FC2ブログ

お詫び



いつもご訪問頂いている皆様方。

真に申し訳ございません。

少々忙しくしておりまして、更新がままならない状況が続いております。

可能な範疇にて更新を続ける所存に御座いますが、今暫くお時間賜りたく。

宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



自由課題・・・それは公園でなんとかする・パート②

愛川公園_201708_000
※ 遊ぶだけじゃないよ


● 神奈川県立愛川公園&宮ヶ瀬ダム
● 場所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423
http://www.aikawa-park.jp/
● 開園時間
  8;30~18;00(4月~9月)
  8:30~17:00(10月~翌3月)
● 休業日:12/29~1/3
● 料金:無料
● 駐車場:500円(普通車)
● 遊び時間:1日



幾度となく登場の本公園。
遊ぶだけの公園ではなく、体験施設も併設されていてとても便利で楽しい。

この公園で体験できるのは
・藍染
・紙すき
・機織り
・陶芸
・木工

料金はまちまちだが、各カテゴリ内でも複数のメニューが用意されていて、かつリーズナブル。
今回、和紙はがき(押し花入り5枚)コースを体験しいたが、料金は一人800円。
無地のはがきだと600円。

体験できるメニューを数えてみたら51種類あった。

藍染コースなどは、Tシャツ染めやスカーフ染めもあって、大人にも良いかもしれない。
見本はかなり粋で御洒落な仕上がりだった。

大人も一緒にどうぞ。









夏休みの自由課題。

とりあえず此処にくればなんとかなると確信していた。
そしてなんとかなった(笑)
愛川公園_201708④




今回選んだのは「和紙作り」
所謂「紙すき」だ。

受付を済ませ、体験教室に移動。
空いていたので、待つことなく直ぐに開始となった。
愛川公園_201708⑤


紙は原料となる植物繊維を水に溶かし、それを「すく」事で水抜きを行い、乾燥させて作る。
たぶん・・・。

ということで、あらかじめ原材料を溶かした状態のものが用意されていて、そこから和紙をつくる行程を一通り経験できる仕組みになっていた。

ということで、先ずは紙すき。
愛川公園_201708⑥


選んだサイズは「はがき」。
木枠に原料をため込んで、まんべなく広がるように、水を切りながらゆすって行く。
子供たちはおっかなびっくり。

上手にできたら、木枠から平台にうつす。
そしてどういう理由なのか良く解らないが、水をかけていく。
愛川公園_201708⑦


一旦原型が完成したところで、本物の落ち葉を乗せる。
目的は小粋な模様の演出。

紙と紙でこの落ち葉を挟み込んで、一枚のはがきを作る。

愛川公園_201708⑨


ちょっと色々作業工程があったが、ざっくりだと、すいた紙を水抜きして、縦型の巨大なアイロンで乾かし乾燥させてしあげる。
写真で背中を向けているのが長男だが、この長男がやっているのが巨大なアイロンで和紙を乾かしているところ。
この鉄板、実は「熱い」

こちらを向いてぼんやりしているのが次男だが、次男はすいた紙を平らにならしているところだ。

愛川公園_201708⑧


仕上げは、郵便番号を書く欄を「はんこ」で押印。
思った以上に風流なはがきができあがった。
愛川公園_201708⑩



公園には色々な楽しみ方があって、飽きることがない(笑)

はがき





いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR