FC2ブログ

時折頂くご質問・・・車中泊用のベットとか







ありがたい事に、車中泊仕様に関して、このブログ上でも、実際の宿泊時にも「どうなってるの?」というご質問を頂く。

先日の車中泊時にも、一晩を明かした道の駅で出発準備をしている奥さんに、興味深くご質問をされている方がいた。
(僕は人見知りなので、遠巻きに眺めてた)

昨年も同様のことが宿泊先であった。


「どんな仕組みになっているの?」
というご質問にお答えいたします。



経済的な事情もあって、本格的に組み上げられた車中泊仕様車やキャンピングカーは購入できないので、じゃあ、本ブログの真骨頂である「無いものは作ればいい」の精神で自作したもの。

と、言うことで簡単にご紹介。


パーツは普段自宅にしまってある。
全部でこんな感じ。
車中泊ベット


ホームセンターで安い板を買って、適当に採寸した大きさにホームセンターで切って頂き、トンカチして作った二段ベット。

設計図はこちら
kakeru666作図(笑)
車中泊①

実際に、この設計図をホームセンターで広げて部材を買い込んだ。
ちなみに、ベット下段の設計図は無い(笑)・・・よく作れたなぁ。
そんな下段ベットの製作工程はこちら↓
http://kakeru666.blog.fc2.com/blog-entry-175.html


まずは、二段ベットの足場を設置。
車中泊ベット②

まずは前方分。

続いて後方分。
車中泊ベット③


かなりシンプルです(笑)

足場が完了したらベット用の板を投入。
結構重い。
車中泊ベット④


見えてる板は下段用ベット。
下段用ベットは2分割されていて、先に向かって右側の下段ベットを設置する。
その後、二段目を設置(前後の足板に載せる)
車中泊ベット⑤

下段ベットの片割れは、移動時は二段ベットに乗せておく。
二段ベットの空いているスペースは移動時に荷物置き場で、主に布団三組をしまっておく。

完成形。
車中泊ベット⑥

後部座席は対面式になるので、子供たちはこのシートに座ってあそんだり、おやつを食べたりしながら移動。
疲れたら、半分だけくみ上げられた下段ベットで寝たりもする。

これが子供たち曰く快適らしい。
実際大人でも、足を伸ばしても十分に余りある大きさなので、奥さんも移動疲れした際にはこのベットで寝たまま移動する。
僕も同様。
その際は、奥さんが運転をする。

※付録※

車中泊経験のかたであれば、また、その際の車が普通の自家用車であれば、誰もが経験する「車内の暑さ」

窓を開けて寝るわけにもいかないし、ましてエンジンをかけっぱなしでクーラー涼みもできない。

なので、僕は網戸を作って対策としている。

網はホームセンターで家用の網戸交換用を使用。
外枠は角材。
同じ形の枠を二つつくり、その間に網を挟みこんで合体させて作った。
形を窓枠ぴったりには作れないので、当然隙間ができる。
この微妙な隙間は、木枠にスペーサー用のスポンジを貼り付けておき設置時にできる隙間を臨機応変に埋められるようにした。

設計は僕が行い、製作は子供たちにやってもらった。
網戸


同じものを二つつくり、左右の窓に設置して使う。
風が流れて、まあまあの暑さ対策になる。

ご参考ください。
(しないか・・笑)

車中泊ベット⑦


今度、この網戸にデスクトップパソコン用の大型空冷ファンを付けようと思案中。
電源はUSB変換をして、電源をモバイルバッテリーから取れば一晩空調が快適に動くのではないかな・・・と。

こんどやってみます。
スポンサーサイト



お泊り会_201608

お泊り会_201608_②

※毎年夏休み恒例行事

名称:川越水上公園
場所:埼玉県川越市大字池辺880
http://www.parks.or.jp/kawagoesuijo/index.html
料金:大人=720円
    子供=210円(小学生・中学生)
    小学生未満=無料
    家族4人=1650円(ファミリー券)
駐車場:820円/1日(普通車)
遊び時間:2時間~3時間(1日も可能)



メインはプールになるが、複合遊具のある公園や、ボートに乗れる池もある。
運動公園でもあり、テニスコートやフットサルコートも併設。
プールは冬場には釣堀になるようで、一年を通して遊べる便利所。

料金はリーズナブルだが、大型の流れるプールやスライダー、波の出るプール(あまり期待できないが・・)、果ては水深3.5mの飛び込み用プールまである。

プールの敷地も広く、サンシェードや椅子などを持ち込んでも置き場に困ることはおそらく無い。

子供だけではなく、大人にも十分楽しめるプールだ。









※※※



毎年の夏休みに、長男は同級生を一人ご招待し、一泊二日で遊び倒す企画を実行している。
今年は第四会。


次男も年上の子に遊んでもらえるので毎年の楽しみ。


おもてなしは夜のバーベキュー大会。
お泊り会_201608_①


余談だが、家を購入したとき僕はまだ独身で、結婚して家族ができたら庭でバーベキューをやりたいなと夢見ていた。
なので、夢が叶って嬉しいかぎり。

奥さんはさっそくのビール。
奥さんもこれが楽しいようでなによりだ。


夜は恒例の花火大会。

ささやかだけど、子供たちは盛り上がりを見せる。
やっぱり花火は面白いみたいだ。
お泊り会_201608_③


夜は子供たちに好きなように遊ばせて、僕と奥さんは酔いに任せて早々に寝てしまう。
夜中、子供たちは何して遊んだのだろう?





二日目。
毎年公園やプールで遊ぶ。

この日、天気予報は雨。
けれどぐずぐずした空模様は、いまだ雨を落とさないでいた。


雨が降っても楽しめる場所にしようと考えたが、時折晴れ間を覗かせる優柔不断な空模様を見て、もしかしたらプールで遊べるかもと思い、埼玉県の面白そうなプールに向かった。

雨どころか晴れ始めた空は、この選択には好都合。
お泊り会_201608_④


結果、雨に降られたのはさんざん遊び倒して、さあ、帰ろうかと車に乗った瞬間だった。
バケツをひっくり返したような、と表現される降り方で、車のなかで僕らは盛り上がる。

「今日は絶好調だったね」

日焼けした僕らは、雨の中を自宅に向かった。

楽しかった。


※※※

遊んだプールは、お手ごろ価格の割りに広くて設備が充実していた。
さすがに、プールの中でカメラを構える勇気が無く、画像はオフィシャルサイトから拝借。

雰囲気が伝わればよいな。
お泊り会_201608_⑤

小さなお子さん向けのプールもあるので、年齢を気にせず楽しめる。

あ、補足だけれど、波の出るプールがあるが正直「波は?」的な感じ。

まあ、ご愛嬌。

ささやかな全力

201707あきる台公園③
*暑い日の気分転換


名称:秋留台公園
場所:東京都あきる野市二宮673−1
http://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000001487.html
料金:無料
駐車場:無料
遊び時間:2時間~3時間
     (楽しみ方によっては1日中いれます)

公園正面に大きな池があって、夏場は小さいお子さん向けに開放されている。
景観用ではなく、遊ぶための噴水があって、水浴びにはうってつけ。

運動公園なので、子供と一緒に遊んで汗みどろになったら、子供たちに水浴びをさせて涼む事ができます。

なので、水着は忘れずに。

他:とても立派で本格的な陸上トラックがある。
  競技が行われていなければ、自由に走ったり、遊んだりが可能。
  子ども用自転車を持っていければ、トラック外周の散歩コースを、のんびり一緒に周るのも楽しい。
  遊具は少ないが、景観が良く、解放的な公園であるためランチを楽しむ老若男女を多く見かけた。
  運動不足という方は是非。
  着替えを持っていきましょう。
  


***



奥さん主催のバトミントン自主練が開催され、子供たちと僕はすっかり汗みどろ。

都合の良いことに、練習場所としてお借りした体育館の隣には、水遊びができる公園がある。
いつでもどこでも対応できるように、子供たちの水着は車の中に常備。


火照った体をクールダウンするために、子供たちをつれて水遊び場へ。
201707あきる台公園②

いいなぁ、気持ちよさそう。

いつだって、子供たちは水遊びが好き。
201707あきる台公園④


公園の水遊び場はお手軽で便利。

奥さんは、ベンチに腰掛てのんびり過ごす。
僕はカメラを片手に園内を散策。

体が冷えると、子供たちは地面に寝転がって体を温める。
温まったら水遊びを再開、、、を繰り返していた。

201707あきる台公園⑤


お金のかかるところには、あまり連れて行ってあげられないけれど、こういう場所でも全力で楽しんでくれる子供たちには助かっている。


また、遊ぼうね。

車中泊_201608





なんとなく漠然と、面白そうだなと思い始め、実際に実践することで、一層の非日常感を得られる刺激的な遊び。
方角だけ決めて、目的地を決めないで行く車中泊旅行。

今年の夏もチャレンジした。


大概そうだし、今回も二泊三日。



初日は広くのんびりとした公園でのどかに過ごした。
201608車中泊①



お弁当を食べ、ひと遊び。
普段の休みの様にゆるゆる過ごす。

そこには面白自転車がたくさんあって、広い公園の外周をめぐるサーキットが走行できた。
201608車中泊②


もちろん大型遊具でも遊び倒す。
こういった場所が、僕ら家族の団欒エリアだ。
名を馳せるアミューズメントは身の丈に合わない。
201608車中泊③


夜は適当に選んだ温泉に入り、道の駅で寝泊り。

就寝前、子供たちはゲーム三昧。
勉強しろと言われない至福の時間。

その間、僕と奥さんは外のベンチでビール三昧。
201608車中泊④


二日目。

駐車場も入園料も無料という小さな遊園地に向かう。
次男はジェットコースター初体験。

顔が神妙。
完全にびびってる(笑)
201608車中泊⑤


ほかにも本格的なアトラクションをいくつかこなした。
次男には全てが初体験で終始緊張気味。
201608車中泊⑥


午前中開園と共に小さな遊園地を遊び倒した後は、遊びながら学べる科学館へ移動。
どこにでもあるが、結構楽しくて外せない。
201608車中泊⑦


安上がりな僕らは、結局閉館まで遊び続け、二日目が終わった。


最終日。

めずらしく目的地としてあらかじめ決めてあった大型アスレチック公園で過ごした。

規模が一般的な場所より大きく本格的。
子供たちは大はしゃぎ。

僕も嬉しいし楽しい。
201608車中泊⑧



こんな感じで今年の夏も無事に遊び、無事に帰還。
201608車中泊⑨


あーつかれた(笑)

でも楽しかった。


いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR