FC2ブログ

太平洋戦争時、秘匿名称を持つほどの軍需品。それは「こんにゃく」

こんにゃくパーク⑩
※こんにゃくは5年に1度花を咲かすという

● 名称:こんにゃくパーク
● 場所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
● http://konnyaku-park.com/index.html
● 開館時間:9:00~18:00
● 休館日:不特定のようです(公式HPをご確認ください)
● 入園料:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日



群馬県の特産品のひとつである「こんにゃく」
好物だというお子さんは少ないと想像するが、果たしてどのように作られているのか?には興味を持つかもしれない。

そんな群馬一押しの特産品を広く知らしめるためにある「こんにゃくパーク」は無料でありながらなかなか充実した施設。

この手のミュージアムは関連器具や、かつての製造道具の展示などで展開されているパターンになるが、ここは製造工場が併設されており、、、もしくは製造工場に関連施設が設置されており、予約無しで工場見学ができる。
なので、大人にも人気がある。

と、書き続けるとだらだら文章になるので、以下に施設内容を箇条書き。


①工場見学ができる
②様々なこんにゃく関連食品が山ほど売っている
③こんにゃくを加工して調理した、様々な料理が「無料」で食べれる
  → バイキング形式で、試食ではなく「がっつり」食べれる
④5箇所の足湯が敷地内にある
  → 工場の熱を利用
⑤こんにゃく作り体験(要予約)
⑥外の広場で遊具で遊ぶ
といった感じ。


地味な食材だが、アレンジの仕方によって変幻自在。
子供より、ここは奥さん方のほうが興味深い場所かもしれない。







※※※




工場見学に連れて行ってあげたいな・・・・


以前からそんなことを考えていたが、予約が必要だったりして面倒と感じていた。

そんな矢先、ふと目に留まったのがここ「こんにゃくパーク」
ふらっと行って、工場見学ができる。

動機としてもうひとつ。

我が家の長男の大好物はこんにゃく(笑)
お祭りなどの際、お小遣いを渡すと、かなりの構成比で「味噌田楽」に使ってしまう。


と、言うことで訪問。


訪れてみると、驚くほどの訪問者がいてびっくり。
人気スポットなのかもしれない。
駐車場に停まっている車のナンバーを見ると、全国津々浦々。

施設は予想外にトロピカル。
こんにゃくパーク①


さっそく工場見学!!
とはせず、ちょうどお昼時だったので「こんにゃくバイキング」に並ぶこととした。

こんにゃくパーク⑦

様々な料理に「化けた」こんにゃくたち。

ラーメンの麺
ナポリタンの麺
焼きそばの麺
お刺身
カレーの肉
ヨーグルトのフルーツ
などなど

もちろん味噌田楽もある。
長男は味噌田楽を山ほど取ろうとしたので、慌てて静止した。
こんにゃくパーク⑨


ダイエットを目指す女性にはうってつけかもしれない。
ちなみにこのバイキングかなりの量が食べられる。

結果、お昼はこれで満足となった。

ポイントとしては、お昼時にバイキングは利用しないほうが得策。
とにかく混む(笑)

お昼時に訪問なら、先に工場見学をすることをお勧めしたい。
きっと、工場見学が終わった頃には、バイキングも空いているはずだ。


工場はバイキングと同じ施設にある。
色々な工程が見れる。
想像とおり興味深い。

・・・が、訪問した日はあんまり稼動しているように見えなかった。
お昼休み中なのか、もしくはほとんどの工程がオートメーションで、人が少ない状況でひっそりと生産できるのかもしれない。

こんにゃくパーク②

見学には順路があって、その順路にそって見学する。
よく調べてはいないが、工場でつくられているのは株式会社ヨコオデイリーフーズの品・・・だと思う。


見学が終わったたら、お買い物。
とにかく、あらゆるこんにゃく加工品が売っている。
特売もある。
案の定、長男は味噌田楽を沢山買い込んだ。
こんにゃくパーク4④


途中で気がついたのか、「味噌田楽の味噌」だけも購入。
要するに、セット品が無くなってもこんにゃくさえ買えば、いつでも味噌田楽が食べられることに気がついたようだ。


さて、お腹一杯食べたし、初めての工場見学もできたし、我が家にしては珍しくお土産も買ったし、帰ろうか?と思ったら、子供たちは足湯につかりたいと言い出して、5箇所ある足湯を全て堪能の運びとなった。
こんにゃくパーク⑥

なんで「足湯」があるのかな?と、訪問した際疑問に思ったが、工場の廃熱を利用しているとの事で納得。



ということで、ここ、楽しいです。






※※※

あとがき




こんにゃくは「芋」から製造される。
その大きさはとても長い。
こんにゃくパーク③


またそのこんにゃくは5年に一度花を咲かせるという。
ロマンチックな設定ながら、けっこうグロテスクな花だ。


そんなこんにゃくは、太平洋戦争の最中は、一般家庭の食卓に並ぶことはなかった。
理由は軍需品扱いとなったからだ。

ご存知の方もいるかもしれないが、日本軍の奇策「風船バクダン」の原材料だったためだ。

コードネームは「ふ号兵器」

第二次世界大戦に使用された兵器としては最長飛距離を誇り、その最大距離は約7700km。
アメリカ本土を直撃したこの風船バクダンは、大陸間をまたいで使用された兵器としては世界初となる。


こんにゃくが何に使用されたのかというと、風船の材料を接着させる「糊」であった。
機密性と強度を高めるために開発された。

この風船の材料はなんと「紙」

当時のアメリカ軍も、この風船の材料が紙であることはすぐに突き止めたようだが、接着剤に何が使用されているのかは解らないままだったという。

嘘のような本当の話だが、いずれにしてもこんにゃくはこんな事のためにあるのではない。


美味しくいただけなければならない。


長男よ、たらふく食べろ。
遠慮は要らない。
なぜなら、僕は、あまり好物ではないからだ(笑)
ごめんなさい。

こんにゃくパーク⑤





スポンサーサイト



理想の女性像


僕の好みの女性はサザエさんにでてくる花沢花子さん。
なのでサザエさんシンドロームとは縁が無い。
花沢さん

花沢さんはキュートだ。


***


先般の小江戸川越訪問の際、道すがら見つけたPOP。

僕はセンスの良さに大喜びした。

さざえさん①


できれば、花沢さんヴァージョンも見たかった、、、、。
さざえさん②



戦争を知らない子供たちであることを誇りに思ってもよいと思う

広島④
※それは、教科書から飛び出したリアル







※※※

その昔の大きな戦争のことを、書物や映像や、そういったもので知識として認識していても、やはり経験した方々の壮絶さはうかがい知れない。

我が家の長男も、来年は6年生だし、歴史を学ぶ学年なので、少なからず教わるのだろう。

けれど、僕にしても子供たちにしても、それは歴史として学習するに過ぎず、経験にはならない。




先日、広島に出張に行った。

東京から前泊前提で移動。
早朝、ホテルで朝食をすませ、オフィスに出社する前の時間を利用して、原爆ドームを見に行った。

広島は2度目だが、前回は四国への出張への止まり木で、一晩の宿として立ち寄ったに過ぎなかった。
なので、チャンスがあったら一度訪問してみようと思っていた。

広島という土地のことは良く知らないのだが、広島市街地は路面電車が沢山走っていて驚いた。
しかも車両は、近未来的なものから、銀幕の中で見るようなレトロなものまでと、新旧入り乱れていて面白い。
広島①

時間があったら乗ってみたかった。

広島駅前から原爆ドームは、近いようで少し離れていて、寒い朝だったが、歩き続けるうちに薄っすら汗をかいていた。

歴史的建造物は世の中に数あるが、この遺産は特別な存在だと思い込んでいる。
けれど不思議な事に、ドーム脇を多くの人々が通勤通学のため通りすぎていたが、だれもドームにわき目も振らず、何事もないうように通り過ぎていた。
きっと、僕も見慣れた光景であれば、同じようにやり過ごすのだろう。

広島③


それほど大きくは無い建物は、初めて見る僕にとって思いのほか存在感があった。
想像していたよりも近寄ってみることができたからかもし知れない。

その傷跡は生々しく、物凄いインパクトがあった。
広島⑤


言い表す適切な言葉は無いが、簡単に言うととても怖い印象だ。
やはり、壮絶なもので、経験などしたいとも思わない。

しばらくぼんやり眺めていたが、気がつくと始業時間が近づいていて、あわててオフィスに向かった。
あんまりあわてすぎて、まったく反対側の方角を突き進んでいしまったのだが、、、(笑)





※※※


付録。

今年の広島は熱い。
特にカープネタは町中いたるところにあふれていた。

愛されてるなぁ、、、
広島②


こどもとおでかけ、あるいは回顧録


相互リンクのお誘いを頂きました。
想定をしておりませんで、とまどいつつも、ありがたくお受けさせていただきました。


↓↓↓ ご紹介サイト ↓↓↓
リンク・こどもとおでかけ回顧録


図らずも、ブログタイトルに「こどもとおでかけ」を掲げられているブログです。


僕のように淡白で平坦な文章しか書けない者からすれば、抑揚のある文体は爽快かつ愉快で、ある意味ドラマチック。

例えば、海外の映画やドラマなどで、子供に、または両親に「愛してる」なんて言っているシーンがあるけれども、そんな文化に違和感を感じさせないほど、家族愛が伝わります。

「こどもとおでかけ」をコンセプトに、その記録を綴り、紹介されていますが、伺い知れることとしては、いつか、成長した子供たちと懐かしむ事を狙っているのかな?なんて想像したり。

ああ、なるほど。

だから「回顧録」なのか。

ということで、是非ご訪問ください。


リアル版・江戸東京博物館

小江戸川越①
※ 以前、東京丸の内で正体を失うほど酔っ払い、気がついたら歩いていた通り(笑) もちろん自宅とは全く方角が違う場所。





場所:埼玉県川越市・・・の駅周辺
遊び時間:1日


埼玉県にありながら、江戸を名乗るこの駅前周辺には、古い建物が軒を連ね、7.8ヘクタールの区域が重要伝統的建造物群保存地区として選定されている観光地。

小江戸とは、「江戸のように栄えた場所」という意味があるそうだが、この川越は実際に江戸文化と縁が深いそうで、江戸城と川越城は同じ人物により築城され、さらには川越街道により繋がっている。

そんな古い町並みの散策は大人向けではあるが、子どもにも楽しい場所がある。
菓子屋横丁。

かつて江戸好みの菓子製造を行って栄えたとも言われているが、関東大震災の際、東京への菓子供給拠点として賑わっていたそうだ。
そんなお菓子の販売店が集中する場所は、平成13年環境省の“かおり風景100選”に選定されたそうで、子どもでも楽しめる場所だ。


たまには、子供だけでなく、大人も楽しむお出かけも悪くないはず。








※※※


「川越に行こうと思って、、、」

少し前、奥さんが予定していたイベントが何かの理由で流れ、そして、なんとなくそれを思い出し、

「行ってみようか?」
と、家族で出かけることとした。


小江戸川越。



趣き深い名前ではあるが、駅前は立派な繁華街。
若い人たちで賑わっていた。

さて、小江戸文化に触れるため、そんなカジュアルな駅前で観光地図を眺め作戦会議。
小江戸川越②


ちなみにサングラスのイケ面は、僕ではなく奥さん(笑)



駅前の繁華街を少し行くと、徐々に趣きが変わってくる。
やがて、古い町並みへタイムスリップ。
小江戸川越③

江戸時代、、、というよりは、「はいからさん」時代の風景。


途中銭洗い弁天に立ち寄る。
参道の脇には、足つぼを刺激する仕掛けがあった。
行きも帰りも試す。

誰もが悲鳴をあげながら歩いていた。
小江戸川越④


不思議なことに「輪投げ」が設置されていた。
子供たちは喜んで、運試し。

しかし、何故「金運」狙い?
学業にしなよ、、、。
小江戸川越⑤


町並みはなかなか悪くない。
小江戸川越⑧



通りの風景を撮る奥さん。
その奥さんを撮る僕。
小江戸川越⑦

建造物の歴史観はごちゃごちゃしているけれど、レトロな雰囲気が延々と続く。

僕はお出かけ先でめったに名産を買ったりしないのだが、ここのサツマイモのお菓子は食べてみたくて奥さんにおねだりした。
小江戸川越⑨


なんか雰囲気に負けてしまってね(笑)


やがて、子供たちのお楽しみの、菓子屋横丁に到着。
小江戸川越⑩

それほ広くは無い一画なのだが、駄菓子屋さんが軒をつらねる。
子供たちのテンションも上げ上げだ。

主に駄菓子なのだが、そうではないものもあったり。
小江戸川越⑪


お土産なんかも売っている。
小江戸川越⑫

露店もあって、なんだか楽しい。
小江戸川越⑬


妙なお菓子が売っていた。
そそられたのは僕。
奥さんにオネダリして買ってもらった。
小江戸川越⑭


駄菓子の海老せんでたこ焼きを挟んでたべる。
一つ120円。
わりといける。
小江戸川越⑮

こんな感じで、大人も子供も楽しめる素敵な場所だ。
小江戸川越⑳


今回、一つ残念な事があって、それは、小江戸川越のランドマークタワー「時計台」が修復工事中でお目にかかることができなかったこと。
小江戸川越⑲


まあ、それでも楽しく過ごせたので、お勧めです。
小江戸川越⑱



※※※

付録



近隣の埼玉は狭山。
茶所と情の厚さで有名。

そんな狭山茶を素材にしたコーラが売っていた。
小江戸川越⑯


興味深いので話の種に買ってみた。
予想に違わず緑色。
小江戸川越⑰


さてお味は、、、、?

まあ、現地でお試し下さいな。



鉛筆立て爆弾

スプラ②
※イカ軍団来襲
  このキャラクタフィギュアは、一頃プレミア価格で出回っていた。
  僕的には気が知れないと思うが、、、。







※※※



良し悪しを棚上げすると、我が家はゲームに対し放任主義的で、平たく言えばやり放題のほったらかしだ。

奥さんがゲーム好きということも要因のひとつ。
Wii-Uは、リビングに2台設置されているし、ニンテンドーDSにいたっては、自宅に何台あるか解らない。

僕はゲームはほぼやらないので、この件に関してはあまり絡まないのだが、子ども達と奥さんは、まるで友達のようにゲームの話題でよく盛り上がっているので、コミュニケーションツールとしては否定できない、、、、、かな(笑)


奥さんは日課として、必ずやっているゲームがある。
巷では大会が開かれるほどの人気の「スプラトゥーン」。

奥さんはこのゲームに首ったけだ。
スプラ-画像


インクを塗って陣取りを競うのがゲームの基盤となっているが、ほかにも楽しみ方があるようだ。

そのゲームの中で使用される武器に「吸盤ボム」というのがある。
爆発して辺りにインクを撒き散らす装置。
スプラ-画像-2


長男は、この吸盤ボムを作りたいと言い出して、部材を100円ショップで買出しした。


本体は缶カンの貯金箱。
オーソドックスなやつ。

「足」にあたる吸盤は、文字通りの「吸盤」
トイレのつまり改善の際のアレ。
その吸盤部分を「棒」から取り、缶の底に接着剤で固定する。

最後は本体デザイン。
長男はパソコンの画面を見ながら用紙に書き込む。
これを、缶に貼り付けて完成。

スプラ①


そして、出来上がりがこれ。

なんだか酷い、、、、、(爆笑)
スプラ③

鉛筆立てとして使用している。
一応、実用的だ(笑)

羊のレクイエム

羊のレクイエム④
※千と千尋の「油屋」のモデルのひとつなんだとか・・・・




※※※





世の中には、よく解らない事が沢山あるが、大概は知らずとも日々の営みに影響はない。

その、よく解らない事のひとつに、「弟は何故死んだのか?」というのがある。

おそらく、両親も理由を知らないのではないかと思う。


いや、僕には何も言わないだけで、もしかしたら知っているのかもしれない。
けれど、僕が知ることはたぶんないだろう。


弟の死後、両親は改宗をし、仏教徒になった。
恐らく、何かにすがろうと思っての事ではない。


元は八百万の神々に使える神道だったが、たぶん、神道よりも故人に対して思い敬う儀式的な要素に安心感をみつけたのだろうと思う。
仏教の何たるかを何も知らないので、僕の勝手な想像だ。

僕には相談も無かったし、特に否定もしない。


仏門に入った両親は、その後、独自に弟を弔うため、弟の遺品、特に子どもの頃のものを夫婦揃って一通り目を通し、そして焼却したと言っていた。

「おにいちゃんのこと、色々作文に書いてあったよ」


何が書いてあったかは、両親は教えてくれなかった。

まあ、世の中には解らないことが沢山あるということだ。







子どもの頃、お世話になった方々は沢山いるが、今年なくなった「おばさん」もその一人だ。
遠方の地で、さらには不便極まりない土地で暮らしていた。

結婚時、新婚旅行にも行かず、真っ先に奥さんを連れて行ったのが、この「おばさん」の家だった。
結婚式らいしい結婚式をしていなかったので、奥さんを紹介したかったのだ。


僕はおばさんにお線香をあげようと、その遠方に足を運ぶことにした。
奥さんは仕事だったので、子ども達を連れて行った。


その前に、久しくしている弟のお墓もお参りをした。
子ども達にお墓の掃除をしてもらい、お線香をあげ、手をあわせた。




おばさんの住んでいた場所は、山奥の、そして何もないところ。

少しだけ、子ども達と散歩をした。
弟と歩いた場所。
兄弟を見ていると、こんな感じだったのかなと考えたり。
羊のレクイエム②


一通りの目的を果たした頃には夕方。
日帰りには少々きついため、おばさんの住んでいた土地で、一晩を過ごすことにしていた。

羊のレクイエム⑤



いつも旅行は車中泊。
ホテルなど泊まったことがなかった。

子ども達は興味深げに、部屋だけでなくホテル内を散策していた。

食事前にはホテル自慢の温泉を済ませ、着たことが無い浴衣にご満悦。
羊のレクイエム①



しんみりとした場所にあるホテルは、風情があって鎮魂旅行にうってつけだった。

神道での鎮魂は、生きている者の「みたま鎮め」
この日は、僕の御霊沈め日でもあった。

羊のレクイエム③





いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR