FC2ブログ

GOD’S IN HIS HEAVEN.ALL’S RIGHT WITH THE WORLD






車中泊旅行2日目の記事を書こうと思ったが、写真の整理がまったくできておらず。

まあ、ゆっくり行きますか、と。


週末、出かけたりしない時は、家事やらなにやらを黙々とこなし、夕方はジムに行くやら、ロードワークに行くやらで時間を潰す。
公園でのトレーニングは日没を視覚的に感じるので案外気に入っている。

ゆうやけ




何もしないでいるよりは格段によいだろうし、最近は生産性の無い時間にも焦りを感じることがなくなった。

歳をとった証拠なのかもしれない。


さて、僕の神は、今どこにいるのだろう?

「天にいまし、、、」
そう言ったのは、年に一度しか休みが無い、紡績工場で働く少女フィリッパの言葉だ。
その言葉を赤毛のアンがそらんじ、そして少女フィリッパの言葉はヱヴァンゲリヲンのネルフのマークに刻印された。

「神は留守だよ」
ブラックラグーンのシスターエダはそう言う。

果たしてどっちが正解だ?








スポンサーサイト



下町だけど、ロケットだってボブスレーだって、なんなら公式アスレチックだって請け負います。

平和の森公園②
※ シーズン2の相棒、その名は次男(笑)


● 平和の森公園
● 場所:東京都大田区平和の森公園2番1号
https://www.city.ota.tokyo.jp/midokoro/spot/hot_news/top_athr.html
● 休園日:特に無し(アスレチックは月曜休み)
● 開園時間:特に無し
  アスレチック=9:30~16:30(入園は15:00まで)
● 料金:公園は無料
  アスレチック料金:高校生以上360円、中学生以下100円
● 駐車場:30分100円(約200台分あり)
● 遊び時間:1日


日本が世界に誇る「町工場集積地」。

そんな東京大田区に、かなり楽しめる公園がある。
複合的な公園で、対象は子供たちに限らない。

テニスコート、弓道場、アーチェリー場などの施設のほか、なかなか見かけないビーチバレーコートもある。

何より満喫したいのが、東京23区では唯一、フィールドアスレチック協会「公認」のアスレチックがあることだ。
障害物の数は約40基(たぶん・・・)

特にお勧めは、水上障害物と、すり鉢状の、所謂「蟻地獄」

いずれにしても、遊び倒せること請け合いだ。

訪問するにあたって注意点は
① 閉園が早い(16:30)為、午前中から入園する。
② アスレチック内には飲食する為の販売はないので、お弁当を持っていく。
③ 水上アスレチックの為に着替え全般と靴の交換用を用意する。
だろうか。

実は、アスレチックは公園施設の一部でしかなく、公園とその周辺を楽しむためには、朝一番くらいから訪問した方が良い。

公園施設近隣には、かつての大森海岸を再現した「大森ふるさと浜辺公園」や、ぶっちゃけ休憩にはうってつけで、綺麗な景色を眺めながらのんびりできる「大森 海苔のふるさと館」がある。

たまには、喧騒慌ただしい東京で遊び倒すのもいかかがだろうか?










「おねんちゃんのところに行ってくるね」
奥さんは、長男を連れて朝早く自宅を出た。


5月のゴールデンウィーク。
車中泊旅行初日。

僕らは2チームに分かれて別行動となった。
決して仲がぎくしゃくしていたわけでは無く、奥さんにはどうしてもこなさないといけない用事があり、長男は姉夫婦に遊んでもらいたく、そして次男は公園に行きたい、といった環境があって、初日は別行動となった。

夕方ころ、横浜に住む姉夫婦宅から奥さんと長男をピックアップするに、近隣で次男と遊ぶのがうってつけと考え、どこか良い場所はないものかなとインターネットで画面とにらめっこをした。


「こんな都会に結構なアスレチックがあるもんだ」

僕と次男はのんびりと都心を抜け、町工場密集地を抜ける。
たどり着くと、近隣の倉庫群やらビルやらから隠れる様に、緑豊かな公園が現れた。
子供たちの遊び喜ぶ声が聞こえてきて、気もそぞろに次男は駐車場に停めた車から飛び出す。


全体像を記した掲示板を見る。
ちょっと全てこなせないんじゃないかと思う程充実していた。
平和の森公園⑬


オーソドックスなタイプも豊富で、まずは次男は肩慣らしを始める。
ゴールデンウィークという事もあってか、そこそこ混んでおり、順番待ちの箇所がいくつもあった。

「番号順にこなしてたら全部クリアできないよ。だから空いてるアスレチックからどんどん行くよ」

僕は次男に声をかけ、番号順にクリアしようとしていた次男を促す。
遊び始めれば、消化順番なんで関係ない。

平和の森公園⑭


アスレチックの障害物の中に、興味深いものがあった。
デザインは前方公園古墳のようで、円の部分はすり鉢状。
斜めになった箇所を下に落ちずに走り抜ける。

平和の森公園⑫


いわゆる「蟻地獄」は子供たちに人気。
次男は何度も挑戦し、そして一度もクリアできず。
それもそのはず。
滑走箇所は直角に近い。

平和の森公園⑪


体も温まってエンジン全開。
であれば、少々冷や汗をかいてクールダウンしようと、水上アスレチックエリアに移動。

いくつかの水上アスレチックがあったが、次男はなぜか水面に設置された丸太タイルを渡る障害が気にいったようで、何度もチャレンジをしていた。
平和の森公園⑨


「落ちたらどうしよう?」

次男が僕の顔色をうかがう。

「安心しなよ。着替えなら沢山もってきてるから。存分に落ちてきな」

僕はそう言って次男を見守る。

たぶん確信犯で、そうなるまでやり続けようと考えたにちがいない。
次男は、結局池に落ち、周りのギャラリーから喝采を頂いていた。
平和の森公園⑩


気が付けばアスレチックは閉園間近。
ずぶ濡れになった次男を着替えさせるには頃合いだ。

僕らは車に戻り、次男は適当に御色直しを済ませた。
暗くなるまでにはまだ時間がある。

僕らは、公園付近をふらふらと散策することにした。

程無く、芝生が敷き詰められた清々しい丘が現れた。
次男は駆け出す。
遠くには、シンボリックな長尺滑り台が見えた。
平和の森公園⑤

しばらくそこで遊んだが、なんとくなく眺めた景色の中、何かの施設が目にとまった。

「海苔のふるさと館?」

なんだろうと、僕は次男と一緒に閉館間近の建物に入った。

平和の森公園⑧


そこは、よくある地元特産物の歴史資料館。
正直、海苔の生い立ちには興味はなかったが、整備された建物は居心地が良く暑い日など、のんびり涼むにはうってつけだと思った。

平和の森公園⑥

ちょっとした学習施設もあるし、お弁当などを食べるに適した展望室もあった。

平和の森公園⑦

のんびりをきめたかったが、程無く閉館。

僕らはさらに敷地を散策。

当ても無く道なりに進むと今度は、浜辺が現れた。
少々人工的な風合いだが、綺麗に整備されていて景観が美しい。
平和の森公園④


次男が駆け出す。

「遊んでいい?」

一応の確認はするも、僕の答えを待たず水に飛び込む。
まあ、そんなもんだ。

平和の森公園③

水辺まで行くと、海岸線が遠くまで続いているのが解った。
公園にあるジャブジャブ池としてはスケールが大きい。

そして次男は、再びずぶ濡れになった。

まあ、着替えなら沢山あるしね。



そして僕らチームの車中泊初日は終了した。


今回の車中泊先は栃木県。
さて、奥さんと長男を迎えに行くか。










いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR