FC2ブログ

ぼくらの時代






僕が子供のころは、電子遊具の類は浸透しておらず、日々の遊び道具と言えば、道に転がっている石や空き缶。

別にそれが偉いわけでも何でもない。

ただ、そうだっただけで、何が言いたいのかと言えば、僕は奥さんのようにTVゲームの技を教えてあげることはできないが、その辺のものを使ってそれっぽい遊びを教えてあげることはできるという事。


夕方間際、いつものように次男がTVゲームに飽きて「どこかに行こうよ」と言いだした。
これから?という時間だったので、車でそれほど遠くは無い、僕が次男くらいの時に遊んだ場所に一緒に行くことにした。


ただの河原。

川遊び④


今思えば、当時の親御さんたちは大らかだったのか、適当だったのか、それとも案外小さい子供なりに危険察知能力があったのか、僕らは子供たちだけで、学校が終わると河原で日がな一日遊んでいたが、不思議と事故の類は一度もなかった。

まあ、次男が一人で河原に遊びに行きたいと言っても、僕はNGを出しますが(笑)

そんなわけで、意外と河原で遊ぶ事のない次男には興味深げ。


田畑用の引きこみ用水路。

ここに発砲スチロールのトレイを浮かべて流して競争して遊んだり。
古風だが、笹舟競争なんかもした。
川遊び①


とは言っても、川遊びの王道は「水切り」だ。

手本を見せると、「とうちゃん、すごい!!」」と食いついた。

「平べったい石を選んで、よこから投げるんだよ」

次男は、一生懸命平べったい石を探す。
僕も探す。

次男はなかなかうまくできない。
それでも、何度も挑戦。
川遊び③

シンプルだけど、やっぱり子供には楽しいようで、飽きることなく続ける。

最後は遠投。

反対岸まで届く事はないが、少しずつ遠くに届くようになっていく。
川遊び②


僕らは良く、流れてくる流木などをめがけて当てるのを競ったりした。

こんな遊びしか知らないけど、意外と楽しいでしょ?




それにしても、長男、最近遊んでくれない、、、(涙)
スポンサーサイト



numb 【形容詞】 ・・・(悲しみ・疲労などで)まひした、無感覚になった








その青年は繊細な見た目を裏切らず病弱であり、その生い立ちも暗く影のあるものだった。
青年期に受けていた性的虐待や同時期に経験する両親の離婚。
現実から逃れる為の薬物使用やアルコール依存は16才の時点で分水嶺を越えようとしていた。

身内による努力もあって、現実世界に引き戻されはしたが、それとの引き換えなのか虚弱な肉体と精神を武装するかのように全身をピアスと刺青で覆い尽くした。

そんな彼が亡くなったというニュースは瞬時に世界を駆け巡った。数時間後には、その死因は自殺であり、さらに数時間後には少し前に同じく自殺した親友の後追いだったのでは?の憶測も流れた。

7月20日。

先の5月に自殺した親友の、奇しくも誕生日に自らの命を絶った為だった。





マルチプレイヤーの「マイク」、別名「篠田 賢治(シノダ ケンジ)」

彼の率いるロックバンドは、デビューアルバムでビルボード初登場16位。
このインパクトは当時衝撃だった。

結果、2~3千万枚をセールし、当時のティーンエイジャーでアルバムを持っていない人間を探すほうが困難と評された。
その後、グラーミー賞を始め、数々の賞を総なめにしアルバム総セールスは6千万枚とも7千万枚とも言われている。


僕にとっては、ハードロックの理想的進化を遂げたサウンドであり、大変失礼な言い方になるが、アメリカンロックとは思えないほど繊細でナイーブだった。
とは言っても、骨抜きなサウンドではなく、むしろ攻撃的で反抗的で怒りと悲しみに満ちている・・・というのが僕の印象だ。

よく言われる事だが、あらゆるジャンルの利点を上手に融合したサウンドは、おそらく多くの人が聴きたかった姿の具現化だったのだと思う。
デビューアルバム以降、留まるところをしらないヒットの連続は、たぶんそんな裏付けがあってのことだと想像する。

バンドの名前は「リンキン・パーク」
リンキン③


以前もこのブログ内でネタとしたが、まさかこんな形で追悼する事になるとは思わなかった。


織りなすサウンドの真新しさもそうだが、よく語られるバンドの魅力として、リードボーカルの力量がある。
元々はデビュー前のバンドオーディションでの採用であり、結成に際してのオリジナルメンバーでは無い。

実しやかに語られる逸話として、同じくオーディションに来ていたヴォーカル候補達は、彼の歌を聴いて驚愕し、何もせずその場を立ち去ったと言う。


僕も初めて曲を聴いた時、マイルドでクールなラップボーカルと、少年のように可愛らしく美しいヴォーカルと、身を切るように大声で激しくシャウトするヴォーカルとが混載していて、「いったい何人ヴォーカルがいるんだ?」と思った。

実際にはツインヴォーカルで、主にラップとコーラスを担当するのはマルチプレイヤーのマイク・シノダで、メインヴォーカルはチェスター・ベニントンという青年だった。
彼が少年のような優しいヴォーカルと激しいシャウトの主であり、ヴォーカルオーディションの面々を歌声で蹴散らした人物だった。

容姿を含め、繊細さがにじみ出ている彼は、サリンジャーの小説の主人公のようで、薄氷のような危うげな空気をまとっていた。
リンキン④


そんな彼が自殺したというニュースは、本当に衝撃的で、職場での昼休みに何気なく見ていたネットニュースに大声を出してしまった。

けれど、不思議さを感じなかったのも正直な思いだ。
容姿から滲み出る繊細さは、想像し共有することがかなり困難な闇からくるものだったのだろうと考えた。
もちろん、僕には知る由もないし、勝手な想像でしかないが、、、。



非道徳的で社会的協調性が乏しいバンドに見える風貌だが、実際には決してそんなこともなく、社会的クリエーター集団だ。
特にポリシーがあったわけではないだろうが、世界各所の自然災害など救済イベントには欠かさず参加する勢いだったし、ボランティア活動で被災地を訪れていたなどというニュースを良く見かけた。

日本でも、さりげなく東日本大震災の石巻市を訪問していたり、チャリティアルバムに参加していたりする。

余談になるが、拾いあげると日本贔屓な面があり、ターンテーブル担当のDJハーン(韓国)は元々デザイナー志向であり、F1で奮闘する小林可夢偉のヘルメットをデザインしたりしている。
また、ガンダム好きでもあり、プロモーションビデオにさりげなくガンプラが登場したりする。

リンキン②



ガンダムに関してい言うと、関連ゲームの主題歌をバンドが担当するなど、意外なところで縁がある。

余談ついでに言うと、マイク・シノダ(篠田 賢治)の弟は同志社大学に留学していいた。





お勧め曲を色々考えたが、1曲で全てを知るに最適かなと「numb(ナム)」を選んだ。
美しいメロディで聴きやすいし。


曲タイトルの「numb」は形容詞で直接的な意味を汲み取りづらい。

ミュージックビデオから勝手に解釈すると、「協調したいが協調されず、社会から切り離され自己の感覚も無くなって行く」という心境を一言で表したのかな?と想像する。
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を連想した。

この危うさは、自ら命を絶ったチェスター・ベニントンの心境そのものかもしれない。

何れにしても、チェスター・ベニントンの少年のような可愛らしい歌声と、魂を切り裂くシャウトの両方がバランスよく聴けるので、是非一度チェックして頂きたい。
あ、あとマイク・シノダのラップもクールだ。








扉の向こう側にあるものは果たして真理か?





ロサンジェルスのとある高校で発見された謎の図。
これは何か?で話題だったようだ。

ハガレン①




知っている人はニヤっとしたに違いない。

答えは「人体練成陣」

人間を作り上げる魔法陣。
禁忌(キンキ)であり、ご法度の禁じ手だ。

ハガレン③



この練成陣の術者は「真理の扉」まで飛ばされ、不相応な練成の代償として自らの人体を失う。
誰も成功したものはいない。

↓真理の扉に描かれるレリーフ
ハガレン⑤




人間の練成には「人体・魂・精神」の三つを練成する必要がある。

肉体は人体を構成する元素や物質を基に錬成を行う事は理屈上可能だ。
但し、魂・精神という練成の枠を超えたものは、物質練成体系の枠を超えてしまう。

この枠を超えるに際し、術者は旧約聖書にある生命の樹を携えた「真理の扉」なるものを見ることになる。
この扉を抜けるには練成用語で「通行料」(同等の対価)が必要だ。

練成の大原則は「等価交換」。

つまりは、人体練成を行うために通り抜けなければばならない「真理の扉の通行料(同等の対価)」は、誰も払えないということになる。
これが真理であり、人が人を練成することなど自然の摂理以外ではなしえない。

故に禁忌ということになる。






実写映画になる「鋼(はがね)の錬金術師」
通称「ハガレン」


6000万部を売上た有名なコミックだ。

ハガレン②



「名前は知ってるよ」
そういう方も多いかと思うが、作品の全体感を知っている人はあまりいないのかも知れない。


死んだ母親を錬金術で蘇らす事に失敗した兄弟は、その代償として、兄は手足を、弟は体のすべてを失い、その失った体を取り戻す事ができるかも知れない「賢者の石」という謎の物質を探し求める、、、、、的な概要だ。
この賢者の石は、錬金術で人を作る(蘇らせる)人体練成において、自らの肉体と精神を対価とせずに等価交換を可能にする、、、かもしれない、、的な設定。

読み手によっては主題となるテーマは違うかもしれないが、骨子はこれだ。


僕個人のこの作品に対する興味は、作品の不思議な生い立ちと、魅力的で細やかな設定にある。




まずはTVアニメ版。

同じ物語でありながら、主題の違う作品が「2種類」ある。
どちらもTVアニメシリーズとして放映されたが、ラストが違う。


ハガレン⑥



この二種類の発生は、コミックの連載と同時並行でTV放映がなされた事に起因する。
当然、TV放映はコミックに追いついてしまう。
よくある話だ。

けれど、他と違うのがコミック連載をあっさり「追い越して」放映がなされた事。
つまりは、まったく違うエンディングに向かって、違う作品として製作され続けた事にある。

こんな事はあまりないのだが、素晴らしかったのが、原作とまったく違う展開になりながらも、TVシリーズの物語の完成度は極めて高く、「たるむ」事なく最終話まで走りきった事。
その完成度は、内外で賞を受賞するだけでなく、最終回のその後の続編が映画化され、ヒットするほどだった。

個人的には、オリジナル作品よりも、このパラレル作品の方が好みだったりする。
かねてより時々取り上げる「魂の方割れ」的な要素が主題になっていたからだ。






とは言っても、オリジナルはやはりオリジナルであり絶対でもある。
なにより、オリジナルの面白さは別格だった。

異例ともいえるが、連載の最中、再びTVアニメ化がなされた。
今度はオリジナル作品を忠実にアニメ化したもの。

先に完成したTVアニメシリーズ同様、連載との同時並行で、「追いつく」というリスクはあった。
そして追いつくのだが(笑)

自分の知る限り、例のない処置がなされたのが、連載の最終話とTV放映の最終話は、確か同時期発表に調整されたと思う。
2010年7月に連載とTVシリーズは同時終了した。

オリジナルからくみ取れるのは、元始よりこの世の「物」「事」「精神」「魂」はすべて記録され、共有されているという「アカシックレコード」。
「真理の扉」はそのアカシックレコードへの入口であり出口となる。


特異な登場人物として、傲慢、色欲、暴食、嫉妬、強欲、怠惰、憤怒の「七つの大罪」を具現化した人造人間(ホムンクルス)や、生体練成の研究で生まれた悲哀の合成獣(キメラ)など、人体練成を目指す歴史の中での副産物が物悲しく描かれている。
また世界観の設定として、戦争、兵器、差別、怨恨など「欲望」の副産物もちりばめられ、物語を彩っている。


この、「魂の方割れ」と「アカシックレコード」という二つを同じ素材で別々に描いた「ハガレン」は、僕の中でちょっとしたヒット作だ。

まあ、実写版を見るかみないかは別の話だが(笑)

でも、ちょっと興味はある(笑)

ハガレン⑦





うっかり長男







幼かった子供たちにあわせて、よくテレビを観た。
おかあさんといっしょとか、そういう類。

不思議と楽しく観ていたのを覚えている。

ほのぼのとした感じに、多分和んでいたんだと思う。


そんな幼児向け番組の中でとりわけお気に入りだったのが「うっかりペネロペ」
可愛らしい作品は、僕のお気に入りでもあった。

テレビとか、あまり興味を持たなかった長男。
少しだけ、ペネロペには興味をしめした。


それに気が付いた奥さんは、直ぐ様絵本を全巻買い揃えたりした。

今でも子供部屋に並んでいて、時々思い出したように読み返す。

可愛らしい作品だなと今でも思う。





学校公開のある日。

六年の長男の教室を覗いた。
色々な制作物が壁に飾られていて、興味深く眺めてまわった。

そんな中に、自分が読んだ本をみんなに推薦する張り紙があった。
絵が添えられていて、その絵にぼんやりとした記憶があり目に止まった。


ペネロペの絵本の紹介であり、よく見れば長男のものだった。

全てがひどいが、ずば抜けて絵がひどい(笑)
ペネロペ①

本物はこうだ。

ペネロペ②


ギリギリ微笑ましく思ってしまうのは、親の贔屓目か。
まあ、仕方ない。


それより、ちょっとビックリする記述があった。
ペネロペ③

いや、書かないし、、、(笑)



まあ、確かにこの作品は商用の企画作品であるのでニュアンスは確かにそうだが、、、。


作者はゲオルグ・ハレンスレーベン、アン・グットマンご夫妻。

ペネロペ⑤

可愛らしい絵は奥さんの作画かと思っていたが、調べたら旦那さんのほうだった。

それにしても、とんだ「うっかり屋さん」の長男だ。


バッカスがごとく浴びるのは、ワインではなく命の水・・・あるいは炭酸水。







天気は真夏のそれ。


久しぶりに子供たちの通うバトミントン練習に参加。
子供たちに混ざって、どっちが教えてもらっているのか解らない感じで一緒に練習をした。

体育館は蒸し風呂のようで、五分とたたず汗が溢れだす。


改めて思うことは、兄弟がお世話になっているクラブチームで、長男が最上級生になっていること。
実力はともかく、、、。

大きくなったなぁ、、、、(喜)

バトミントン


子供たちは、練習中2リットルの水分を飲み干す。
僕は炭酸水を1リットルあっけなく飲み干した。

命の水だ。





夕方、ジムに行こうと思っていたが中止。

もう運動はお腹いっぱいで満腹だ。

こんなんでジムに行ったら死んじゃうから(笑)

早くビールが飲みたい。


未確認動物発見


休日。

次男と散歩。

長男はすっかり出不精になってきた。
要するにゲームに夢中。

次男はゲームを遊び倒せない為、しばらくすると退屈を持て余し、どこかに行こうよとなる。
この日はのんびりと近所を散歩。

オーソドックスな公園でしばらく遊ぶ。

その時、僕は妙なものに目がとまった。

「なんだこれ?」

しばらく考え込み、そして爆笑。

最近色を塗り変えてのメンテナンスがなされた模様。
しかし、この色、、、、。

もはや原型が解らない(笑)
これ、何の動物?

UMA①


たぶん、エリマキトカゲだということは理解できるが、色を塗った方の遊び心に拍手だ。
パステルカラーの襟巻をまとい、ビビットなお口を開けている表情はもはやファンタジー。
あご下のえりまきの境目にいたっては、蝶ネクタイと化している(爆笑!!)

まいった。
センス・オブ・ワンダーを感じる。


UMA発見だ!!!

ああ、今見ても面白い!

傑作です!!

家族のグルメ・シーズン1







休日の夕方。

いつものように公園で、特に目的を持たないトレーニングにいそしむ。
少し息も上がり始め、ぼちぼち仕上げだなと言う頃合いに、長男から電話がかかってきた。

「父ちゃん、晩御飯食べに行きたいんだけど、、、、あそこ、、、、ほら、中華屋さん」

中華屋さんと言われて、思い当たる場所は無い。
しかも、僕は基本的に外食をしない。
なので、行きつけの店などありはしなかった。

「父ちゃん、行きたいって言ってたじゃん」


ああ、と思い当たる。

僕が外食を嫌いうので、奥さんと子供たちは平日に外食をしたりする。
特によく行くのがご近所の中華屋さん。
文字通りの中華専門店で、けれど、お値段はかなりリーズナブルとのこと。
手っとり早く言えば、中国の方が営んでいる中華定食屋さんだ。

「父ちゃんも行ってみたいな」

いつだったか、子供たちが美味しいんだよという話題に対して言った事を思いだいした。
そんなわけで、トレーニングは消化不良となったが、子供たちのせっかくの気遣いもあり、僕は急いで自宅に戻った。






「ビールセットがお勧めだよ」

子供も奥さんも同じことを言う。
ビール1杯に単品料理が2品で1,000円。
奥さんも同じものを頼み、単品料理は4品となった。

この単品料理は結構種類と量が多い。
4品の単品料理を奥さんと山分けして十分に満腹になれる。

僕は実はピータンが大好き。
なのでオーダー。
中華屋さん③

子供たち、不気味な見た目に箸がたじろく(笑)
美味しいのに。

単品はこのほかに、マーボ豆腐、油淋鶏、そしてなぜかポテトフライ。

長男はラーメンとチャーハンのセット、次男はチャーハン単品をオーダー。
いずれも量が多く、結局は家族でとりわけながらでないと、食べきれない量だった。

中華屋さん②


食事中、地元に住まいと思われる中国の方々が来店。
中国語でオーダーし中国語で店員さんが対応。

しばらくそんなやりとりが、笑い声とともに飛び交う。
雰囲気は屋台街(笑)

中国の方が食べにくるということは、それなりの味なのかもしれない。

徒歩で来たので、気兼ねなくビールを頂き、子供と奥さんが食べきれない分を消化して、僕はお腹がいっぱいとなった。

帰り。
長男に手を引かれ、お腹を先頭にして歩いた。

また来てもいいかな(笑)

中華屋さん①

前向きに敗北宣言


休日。

ぐずぐずした天気。
雨が降らないことが約束されていない為、日がな一日ゆるゆる過ごす。

洗い物と掃除と、一応の洗濯を終えて床屋さんへ。

いかがなものかと若干思うが、僕の基本的な髪形はライトモヒカン(笑)
短時間でさくっと仕上がる。
今回もばっちりだ(爆笑)




夕方。

最近思うことがあって、前言を撤回したい。
何かと言うとジムに行ってマシンを使うことにした。

「ジムなんて行かなくたって、公園での運動で十分だ」

そう思っていた。
けれど、ウエイトは絞れた状態を維持できているが、いかんせん筋肉が維持できない、、、というか付かない。
寄る歳なみによるものなのは百歩譲って理解はするが、なんとかならないか?と考えた。

「機械を使うか、、、、」

敗北感を味わいつつ、床屋の帰りにジムに行った。
その前に、屋内用のシューズが無かったので買うことにした。

千円ぐらいのがあるといいなぁ、、、

近所の靴屋さん。
さすがにそんな都合のよいものは無かった(笑)
ただ、2,000円以下の商品が意外と豊富だった。
その中の一つ、1,680円(税抜)

十分だ。
靴

あれ?

なんか足小さい(笑)
いまさら?

ちなみに25cm。




想定していたが、ジムでメーンバーカードを出すと「!?」と係の人の反応。

「これは、有史以前の貴重なカードですね(笑)。現在はこれです」
そう言って新しいカードを見せてくれた。

とはいえ、新しいカードに名前を書くだけ。
無料更新。

「お帰りのころには、出来上がってます。どうします?以前のカード、記念に持ち帰りますか?」
「記念にならないから、いらないです(笑)」

そう言って破棄をお願いした。

とりあえず、久しぶりだったので、一通りのマシンをおさらい。
使い方を思い出しながら、自分に合う負荷をセッティング。

まあ、確かに便利は便利だ。
これは認めざるを得ない。

課題はフットワークの練習ができない。
そんなマシンは無いから(笑)

あ、ランニングマシンはあります。
相変わらず一番人気だった(笑)


ちなみに、ジム使用料金=2時間200円。
安いっ!!


いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR