.sayamaparks.com/noyama/
● 休業日:なし
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:4時間程


今回で4回目のご紹介。

今年こそ、全エリアをコンプリートしたい・・と思うのだが、さらに広がったとの噂も・・。
真意は後日確認してみよう。


以前の紹介記事
↓↓↓
トトロを探して・・・その1
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
その1



トトロを探して・・・その2
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
その2



トトロを探して・・・その3
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-75.html
その3




※※※

久しぶりに訪問。
自分のコンディションに若干の不安もあって、勝手知る馴染みの公園で遊ぶ事とした。

無料駐車場からは、そこが公園だとはまったく気づかないが、脇の山に入ると、すぐにアスレチックがスタートする。
野山北公園2


斜面を利用して、長々続くいくつもの難関。
野山北公園3


去年は、まるで歯が立たなかった次男も、今年は危なげながらも各セクションをクリアー。
野山北公園4


こういう姿を見ると、「成長したなぁ」と思ったり。
他愛もない事だが、嬉しかったりする。

アスレチック斜面を登りきると、そこは隠れ家の様な砦がある。
人が少ない暑い日は、ぼくはここでビールを飲んだりするお気に入りの場所。
野山北公園5

そこには、ターザンロープもあったり。
野山北公園6

斜面を下ると、今度は別のアスレチックが待ちかまえている。
そう簡単には終わらない。
野山北公園7

そしてお約束の長尺滑り台。
斜面を一気に下れる。
野山北公園8

山を出ると、ちょっとした田舎道。
この雰囲気はなぜか心地よい。
野山北公園9

そして、山間にあるプール。
誰でも利用できる。
大人:50円、子供:20円。
野山北公園10


プール脇にある公園を少し散策。

ここには、池と言うか、沼地と言うか、、、があって、釣りが自由にできる。
何が釣れるかは知らない。
野山北公園11


機会があれば、是非。

野山北公園12

やってみたかった事のひとつ

このところとても忙しかったのと、なにより体調不良が長引いた事もあって、どこかに出かけるどころかブログの更新すらままならなかった。

どうにかこうにか、復調の兆し。

そんな折、長男のお友達が泊りにきた。

「せっかくだから、楽しめる事をしよう」

という事で、かねてからやってみたかった「自宅でバーベキュー」

コンロもマキも開始30分前に購入。
コンロ2,980円。
マキ500円。

案外手軽。

バーベキュー

ご近所さんにも参加してもらい、お肉を沢山食べ、ビールをしこたま飲んで楽しく過ごした。

そして、暗くなったらもちろん花火。
いつの時代も、いくつになっても花火は楽しい。
バーベキュー②

なんだか、風流な写真がとれなかった・・・。
消化訓練みたいだ(笑)

夏はやはり楽しい。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR