FC2ブログ

備えあれば

防災センター②
※この日、雨と聞いていたが、晴女を自称する奥さんのおかげで変な天気だった(笑)



● 埼玉県防災学習センター
● 場所:埼玉県鴻巣市袋30番地
http://bousai-gakusyu-saitama-ht.jp/
● 会館時間:9:00~16:30
● 休業日:毎週月曜
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間

災害を疑似体験し、その怖さを学習しつつも、もしもの時の備えの大切さを学べる場所。
家族で参加できるので、災害に対しての知識を共有でき一緒に考える事もできる。

この、「家族で体験でき、共有でき、一緒に考える」が結構貴重だと思えた。

ありそうで、けれどあまりない施設なので、近くの方は是非行ってみる事をお勧めしたい。
色々趣向を凝らしたイベントも行っているようなので、公式ホームページを覗いてみてください。







※※※

久しぶりに休日休みの奥さんは、午前中のバトミントン練習を終え、
その足でどこかに行こうと言っていた。


外は天気予報に疑いの余地が無く、雨が降っていた。

屋内で面白そうな所はないかな?とインターネットで調べたところ、
防災訓練が個人単位でできる場所を発見。

と言う事で、我が家の防災訓練日とした。


防災センター


入館すると、少しの間エントランスで待つことになった。
防災センター③



防災設備を利用するに、説明員の方の引率が必要で、この為、若干の時間調整がなされたようだ。
とは言え、程なく他のご家族と連れだっての防災訓練が開始された。

防災センター④


本格的な設備を利用しての体験は全部で4つ。
・地震体験
・火災体験
・暴風体験
・消化体験

地震体験や消化体験などは良く見かけるが、暴風体験と火災体験はなかなか経験できないと思う。
ちなみに、僕は4つとも初めての経験。


始めに地震体験。
柵で囲われた装置に乗り込むみ「震度7」を体験。
体験がグループ(家族)単位であるため、各施設の参加中写真が残せなかった。
防災センター⑤


尚、震度7は先の東北震災と同じ規模だそうだ。

体験して思う事は「何もできない」ということ。



続いて、火災体験。
(画像がない・・・)

ホテルなどで火災に巻ききまれた想定で煙に覆われた通路を逃げて脱出する。
この避難路はそこそこ長い。
事前に避難路の地図を見る事ができるのだが、実際にはまるで役に立たなかった。
煙で視界がほぼゼロとなり、煙いわ方角は解らないわで頭に叩き込んだ地図など脳裏に浮かばなかった。

ニュースで良く逃げ遅れた方の話があるが、自分も逃げられる自信が無くなった、、、。
火事の際、「絶対に避難路を引き返すな」と教わった。
教えの通りで、そんな事したら確実に死ぬと痛感した。


ここは暴風体験(左奥の部屋)と消化体験(右の部屋)ができる。
防災センター⑦


暴風体験設備はテレビの取材でもよく活用されるそうだ。

体験できる風速は30m。
吹き飛ばされたりはしないが、立っていることができない。
途中で「やめてくれ!」と言い出す人がいると言っていたが、解る気がする。

消化体験はオーソドックスな感じ。
大型モニタに映し出された発火箇所に、本物の消火器を使って鎮火に挑む。
とは言っても消化剤が噴射される訳ではなく、水が代用として使われていた。

建物二階は学習用展示スペース。
防災センター⑨



防災関連のライブラリがあり、長男は子供向け啓蒙ビデオを一生懸命見ていた。
防災センター⑧


理由は内容ががドラゴンボールのキャラやスーパーマリオのキャラによるアニメ作品があったからだ。


このほか防災グッズや避難具、非常食の展示もあった。
防災センター⑩


小さなお子さんでも貴重な体験ができるので、雨の日にお勧めである。
スポンサーサイト



僕が子供のころ、「ランド」と言えば、夢の国ではなく常夏の島を意味した

● 東京サマーランド
● 場所:東京都あきる野市上代継600
http://www.summerland.co.jp/index.html
● 休業日:
● 開園時間:
  複雑なので、こちらをご参照ください。↓
  http://www.summerland.co.jp/event/calender.html
● 料金:中学生~=2,000円、小学生以上=1,000円
  ※プールが利用できる入園料金。乗り物は別途料金かフリーパス。詳細↓
  http://www.summerland.co.jp/price/index.html
● 駐車場:普通車=1,300円
● 遊び時間:5時間程

西東京に位置する、水遊びを主にしたテーマパーク。
大型ドーム内部に、「波の出るプール」があり、海水浴の雰囲気が味わえる。
尚、波は意外と高い。

公園の大型遊具を模した幼児用プールもあり、小さいお子さんでも楽しめる。

通常プール以外にも温泉のように温水でくつろぐエリアやジャグジーなどもある。

7月1日~の夏季期間は、屋外プールも営業開始。
この屋外プールがオープンしている時の方が快適で楽しい。

アトラクションもあり、プールだけでなく遊園地としても楽しめる。

お勧めとしては・・・・

① 開園前後に行く。
  ⇒入園口そばの駐車場に止められる。
   遅いと遠方の駐車場でシャトルバスに乗り換え、入園口まで行かないとならない。
  ⇒着替え用のロッカー探しに困らない。
  ⇒休憩場所の陣取りに困らない。
② お弁当を持って行こう。何度も来ている人はお弁当持参が多い。
  (保冷できる袋、又は箱を推奨・・・湿度と室温が高いので)
③ 1000円くらいの小銭を着替え前に用意。(ロッカー代とか)
④ 大き目のレジャーシート持参。(休憩場所・荷物置き場として場所取り)
⑤ 「防水」の小銭入れを用意。これがあるとスナックやジュースがすぐに買えて便利。
  尚、「生活防水」のタイプは役に立たない。中がすぐに水浸し。
  透明のタバコが入るくらいのサイズのものは、生活防水なので注意。
⑥ サンダル・・・まあ、なくても大丈夫だが。



※※※



毎年6月、東京サマーランドという遊園地兼大型プール施設に行っている。
昨年も行ったし、その前の年にも行った。

理由はというと、この時期「無料券」が手に入るから(笑)

毎年家族で行っているのだが、今年は次男と二人きりとなった。
奥さんは仕事が入り、長男は友だちと遊ぶ約束をしていた。

サマーランド2015-④



一昔前、というより二昔前には、なかなかに立派なアミューズメントだったけれど
最近では昭和の面影を感じさせる懐かしさが漂う。
とは言え、自慢の屋内プールは大型で、海のように波も起こる。

サマーランド2015-①



子供用プールは、大型遊具を配備。

サマーランド2015-⑤


マシンガンのような水鉄砲や、巨大なバケツが満載の水を突然ひくっり返して、
コントのように水浸しになる仕掛けや、様々な水遊びが満載で、幼児でも存分に楽しめる造りとなっている。

サマーランド2015-③

サマーランド2015-②


地下の階層には洞窟をイメージした温水プール(お風呂?)もあるので、冷えた体を温め直して幾度もプールを楽しめる趣向。

雨の日でも確実にプールに入れるので、今時分の季節にはうってつけだ。

来年は家族全員で来れるとよいな。

父親参観




次男の父親参観があった。

聞くところによると、次男はおしゃべりが過ぎるが、それ以外はいたって真面目で問題はないとのこと。

長男に比べるとかなり評判が良いのだけれど、父親参観ではいつもグダグダで、言う事を聞かずふざけてばかり。
たぶん、甘えてしまっているのだろうなと思う。


そんな次男も来年は小学生。

確実に成長しているという事か。

父親参観

のんびりと

サイクリング②-6
※いつもの公園だけど、楽しかった。



※※※

この日、いつもの様にどこかの公園に出かけようと思っていた。

ところが、車にはガソリンが無く、そしてガソリンを入れる為の持ち合わせもなかった。
天気も良かったし、仕方もないので自転車で出かける事にした。

とは言え、次男はゆったりとした道でしか自転車に乗れない。
このため、結構な距離を自転車を押して歩くことになった。


ようやく広いサイクリングロードに到着。
サイクリング②-1

木漏れ日の中をのんびりと行く。

やはり次男には体力的にキツかったのか、あまり距離を稼ぐ事はできなかった。


どうにか、行きつけの公園には到着。
サイクリング②-7



ちょうど昼時でもあり、すぐに手持ち弁当で昼食をとる。
のどかだ。
サイクリング②-2



お腹が満足したので、早速遊ぶ。


ターザンロープとか、
サイクリング②-3


なんかよくわからない遊具。
サイクリング②-5


遊びなれたいつもの公園だ。
サイクリング②-4



一通り遊んだら、恒例の鬼ごっこをした。

暑かったのですっかり汗みどろ。
でも、これがやめられない。

旗持ち退屈男



ご多分に漏れず、長男の小学校でも運動会が催された。

正直、運動神経が良いとは言い難い長男の、徒競走には期待が持てなかったけれど
今年は踊りを踊るとのことで、少し楽しみではあった。

贔屓めにみての事だけれど、踊りに関しては人並みで、結構キレのある立ち回りと、
柔軟な仕草に、幼稚園のころから一目置いている。



なので、奥さんと「(踊りが)楽しみだね」と言い合っていたりもした。


クラスで一番のチビである長男は、皆を従える旗持ち役を授かっていた。
額に三日月の傷は無いが、退屈を嫌う長男にはありがたい役回りだ。

旗持ち退屈男①



その踊りは、僕と奥さんの期待を裏切らない表現力で、大したものだなぁ、、と感心してしまった。

まあ、あくまで親目線でだけれど。

旗持ち退屈男②


うって変って、長男の徒競走は見せ場のないまま終わってしまった。

来年はがんばろうな。
(毎年言ってるけど・・・笑)

些細ではあるが、重要な事

メガネが壊れた。



職場で、重たいエクセルが計算中を表示したままうんともすんとも言わない最中、
何気なくメガネを拭いていた時の事。

突然ポキンと折れてしまった。

こんな壊れ方は初めてだ。

そして僕は途方に暮れる・・・・・。



メガネが無いと、仕事もできなければ、自宅に帰るのにも不自由する。


思案したあげく、折れた箇所を職場にあった適当なパーツでつなぎ合わせて
その日をしのいだ。
※実はカナルタイプイヤホンのイヤーパッドをちょん切って断線箇所をジョイントした。



現在、古いメガネをしている。

でも、これも鼻掛けのところがこわれているんだよなぁ、、、。


現在、接着剤でくっつかないかをお試し中。


壊れたメガネ

無い物ねだり




自宅から最寄にある巨大なホームセンターには、スモールハウスのキットが売られている。

スモールハウス



値段は、気の利いた物置ぐらいの価格から、それなりの値段まで豊富に取りそろえられている。

実用性も高いので、実際に物置としてや、離れの子供部屋として需要があるのだろう。

スモールハウス②



誰しも一度ぐらいは考える「自分だけの空間」の構築にも良いかもしれない。

もちろんそれに伴う設置場所の確保も必要だが。


僕なども、ご多分にもれず一人の空間を夢見たりするので、たまーに見に行っては、自由を満喫する羨望に思いを馳せる。

スモールハウス③


まあ、でもきっと、手に入れたら入れたで、もっと広い部屋がいなぁ・・とか、家族と一緒じゃないとなぁ・・とか、無い物ねだりとなるに違いないが。


次男に「欲しい?」と聞いたら、「いらない」と言っていた。
家族みんなで過ごすには狭いんだそうな。

スモールハウス④


まだ、一人になりたいなぁ・・・という発想はないみたいだ。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR