FC2ブログ

たいした事はないけど、こんなもんで満足する僕らの幸せ。

今年はどんな年だったろうか?

そんな事を考えながら車を運転した。

仲間内の忘年会に家族で参加する為、都心に向かう。
もちろん一泊二日で、飲み放題。
遠慮なく飲める。


途中公園に立ち寄り、用意しておいたお弁当を食べた。
食後は少し園内を散歩。

さすがに公園でのんびり過ごす家族づれなどいない。
僕らぐらいなものだ。

忘年会①


静かな公園は、師走の慌ただしさなど無縁の様相。




※※※

今年も、家族みんなで色々な事を楽しんだ一年だった。

長男はバトミントンを本格的に取り組み始めた。試合も初めて経験。
次男は文字の読み書きができるようになり、少しだけ足し算も覚えた。
奥さんはストレッチのインストラクターとして、自分の教室を開くようになった。
僕も長年の営業職から一歩身を引き、データとにらめっこのをする日々が始まった。

毎年色々な事がおこるが、いつまでも家族で楽しく、それほど派手でなくてよいので、笑いながら過ごせたら良いなと思う。


※※※

目的地に到着し、車を預け、忘年会会場まで歩いた。
夕方とも夜ともつかなない空の色。

遠くにスカイツリーを眺め、僕らは寒さにまけないようにワイワイとはしゃぎながら歩く。

忘年会②


さて、ささやかだが、来年も楽しく過ごすとしよう。



にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト



let go

その日、天気はよかったが、年の瀬であり大掃除とか挨拶状とか、そういった類の消化を予定していた。

「サッカーがしたい」

次男がボールを手に玄関で大声を出す。
長男と奥さんは、今年最後のバトミントン練習に出かけていた。

風もなく穏やかな時間。
杓子定規な予定をこなすには、少々もったいなく感じる気候だった。

「よし、行こう」

僕と次男のコンビは、勝手に予定を変更して近所の公園まで自転車ででかけた。

広々とした公園は冬模様。
次男は茶色く染まった芝生を走り回る。

サッカー①

サッカーに飽きたら、良いか悪いかは棚に上げにして木登り開始。
うまく登れず、何度もずるずると落ちていた。

サッカー③


再びサッカー開始。

小高い丘から思いっきり蹴り飛ばすのが、どうにも楽しようだった。

サッカー②


そうして僕らは夕方まで、ボールを蹴って遊んだ。

小さな遊具でも少しだけ遊び、日の沈む前に撤収。

サッカー④


思う存分体を動かして満足した次男は、帰りの自転車の荷台で眠りこけていた。

冬でも、天気の良い日はこうでなくちゃ。


※※※

表題はm-floの曲より。

m-flo let go


冬のこんな日にはいい感じ。

ヒップホップ感の強いユニットだが、代表曲のひとつ「come again」のように美しいメロディラインを持ち合わせている事でも人気がある。
let goもすがるような思いを綴った美し曲。

↓↓↓youtubeにUPされている曲(let go)
https://www.youtube.com/watch?v=HOsiSE_JTOM


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

くりすますます・・・

街はクリスマス一色。

クリスマス②


どこに出かけても、何かしらのイベントが催されている。
利用できるは子供向け。

近所のモールでは無料のスタンプラリーが開催されていた。
とりあえず参加。

クリスマス③


クリスマスではあるが、歳末でもある。
やはりガラポンは外せない。
とりあえず参加。

クリスマス④


長男、モール専用商品券をゲットしてドヤ顔である。

クリスマス⑤


あ、そう言えば、特に頼んだ覚えはないが、ニンテンドーから来年のカレンダーが届いていた。

クリスマス


今年も残りわずかということか、、、、。


※追記※

年の瀬ともなると、あまり良い話題では無い事も慌ただしく見かける。

街の掲示板には行方不明の少年を探す張り紙が貼られていた。

クリスマス⑥


早く見つかると良いな。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ミニュチュアガーデン

ミニチュアガーデン①

※近所のホームセンターにて。とは言え、家一軒建てられる建材一式が揃う巨大な販売店だ。








※※※

玄関脇の元花壇は、花をあまり好まない奥さんの意見ですっきりとした感じに変更してあった。
ミニチュアガーデン④


「味気無くない?」

リクエスト通りにしたつもりだが、それはそれで好みではないようだった。

「狸の置物でも置いてはどうか?」

提案してみたが、半ば投げやりな意見である事は見透かされ、どうにかして欲しいと釘を刺された。



何か妙案はないものかと、解決策を求めて近所のホームセンターに赴いた。

最初、置物の類を探して彷徨ったが、ふと妙な物が目に留まった。
数々のミニチュアが、種類も豊富に売られている。
ミニチュアガーデン②



最初はそういった趣味的なアイテムかと思ったが、どうやらそうでは無く、花植えに沿える演出小道具であることを理解した。

なるほど。
これは少しおもしろいかもしれない。

そう考えたが、数ある小道具を組み合わせて魅力的な世界をつくるには、僕はどうにも素人すぎた。
ミニチュアガーデン③



まったくどうして良いか想像がつかず悩んでいると、何のことはない。
僕のような素人の為のキットが数種類売られていた。

めぼしい草花と、少し大きめのキットを購入。
キットは2,550円だった。
割高なのかもしれないが、あれこれ悩むよりは手っ取り早い。
ミニチュアガーデン⑤



説明書などついていなかったし、仮にあったとしても読むのが嫌いなので適当にやってみた。
なんだか、プラモデルのようで楽しかった。
むしろジオラマか。
ミニチュアガーデン⑥




出来栄えはともかく雰囲気がだせて満足。
携帯で接写するとこんな感じ。
ミニチュアガーデン⑦



面白い。
また、挑戦してみよう。




※※※

表題は、天野月子のデビュー曲より。
天野 月子「箱庭 ~ミニチュアガーデン~

思いつめた歌詞と曲、歌い方も概ねこの時には確立されている。
毎度の事で恐縮だが、天野月子はお勧めだ。

↓↓↓youtubeにアップされている曲
https://www.youtube.com/watch?v=iKWFHT4fPxM

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

Drive

● 道の駅おおた
● 場所:群馬県太田市粕川町701-1
● http://michinoeki-ota.com/
● 休業日:なし
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:1時間


車中泊を行う際、道の駅は便利だが、この「おおた」は宿泊場所としては最適だった。

おそらくはそういう評判もあってか、結構な数の車が停車していた。

24時間使える休憩スペースがあり、何よりトイレが綺麗で気持ちがよかった。

本来の道の駅としても創意工夫がほどこされていて、よくある地元の特産販売だけではなく、出張販売の車両が軒を連ねていてひとつの名物になっているようだ。

近くを通ることがあったなら、足を運んでみるのも悪くないと思う。







※※※

車中泊の早朝、目的地の公園に行く前に道の駅「おおた」を覗いてみた。
道の駅おおた①


地元の特産品は魅力的な品揃えと安さで、これから公園に遊びに行くのでなかったなら、買い物を楽しみたいところだ。
道の駅おおた②



野菜だけでなくパンや雑貨も販売している。

ちょっと珍しいのが、金魚の袋詰め販売。
色々な金魚が売っていて、安いのだと10匹480円だった。
道の駅おおた③



これはなかなか魅力的で、結局、公園遊びを終えての帰り道に再び訪れて、一袋購入した。
閉館前だった為か、一袋480円が380円に値下がっていた。

二匹しかいなかった我が家の水槽も、少し賑やかになった。
道の駅おおた④



※※※

表題は、Vanessaのアルバム「V」より。
vanessa.jpg

何の変哲もないポップスだが、素朴な感じで結構好み。
黄昏をゆっくりとしたスピードで、少し物思いながら車を流す感じ。

誰にも、そんな気分の時があると思う。

↓↓↓youtubeにUPされている曲
https://www.youtube.com/watch?v=Ww4DWUW7jpE

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

秋の車中泊201411・・・・こどもの国と限定するにはもったいない

群馬こどもの国⑪
※山の中にある見知らぬ公園は、とても広く綺麗だった。


● ぐんまこどもの国
● 場所:群馬県太田市長手町480
http://gunma-kodomonokuni.jp/
● 休業日:なし
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:1日

山間を利用した広大な公園。

一般的な大型遊具も、山の斜面を利用してあり壮大さが増している。
面白自転車の数々や、屋内施設も充実。
目玉は山の斜面を一気に滑り降りる「ボブスレー」
本格的なコースは、子どもだけではなく大人でも十分に堪能できる。
整備された庭園と四季折々の景観が楽しめる敷地もあり、
こどもの国と限定したネーミングには、いい意味でいささか不満もある。

かなりお勧めの公園だ。


※※※


車中泊の旅二日目。
前回の記事↓↓↓
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-114.html
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-113.html


群馬こどもの国①

身支度を整え出発。
子どもたちは自宅でくつろぐようにのんびり過ごす。
のんきだ。


目的地は「群馬こどもの国」
山の中にあるかなり大きな公園だ。
群馬こどもの国⑱


しかし、広大な敷地で遊ぶ事なく、僕らは真っ先に山を登るためのゴンドラを目指す。
群馬こどもの国②


目的は「ボブスレー」
こんなものがある公園は聞いたことが無い。

ゴンドラを登りきると結構な高さの頂きだった。
群馬こどもの国③



この高さから一気に下る。

小学三年からは一人でも乗れる。
群馬こどもの国⑤



幼児は保護者同伴でOK。
レバー式のブレーキを操作して速度調整を行う。
群馬こどもの国④



ただ、ナメてはいけない。
かなりのスピードでかなりの距離をすべり降りる事になる。

料金は子供100円。
大人200円。


爽快な滑走を楽しんだら、定番遊具でひと遊び。


立地を活用しての、斜面にそびえる大型遊具。
群馬こどもの国⑥



広場に点在するアスレチック式遊具。
群馬こどもの国⑦


珍しいのが、たくさんの小山と随所に造られたトンネル。
かくれんぼにうってつけ。
群馬こどもの国⑨



家族で試したが、かくれんぼの難易度UPで面白かった。


よくある面白自転車広場もあった。
種類も豊富。
群馬こどもの国⑧



自転車アトラクションはこれ以外にも、空中に敷かれたレールを走るタイプや電車のように線路を走るタイプもある。


山間を利用した公園らしく景観を楽しむ庭園もある。
庭園の先にある建物では、木工作教室や陶芸教室もひらかれていた。
500円くらいで参加できる。
群馬こどもの国⑩


公園にはこのほか室内遊技場もある。
良くある科学の学習施設。
群馬こどもの国⑰



色々なゲームが楽しめる。
群馬こどもの国⑫

群馬こどもの国⑬

群馬こどもの国⑭

これ以外にも、パソコンや書籍で学習するスペースや
群馬こどもの国⑮


体育館もあって自由に利用できる。
群馬こどもの国⑯



視聴覚室もあった。
何故か妖怪ウォッチがハイヴィジョンで鑑賞するイベントが行われていた。



食事をとる施設もあり、不自由無く一日中遊べる公園としてお勧だ。

誕生日2014

妖怪ウォッチ②
※ 車に映った空が綺麗だったので・・・・。





※※※

長男も次男も僕も、誕生日は年末。

兄弟には、ささやかながらプレゼントを、、、という事で近所のモールに。

キャラクター雑貨を扱うお店では、入口付近に妖怪ウォッチコーナーがあった。
兄弟は大はしゃぎ。
妖怪ウォッチ①


次男は妖怪時計を欲しがり、長男は筆箱と鉛筆を欲しがった。
妖怪ウォッチ③



妖怪時計は入手困難なタイプではなく、それっぽい別物。
例のメダルが使えるわけではないが、代りに専用のメダルが2つついていた。
一つメリットがあるとすれば、本物のデジタル時計が搭載されていた事か。
妖怪ウォッチ④

値段は1600円程。


次男は大層気に入って、寝るときもつけていた。


可愛いものである。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

君はいま光の中に

先般からの車中泊ネタは、ちょっとお休み。




奥さんがクリスマスリースが欲しいという事で、かねてから気になっていた花屋さんへ。
昨年も目の前を通りながら、結局は立ち入る事もなく通り過ぎていた。

正直、クリスマスを含め、僕はさほども興味が無いのだが、まあ、拒む理由も無いので同行。
楽しみにしている人達に野暮は無用だ。


お店は人通りの無い道沿いにある。
人目につくとは言い難い。
リース①




店内には、色々なリースがあった。
というか、リースしかなかった。
リース②



あれがいいな、これがいいなと奥さんは目移りしがち。
リース③



結局、これになった。
ドアがリースに負けてるかも、、、。
リース④




お店の名前は「グランドグルー」
HP:http://g-grue.com/
楽天サイト:http://www.rakuten.ne.jp/gold/g-grue/
主に花(胡蝶蘭)の通販を営んでいる模様。

この為、お店も店舗というよりは、配送準備場所兼直販場といった感じ。

相場感が無いので言えたものではないが、立派なリースが良心価格なのだろうと思われる。

奥さんが買ったのは1980円。
どうだろう?









※※※


表題はART-SCHOOLの曲より。
きみはいまひかりのなかに



個人的には、陰鬱でアングラ印象が強いバンドだが、この曲は掛け値なく美しいと思う。
普段は斜に構える人が、高く晴れ渡る冬空を見上げ、少し素直に物思うといった感じ。

一聴の価値あり、、、かな。

↓↓↓youtubeにアップされている曲
https://www.youtube.com/watch?v=C2ovMpj5iMA


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

秋の車中泊_201411・・・・粋な江戸日和

鬼平②
※ 江戸の夜は更けて


● 羽生(上り)サービスエリア(鬼平江戸処)
● 場所:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
http://www.driveplaza.com/special/onihei/
● 休業日:なし
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:1時間程




※※※


前回の続き。




夕方、僕らは羽生スカイスポーツ公園を後にし、東北自動車道の羽生サービスエリアに向かった。
奥さんのリクエストだ。

このパーキングの売りは、時代小説「鬼平犯科帳」をモチーフに江戸時代の世界観をコンセプトに造られている事。

僕らは高速道路を使う予定はなかったが、一般道からも行けるようになっていた。
正直、僕は何の知識もないのだが、どうやら人気のスポットらしい。


道中、ナビのセットミスといらぬ渋滞に巻き込まれたことで、到着時は真っ暗であった。
一般道からの場合、サービスエリアの裏にある無料駐車場を利用。
サービスエリアには裏口みたいなところから中に入る事ができた。

鬼平①


それは演出なのか、少ない灯りであたりは暗く、再現された町並みは、そこはかとなく江戸のそれを思わせる。
鬼平④


建物の中に入ると、夜の街並みをイメージした空間演出。
鬼平③

市場を思わせるお土産販売は雰囲気を作っていた。
鬼平⑤


奥さんはお目当ての土産を購入し、程なく退散。
思い返せば、夜と言ってよい時間の割に結構混んでいた。



僕らはいよいよ今回の目的地の群馬に移動。
途中、大型の大衆浴場で疲れを癒しつつ、夜食を済ます。


この日、泊まる場所に選んだのは道の駅「太田」。


事前の下調べで、車中泊を意識した造りになっていることが解り、この場所とした。
24時間使える休憩ラウンジと、ベンチまで設置されている綺麗なトイレがある。
かなりお勧めの道の駅だ。


到着した時は、夜更けと言ってよい時間であった。

子どもたちは早々に、車の中に設置した寝床にもぐりスヤスヤと寝息をたてた。
鬼平⑥


VOXYは、助手席の背もたれを前のめりに畳むと、テーブルになる。
僕と奥さんはそんな簡易テーブルを挟み、宴会開始。
鬼平⑦


少ないつまみを子どもたちに横取りされる事もなく、のんびりと飲みあかす。


やがて日付が変わった頃、奥さんは酔いつぶれて寝床に入った。
鬼平⑧



奥さんの寝床は車中泊用2段ベット上段。
僕は下段。


寒さを感じる事なく、僕もあっけなく眠りに落ちた。

気楽な家族である。




・・・続きは次回。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 

秋の車中泊_201411・・・・飛行機日和

羽生③
※ 乗ってみたい。あ、でも、怖いかも・・・・・。



● 羽生スカイスポーツ公園
● 場所:埼玉県羽生市常木1175
http://www.saipo.net/11216014.html
● 休業日:なし
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:3時間程

利根川脇にある、わりと大きな公園。
ゆったりしたスペースと、妙に起伏が激しく、手ごわいゴルフコースのような造形が特徴(笑)。

名物の長尺滑り台は、スムーズな滑走で大人でも楽しめた。

面白いのは、名前の由来でもあるグライダーの格納場が隣にある事。

タイミングが合えば、実際の飛行が見られる。

遊具が少ないので、持ちこみがお勧め。
公園に隣接した駐車場(無料)が2ヶ所あるので、遊び道具満載で訪問するのが良いと思う。





※※※

群馬に向けての車中泊旅行初日。

この日は移動がメイン。
途中、それほど気張らずに遊べる手頃な公園に立ち寄った。


移動中のストレスを、ほどほど解放できればと思っていたが、広い敷地と抜けるような晴天のおかげで、思いのほかくつろぐ事ができた。
羽生⑨



到着したのは、ちょうどお昼頃。

お腹が空いたと騒ぐ育ちざかりの為に、先ずはお弁当を食べた。
車中泊であっても、毎回初日のお昼はお弁当としている。
貧乏旅行ならではのルールだ。
羽生②



一休みして、お腹ががこなれたら、早速遊具巡り。

長尺の滑り台はなかなかの勢い。
途中で失速することなく、一気に滑り降りれた。
羽生⑥



吊り橋のようなものもあり、子どもたちは行ったり来たり。
羽生①



屋外仕様のトランポリンもあった。


残念なのは遊具が少ない事。

であれば持ち込みで対策。


ミニバトミントンやフリスビー、キャッチボールをして遊んだ。
羽生⑦


それにも飽きたら、恒例の鬼ごっこ。
羽生⑩



広い敷地でありながら、起伏にとんだ地形はうってつけ。
妙に盛り上がった。
羽生⑧



一通り遊んだあと、少し散歩でもしようと公園脇の土手まで歩いた。

と、妙な光景に出くわした。

土手を巨大なグライダーを牽いたミニバンが走っていた。
あきらかにバランスがおかしっかった。
羽生④


思い出せば、鬼ごっこをしている最中、上空をグライダーが飛んでいた。

そのグライダーはミニバンに牽かれたまま、公園隣の大きな敷地に収納されていった。
そこは格納スペースであり、この光景は公園名の所以の出来事のようだった。


巨大なグライダーが無事に格納スペースに収納されると、運搬をしていた方が、本来は立ち入り禁止の場所に入れてくれて、グライダーを見学させてくれた。
異様に長い羽と華奢な構造がとても印象に残った。
羽生⑤


とりあえず、初日の息抜きを終え、僕らは次なる目的地「鬼平犯科帳」の世界観を再現した場所目指して移動した。

・・・次回に続く。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR