FC2ブログ

無い物は作ればよいという考え





どういう事情なのかよく解ってはいないのだけれど、小学4年の長男の級友の間ではドラゴンボールのカードゲームが流行っている。

もしかしたら、全国的な流れかもしれない。

ゲームセンターにある機械に、手持ちのカードをセットして戦うのだ。
せがまれて何度か付き合った事があるが、いまひとつ楽しみ方が呑み込めない。

まあ、それでも遊んでいる時の本人のはしゃぎようを見るに、きっと面白いのだろうと想像する。

そして、当然、ゲームで使用するカードのコレクションは増えていく。
それに伴って、増殖するカードを保管する為の専用ファイルも売られている。
長男の級友達が、その立派な専用ファイルを持ち歩き、颯爽とカードを取りだしてはゲームに励んでいるのを見かけたりする。

「欲しいな、欲しいな」
という長男に対し、親目線には無駄に値の張る物にしか見えないので、ダメだよと諭してしのいでいた。



「これ見てよ」

ある夜、奥さんが妙な物を差しだした。
それは、不器用に分解した牛乳パックを、さらに不器用にテープ補修を施した、要するに変な物だった。
僕は手に取ってみてた。

カードケース①



そして驚いた。
その潰した牛乳パックは、長男お手製のカードホルダーだった。

カードケース②



「それ持って、遊びに行ってるみたい」

奥さんは笑いながら言った。

僕は想像してみる。
友達は立派なカードホルダーを持ち歩く中、長男はガラクタみたいな牛乳パックにカードを挟んで持ち歩いていたのだ。


思い返せば、僕もそうだ。
無い物は、がらくたをかき集めてそれっぽく間に合わせる。
そしてそれが楽しいのだ。

「やるなぁ、、、あいつ」

僕も笑ってしまった。

子供のころを思い出す。
無い物は作ればいいのだ。
既製品なんかよりも、唯一無二を手にする満足感の方が心地よい。
馬鹿にされる事もあるけれど、笑われる事には今のうちに慣れておいた方が良いと僕は思う。
プライドなんて、低い方が生きやすい。


とはいえ、さすがに長男お手製のカードホルダーはがらくた過ぎる。
せっかくなので、がらくた作りの年季の違いと大人のアドバンテージをみせつけてやった。
100円ショップでルーズリーフとプラ製のインデックス、カードサイズの透明袋を購入。
これらを使ってお手製のカードホルダーを作成。

カードケース③



翌日、長男は僕のお手製カードホルダーを発見しちょっと笑っていた。

「やるなぁ、とうちゃん」

そう言って、鞄にしまうと遊びに出かけて行った。
スポンサーサイト



遊びつくしのおもてなし

府中郷土の森①
※この日、あり得ないほど暑かったが、一日中遊び倒した。


● 名称:府中市郷土の森博物館
● 場所:東京都府中市南町6-32
● 郷土の森博物館
  http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/
  郷土の森公園
  https://www.city.fuchu.tokyo.jp/shisetu/kankyo/koen/kotuyuen.html
● 開館時間
  9;00~17;00
● 休業日:月曜&12/29~1/3
● 料金:大人=200円、中学生以下=100円
● 駐車場:無料
● 遊び時間:1日


「郷土の森」とういう公共施設の一角。
全体像としては、今回紹介の博物館、広場、交通遊園、運動施設で構成されている。
博物館は、建築物を中心した野外博物館。
江戸中期から昭和初期の建物が移築されており、実際に中に入る事もできる。

小金公園にある「江戸東京たてもの園」をコンパクトにした感じだ。

このほかにも、郷土資料を展示した施設、プラネタリュウムなどもありきちんと見学するにはそこそこ時間が必用となる。

この博物館に隣接するかたちで、スポーツ施設もある。
人気はプール。
幼児用から大型の流れるプール、きちんと泳ぎを練習する為のプールと充実している。

プールの隣は、いわゆる交通公園。
足漕ぎのカートを無料で借りられるほか、ゴーカートにも乗れる。

このゴーカートはそこそこ長いコースを3周まで連続周回する事ができ、かなり満喫できるはずだ。

大人から幼児まで楽しめる隙がない施設。
かなりお勧めである。








※※※






長男の級友が泊まりで遊びに来てくれた時の話の続き。

二日目。


我が家のおもてなしとして、「一日中公園で遊ぶ」を実施した。

とは言え、何を楽しんでくれるのか解らない。
なので、何でもある施設として府中市郷土の森公園を選んだ。
府中郷土の森②



ここには、大概のものがある。
興味をそそるトリガー探しの開始だ。

僕らはひとまず郷土史と生活文化品が展示されている博物館から探検を開始した。
府中郷土の森③

古い町並みを再現した巨大なジオラマや、古い生活具、古い遊具の展示が物珍しかったのか、案外時間を費やした。
府中郷土の森④



博物館内には併設されているプラネタリュウムがある。
そんなプラネタリュウム装置も、どことなく懐かしさを感じさせる。
※大人400円、中学生以下200円
府中郷土の森⑤


後で調べてみたところ、平床式という形式で、日本で三番目に大きいのだそうだ。


博物館のある敷地は、その全体が博物館となっている。
つまりは、その敷地に古い建造物が移築され観覧することができるのだ。
府中郷土の森⑥



古い町役場は、大正ロマンといわれた時代に建てられた洋館。
東京都の指定文化財なのだそうだが、中に入る事もできる。
府中郷土の森⑦



そんな建造物が数あるが、なかなか圧巻なのが80年前に建築された校舎。
話でしか聞いたことがない、戦前からの尋常高等小学校のものだそうだ。
府中郷土の森⑨



ここも中に入れる。

教室には古い学習机が並べられ、直ぐにでも授業が始められそうな雰囲気。
実際に使われていたものらしく、可愛らしい落書きや彫刻が刻まれていた。
府中郷土の森⑩



古い備品や、学習具も展示されている。
奥さんが眺めている四足のこっしー君みたいなのは、跳び箱。
足が伸縮し、高さ調整ができるようになっていた。
府中郷土の森⑪



こんな感じで、敷地の中を飽きる事なく楽しんだ。
と同時に汗みどろの僕らは、お楽しみのプールへ。

大人でも楽しめる広さの流れるプールを、グルグルと2時間回った。
写真右手がプールだ。
※プール写真は自主規制(笑)
府中郷土の森⑫


この日の仕上げは、少年心をくすぐるゴーカート。
基本は1周100円だが、300円分チケットを買うと、交代することなく連続で3周回れるシステムがある。

コースは意外と長い。
けれど子供たちは、3周連続に挑んだ。
府中郷土の森⑬


こうして、この日は目的通り一日がかりで公園を遊びつくした。

満足してくれたかな?





車中泊_201508

その日、朝から奥さんはお弁当つくりをはじめた。
毎年恒例の「どこまで行けるか旅行」の開始だ。

残念なことに天気はすぐれなかったが、僕ら家族にはあまり関係はない。
スケジュールが明確になっていない行き当たりばったりの旅行は、天候に応じて目的地を変更する。

今回、大枠の方向は「日本海」。
できれば富山方面にしようという事だけ決めていた。

移動も寝泊りも車となる。
回を重ねるにつれ、少しずつ車内も改善(・・・たぶん)。
手作り感満載で、他人から見たらみすぼらしいかもしれないが、創意工夫は楽しい。

車中泊2011508①

そして、僕ら家族はのんびりと一般道を行く。
休みたいところで休み、気の向いた時に遊ぶ。

お風呂と夜食は道すがら調達。

車中泊2011508⑦


のんきに山道を走り続けていたら、あわやガス欠間際前の事態も発生。
来た道を引き返し、都市部で深夜でも営業しているスタンドを探しさまよったり。

車中泊2011508②


二日目。
あいにくの天気で雨にやられ、雨を避けて走り続けたら、日本海に到達していた。

車中泊2011508③

遊ぶ場所も決めていなかったので、ネットで調べては突撃。

車中泊2011508④

見知らぬ場所には、楽しいところがたくさんあった。

車中泊2011508⑤


長男も次男も奥さんも
「また行こうね」
と言ってくれる。

車中泊2011508⑥



僕としてはありがたかったり。
車のいじりがいもあるってもんだ(笑)

神の子供は皆踊る




どんよりとした空は、怪しい雲行き。
雨が時々降ったりしていた。


その日は夕方から、次男の通う幼稚園での盆踊り会。
僕ら家族はぎこちない空の下を歩いて幼稚園に向かう。

盆踊り②


不思議な事に、開園後はギリギリ感の雰囲気の中雨が降る事は無かった。

そしてお楽しみの盆踊り会が開演。

手作りの飾りを腕に付け子供たちは楽しそうに踊っていた。

盆踊り①


思えば長男から次男にかけて、毎年通い続けた真夏のイベントもこれが最後だ。
正直、面倒くさいと思った時もあったが、もう二度と無いとなると感慨深い。

何はさておき、無垢な笑顔は和ませてくれる。
ありがとうと言ったところか(笑)

イベントは仕掛け花火で幕を下ろした。

帰路の空は怪しいままだった。
けれど、遠くには薄っすらとした夕日。

盆踊り③


夏休みはまだ続く。
晴れたら何して遊ぼうか?

BBQ_2015

長男の友人が、夏休みを利用して泊まりにきてくれた。

去年も来る予定だったのだが、都合が悪く来れないでいた。
今年は無事にお泊り会を実施。

次男も親しんでいる友人なので、兄弟そろって大はしゃぎ。

せっかくなので、晩御飯はバーベキューとした。
やはり子ども達は肉好きだ。
BQ_2015.jpg


夜は花火大会。
自宅の庭で行ったので、あまり派手なのはできなかったが、そこそこ楽しんでもらえた様子。
BQ_2015_②


寝る前は、「怪談話」で盛り上がる。
といっても、テレビでこの季節向けに放送された番組を皆で見ただけだけど(笑)


翌日は、僕ら家族がよく行く公園でおもてなし。

続きは後日。

・・・・にしても暑かった・・。

風物

江戸川花火大会①
※ 母親は、やはり子供に人気がある。いいなぁ・・・



※※※

江戸川の花火大会に行った。

奥さんの具合はだいぶ良い。

というより、もはや心配は何もいらないようだ。
よかった。

体重も戻り始めている。
よかった・・・・かな(笑)


江戸川の花火大会は毎年行っていて、今年で13年目ぐらいだろうか。

子供が生まれる前は打ち上げ場所の河川敷でみていたが、子供が生まれてからは少し離れた河原の土手で見ている。
威勢の良い花火を眺めながら頂くビールは、雰囲気も手伝って夏を実感する。
江戸川花火大会②




お盆休みはどこに冒険に行こうかな、、、などと奥さんと打ち合わせている。
また、大雑把な計画で出発することになるのだろうな(笑)
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR