FC2ブログ

家族の肖像





「今日、引っ越し先、母ちゃんと見に行ってきたんだ」

自宅に帰ると、次男が楽しそうにそう言った。

離婚してから、思えば幾月が過ぎている。
この間、奥さんから時折でていた話で、子どもたちを連れて家をでるという、まあ、そう言う事を意味していた。

「へ~、どう?良かった?」

僕はご機嫌にしている次男に合わせて、ワクワクした感じで尋ねた。

「えっと、、、」

次男話す代わりに、壁にかけてあった家族間で使っている連絡ボードを手にとり、テーブルに乗せると、そこに何やら書き始めた。

どうやらそれは、奥さんと見に行った物件の間取り図のようだった。

「ここが玄関だよ。それで、そのすぐそばに部屋があって、お兄ちゃんとオレの部屋なんだって」

次男はとても嬉しそうに話した。

僕はスーツから寝間着に着替えながら、ニコニコとする。

君たちの部屋はこの家にあるんだよ、と心の中で突っ込みを入れたり。

初めにこの話しが出たときには、幾ばくかの動揺もしたのだけれど、時間をかけて状況を受け入れられるよう気持ちを整理してきてもいた。

それは、大きな布を丁寧に丁寧に折り畳んでいく作業のようだった。
この儀式のような作業は終わらなければよいのに、などと思う事もあったが、どうやらもうすぐで終了のようだ。

「それで、オレたちの部屋の隣りがお母さんの部屋。それから、ここが台所で、、、、あれ?トイレどこだっけ?」

次男が考え込む。
けれど程なく思い出し、トイレの場所とお風呂場を書き足した。
そして、当然ではあるけれど、僕の部屋は出てこなかった。

「楽しみかい?」

僕が尋ねる。

「うん」

次男は満面の笑みだ。

「そうか、それはよかった」

僕は笑いながら、ビール缶をあけ、換気扇を回しタバコに火をつけた。
多分、今の僕にできる精一杯のことがこの程度だったからだ。

長男は薄々僕と奥さんの事には気がついているようだった。
言葉にしないのは、僕と奥さんは決して仲が悪いわけではないのと、いや、どちらかというと、とても仲が良いのを仄かな希望として捉え、考えないようにしているからかもしれない。

「父ちゃんは、この家に残るんでしょ?」

次男が尋ねた。

「うん」

「じゃあ、休みの日には友達呼んで、この家で遊ぶよ。いいでしょ?」

「もちろん」

僕が答える。

そして少し考え込む。
多分、子どもたちの物は何もかもこの家からはなくなるだろうし、仮に遊びに来たとしても楽しんでもらえないかもな、などと。

突然次男は立ち上がると、一生懸命書いた間取り図を消し、連絡ボードを抱え込んで隣のリビングに移動した。

そして背中を向けて座り込むと、連絡ボードに何やら書き始めた。

僕は二本目の缶ビールを明け、奥さんが作っておいてくれた夕御飯を食べ始めた。

まあ、なるようになるさ。

そう考えて食事をとった。

「できた」

次男は連絡ボードを隠し持ちながら戻ってくると、書き込み面を下にしてテーブルに置いた。

「トイレ行ってくる。それ、見てもいいよ。下手くそだけど」

次男はそう言ってダイニングを後にした。

僕はそーと、裏返しになっている連絡ボードをひっくり返した。
そこには、宣言通り下手くそな絵が書かれていた。
それはどうやら人間で、四人いて、皆手をつなぎこちらを向いて笑っていた。

暫くして戻ってきた次男に「これは何だろう?」と尋ねた。

「左端は父ちゃんだよ。隣がオレで、その隣がお兄ちゃん。それで右端が母ちゃんだよ」

そういって笑った。

僕は改めて連絡ボードに描かれた絵を見た。
そして、暫く言葉を忘れたように絵を眺め続けた。

一つ違和感に気がつく。
四人は笑っているけれど、僕の手を取る次男の口元だけ笑っていなかった。
まるで、僕の手をつなぎ止める事に必死で、家族であることを維持しているようにも見えた。


「おれ、家族が好きなんだよ」

次男が照れたように言う。
僕は、次男の頭に手を置いた。
そして撫でながら、もしかしたら次男も本当の事を知っているのかも、と考えた。

次男は自分にできる限りの方法で、僕ら家族を繋ぎとめようとしているのかもしれない。

「この絵、暫く消さないでよ」

僕は次男にお願いをした。
気まぐれな次男は直ぐに消してしまうかもしれない。

それでも良いか。

こんな素敵な絵は、人生の中で、なかなか見ることはできない。

「さて、宿題やったかな?まだならいつものように父ちゃんと一緒にやろうか?終わるまでつきあうよ」

そう言うと、次男はニコニコしながらランドセルを持ってきた。

「安心して。手付かずだよ」


そう言いながら、次男はランドセルをひっくり返して、中身を床にばらまきながら笑った。















20181030225747afd.jpg
スポンサーサイト



継続は底力なり




「運動しに行くよ」

僕は次男に声をかける。
最近、夕方のロードワークに次男が同行する事が多い。

次男はひいき目に言って少々おでぶだ。
決して体を動かす事が嫌いなわけではないし、億劫だったりもしない。

恐らくは食べる事が好きで、体を動かす量が追いついていないのだ。

「父ちゃん、運動にオレも連れてってよ」

休日の夕方、僕はいつも目的のないトレーニングに出かける。

行きつけのジムには連れていけないが、ロードワークであれば一緒に連れて行く事は可能だ。
どうやら次男もおでぶには自覚があるようで、奥さんから「父ちゃんと一緒に走ってこい」と助言がでたようだった。

おつむの都合で勉強は教えてあげられないが、運動なら任せてくれ。
父ちゃんは筋金入りの体育会系だ。



「うん、行こう」

次男は元気に返事を返した。
渋々でない所はよいことだ。

とは言え、僕が普段走るコースはさすがに走り続けられない。
なので、所々歩いたり。

2018102420475976c.jpg

ノープロブレム。
有酸素運動は30分程こなせば良い。

やがて僕らは公園に到着する。

呼吸を整えたあとは、ユルユルとストレッチを30
分程続ける。

201810242145081fa.jpg



それが終わればお待ちかねの筋トレだ。

みんな大好き腕立て伏せから、腹筋、背筋、スクワットと、ゴールデンメニューをこなしていく。

公園には遊ぶだけではなくトレーニングに使える遊具も多い。
活用しない手はない。

20181024205027fee.jpg

次男が取り組んでいるバトミントンとは少々違うかもしれないが、テニスのフットワーク練習もメニューに入れてある。

とは言え、まあ、僕のエンジンが暖まった頃には、次男は大概ぐったりしてしまうのだが(笑)

20181024205145aeb.jpg

次男がベンチでへばっている間を使って、自分の為のメニューを続ける。

「父ちゃん、頑張れ~」

次男が声をかける。

おいこら、おまえさんが頑張れ、、、




帰りはいつも、次男のリクエストで走らず歩いて帰る。

そしていつも、次男と色々な話をしたりする。
これは僕へのご褒美だなと思う。

子供と色々な話をするのは、なんて楽しいのだろう。

父ちゃんの体が動くうちは、いつだって一緒に運動するからさ。

また、次の休みもよろしくな。

2018102420465860d.jpg




ドナドナが聞こえる







「大変!ハンドルが動かない!」

定時前、職場でエクセルと睨めっこをしているさなか、奥さんから電話があった。

突然の説明で、要領が得なかった。
けれど、とにかく気になったので僕は尋ねた。

「それって、まさか車で走ってる最中じゃないよね?」
「いい?そのまさかよ。走ってるの!電話は子供が持ってて、スピーカー通話にしてる。とにかくハンドルが曲がらないの!」

「ええっ?!」

一大事だと言うことは直ぐに理解できた。けれど何が起こってるのかよくわからなかった。

「車、直ぐに停められる?大通りでも構わないから、直ぐに停めて!」

僕も慌てる。
何はさておき車は停めないとならない。

「停めた方がいい?」
「勿論、直ぐ停めて!」

携帯からは、子供たちの慌てふためく声と、奥さんの「あー、ハンドルがぁ、、」の声が聞こえてきた。

状況は尋常ではなかったが、奥さんは裏通りに入った所に車を停める事ができたようだった。
僕は一安心し、状況を改めて確認することにした。

「ハンドルが全然動かないの?」
「ちょっとは動く。だけど、停まったら全然動かない。あと、バッテリーランプが点いてる」

なる程と思った。バッテリーの蓄電容量が少なくてパワーステアリングが機能していないのか。

「バッテリーが上がりかけてるのかも?ちょっとその場でエンジンかけっぱなしで様子みようか」

僕が言う。
奥さんはしばらく黙った。

「それよりマクドナルドいこうよ。お腹が空いたし」

長男の声が聞こえた。

「どんだけ馬鹿?それどころじゃないの解らない?」

奥さんが声を荒げた。
僕は電話口でクスッと笑った。
何より、惨事にならないで良かったと思った。

「爆発したりしないよね?」

奥さんが言う。

「大丈夫だよ。ちょっと様子みよう。十分位したら電話するよ」

そう言って僕は電話を切った。





「どう?」

再び電話をかけて、僕は尋ねた。
すると、想定にない回答が返ってきた。

「だめ、まだハンドル動かない。それより変なマークのランプが点いた」
「え?どんなの?」
「ヨット」
「ヨット?」

僕は何の事か理解できなかった。

「写真、送ってよ。何のことか解らないから」

程なく奥さんから写真が送られてきた。
なる程。
確かにヨットだ。

ただ、状況は悪化しているのも解った。

201810222154537e5.jpg

どうやら、エンジンを冷やす為のファンが回っていない事が想像できた。
つまりは、オーバーヒート手前だ。

「車、動かしてもいいかな?」

奥さんが言った。

「目的地は近い?」
「うん、すぐそこ。行けるかな?」
「走ってみようか?ハンドルどう?」
「走ると少し動く」
「オッケー、慎重に行こう。電話切らないでよいから、走っちゃって」

暫く奥さんが重たいハンドルと格闘している声が続いた。
けれど、程なく目的地にはつくことができた。

目的地は体育館で、その日の夜に次男が出場するバトミントンの大会が開かれる場所だった。
たまたま早めに目的地に向かっていた為、次男は無事に大会に出場する事ができた。

「体育館の人に、事情を話して車おかせてもらってよ」
「うん。そうする」

奥さんはそう言って電話を切った。



数日後の土曜日。
僕は車を見に、バトミントンの大会があった体育館に向かった。
運の悪い事に、その日は雨で気分をどんよりとさせた。

扉のロックを解除し、スライドドアにてをかけると、予想外にも自動で扉が開いた。

なる程。
何とか走れた訳だ。
バッテリーはまだ死んではいないようだった。

僕は運転席から、ボンネットを開けるレバーを引っ張った。
ボンと音がしてボンネットが少しだけ持ち上がる。

「ああ、やっぱり」

エンジンルールを覗き込んで、そして僕は肩を落とした。

発電を行うオルタネータのベルトが、なかなか無残な姿で切れていた。

20181018204518005.jpg

原因はわかったが、さてどうしたものか?と思案しつつ、僕はダッシュボーを開けた。
しまってあった自動車保険証をひらき内容を確認する。
もしかしたらロートサービス特約を契約してあるかもしれなかったからだ。

そして、そのあては良い方に的中した。
レッカー代だけではなく、何ならタクシー代も宿泊代も規定範囲内は無料だった。

保険会社に連絡すると、程なくレッカー車が駆けつけた。
どこからきたのかわからないが、一時間もかからなかった。

搬送先は最寄りのディーラーとした。
行ったことはなかったが、ディーラーなら間違いないだろうとおもったからだ。

勿論、事前に電話をして許可は貰っておいた。

車は雨の中、荷台に乗せられて運ばれて行った。

なんとなくドナドナを思いだした。

20181018204713f83.jpg


安心しろ。
直ぐに迎えにいく。

だからまた、元気になって僕らを冒険につれていってよな。




追記。

車がレッカーで搬送された後、体育館の方にお礼を伝えた。
とても親切に対応頂いた。
感謝致します。



ペッピーノ一座はいまいずこ?






僕は電気屋さんに行くのが好きだったりする。

特に欲しい物があるわけでもなく、ましてや必要な物があるわけでもない。

何となく顔を出しては、ああ、こんな製品があるんだな、、などと、デジカメコーナーで一眼レフを覗いたり、電子ピアノコーナーで、ポロンと音を奏たり。

子供が興味をもつものがあれば、製品の目的とか機能とかを説明したり。


そんなわけだから、お店の方からすれば招かざる客と言うことになる(笑)

時々出くわすのが、メーカー主催の販促イベント。

20181016225540dce.jpg


子供向けの催し物があると、参加させて貰ったり。

201810162256535ed.jpg


意外と子供はたのしんで過ごす。
いつか買うことがあったら贔屓にしたい(笑)

20181016225323451.jpg


子供と一緒に、邪魔にならないよう気をつけながら店内をクルクル。

20181016230309fa6.jpg


疲れたら、マッサージ機をお試し。
いつも試してばかりでごめんなさい。

201810162307478d4.jpg





ショッピングモールとかにはあまり行かない。

たま~に行くが、イベントがよく行われていて、いったなりに楽しかったり。

大道芸の類にでくわすと、僕も結構夢中で見てしまう。
間近でみる磨き上げた技の数々だけではなく、芸風に合わせたキャラクター設定や、徐々に難易度を上げていく盛り上げ方や、「これ、めったに成功しないんです」と前説しつつ、確実にこなす最高難度の技の披露の仕方など、学ぶものがあったりする。

201810162310562b7.jpg


僕はいつも夢中でみてしまい、惜しみなく拍手を送る。

大道芸は人を楽しい気分にさせる、なかなかの発明だなと思ったり。

大道芸の人達は大概子供に人気だし、子供好きだったりするような気がする。

違うかな?

201810162313242a8.jpg


以前、子供たちがお世話になっていたバトミントンのクラブチームでお楽しみ会があって、どういう流れでそうなったのかは解らないけれど、手品を披露する羽目に陥り、なので、訳も分からないまま僕と長男とで披露できそうな手品を色々しらべて、さらには手品のタネも自分達で手作りしたり。

大した手品ではなかったけれど、とっても盛り上がった事を思い出した。

楽しかったな。


ちょっとお試し


テストページです(笑)

先日、相棒次男と出掛けたものの、目的地がお休みという痛恨の失態。

その時の一枚。

画像縮小は基本パソコンで行うのですが、自前のパソコンを持っていないため、スマホでやったらどんなぐあいだろう?、、と(笑)

20181016220144d57.jpg

進め!科学少年

コニカ⑯
※宇宙は割と身近にあった。



● コニカミノルタ サイエンスドーム
  (八王子市こども科学館)
● 場所:東京都八王子市大横町9-13
● https://www.city.hachioji.tokyo.jp/shisetsu/003/p011705.html
● 休業日:月曜日
● 開館時間↓
  土日、祝日=10:00~17:00
  火~金曜日=12:00~17:00
● 入館料金
  高校生以上200円、中学生~4歳100円
  *土曜は中学生以下は無料。
● プラネタリウム
  高校生以上500円、中学生~4歳150円
  *土曜は中学生以下は無料。  
● 駐車場:無料
● 遊び時間:半日~1日



建物は小さいが、コンパクトにまとまっていて退屈することは無い。
同様の大型施設も数あるが、見劣りしないのは工夫のなせる技だろうか。

化学等の学習施設である故、実験教室やプラネタリウムもあり、それらの利用時間を考慮すると、滞在時間は1日中になるかもしれない。

プラネタリウムは世界的トップメーカーである「コニカミノルタ」を冠るだけあって美しい投影だ。
※尚、施設名称はスポンサーネーミングライツによるもので、実際の運営は八王子市が行っている。

実は我が家はこの施設によく行っていた。
雨の日や天気が覚束ない時に確実に遊べるからだ。
けれど、思い返せば初掲載。

本施設をご存知の方もいらっしゃると思うが、だいぶ前に訪れたということならば、改めて訪問するのも良いかも知れない。
何故ならば、全面リニューアルされていて、なかなかセンスの良い施設に変身しているからだ。

これから寒くなる季節を迎えるにあたって、お勧めです。






今回、この施設は2週連続で次男と訪問した。
次男はかなりお気に入りで、大喜びしていた。

その記事のMIX版でお届け。

次男の洋服が違ったりするが、「早着替え」のなせる技ではない。






「厚いね~」

次男が言う。

「厚いね~」

僕が答える。
今年の夏はうっかり外に出ることもままならない。
命にかかわるからだ。

「どっかいこうよ」

次男が言う。

「どっか行く?」

僕が答える。

この日も殺人的な暑さで、うっかりした場所には出かけられない天候だった。

「あ、そうだ、かなり久しぶりに、こども科学館に行ってみようか?」

東京西部にある八王子子ども科学館が、名前が変わってリニューアルされている記事を読んだのを思い出した。
屋内施設で、いつもなら雨の日利用なのだが、まさか天気が良すぎて屋内施設を利用する事になるとは思わなかった。


「いこう、いこう」

次男がはしゃぐ。

僕らはいつものようにお弁当の準備をして、そして出かけて行った。





見た目は好天で景観が素晴らしいが、実際は暑くて溶けそうな天気であった。

コニカミノルタ①


駐車場はそこそこ広く、80台はとめられる。
そして、その駐車場わきには、なぜか営団地下鉄時代の丸ノ内線車両が飾られている。
中にも入れるので、子供は喜ぶのだが、この日、案の定車内は蒸し風呂だった(笑)

コニカ⑳


この手の科学館はどこにでもある。
大概が格安施設で、利用価値は高い。

ここ、コニカミノルタサイエンスドームはその中にあって比較的小さい。
けれど、レイアウトに無駄が無く、屋内デザインも洒落ていてその狭さはネガティブ要素になっていない。

コニカミノルタ②

科学館がコンセプトの施設は、学習用の「仕掛け」が多く設置されている。
大人でも「そうだったんだ、、、」的に学べる。
けれど、子供はその科学的仕組みや、学習目的の展示物の本質など気にもしない。
それで、良いと思う。
なぜなら、僕らは遊びに来たのだ(笑)

コニカミノルタ③

いくつもの仕掛けの中で、心に残るものがあれば、いつの日か幼いころに触れた展示物のメッセージに気が付くのかもしれない。

コニカミノルタ④


様々な仕掛けは、容易に子供たちの心をつかむ。

コニカミノルタ⑥


特に夢中になる展示物があったならば、一緒に夢中になるのも良いかもしれない。
同じ視線で同じようにはしゃげば、子供はもっと楽しく過ごす。

コニカミノルタ⑤


沢山ある仕掛け展示物。
一つ一つの紹介は割愛。

コニカミノルタ⑦

何度も書くが、ここの施設はせまい。
その分、展示物が密集していて息つく暇もない程イベントが目白押しだ。

コニカミノルタ⑧

子供たちは走り回る。
目に入る展示物を片っ端から試してみたくなるからだ。

コニカ24


やがて、お昼になる。
この施設には売店、及びレストランの類はない。

できればお弁当持参がお勧め。

ちょっと面倒だな、もしくはそんな時間が無い場合、一度退館して外食するのも手かも知れない。
都下とは言え、痩せても枯れても東京だ。

少し歩けば飲食店が見つかるはずだ。
たぶん、、、(笑)

僕らはお弁当持参とした。
あまり広くないが、食事がとれるスペースがある。
コニカ⑰

遊びに行く際は、できるだけ、こんな感じでお弁当を持ちこみ、食べる事にしている。
古臭い感情なのかもしれないが、遊びに行くときはいつでもお弁当を皆でワイワイしながら食べるのが楽しかった事をおぼえているからだ。

子供たちも、出かけるときはお弁当を持参するものと覚えてくれたなら嬉しいかも。
父親になった際、家族で出かける時には、お弁当作りからイベントの始まりで、楽しみの時間がそれだけ増えるというものだ。
ちょっと面倒に思う事もあるが、、、(笑)



本題に戻ると、お弁当を食べる場所には、マンモスの化石が展示されている。
次男は早々に食べ終わると、興味深げに眺めながら、僕が食べ終わるの待って過ごした。

コニカミノルタ⑨


ああ、そうだ。

ここの施設では、時間制のイベントが大枠で3ヶ所ある。

① プラネタリウム
② 実験や手作りを楽しむワークショップ
③ 宇宙に飛び出し、様々なミッションをクリアーするシュミレーション

これらは、時間が重なってしまう傾向がある為、入館の際一番にチェックをして、何をいつやるかの計画を立てる事をお勧めする。

僕らはワークショップ参加をあきらめて宇宙ミッションを予約。

コニカミノルタ⑫

時間になったら、イベント会場にGO!

そこは、うす暗くも、かなり作りこまれていることが解る。

コニカ⑮


参加者は地球軌道上にある人工衛星に対し、様々なミッションでサポートを行う設定だ。
オペレーションデスクのモニターには幾つかの指示が表示される。

コニカ⑱

モニタを確認しながら操作を行うのだが、その際ナビゲーションを行ってくれる人物がいる。
若い男性でかなりのイケメンだ。

コニカ⑭

このイベントへの参加はかなり人気なので、チャレンジの場合は真っ先に予約を。
朝入館していても、うっかりすると夕方チャレンジとなってしまう可能性もある。

万が一そうなった場合のお勧めはこれ。

コニカミノルタ⑪

平たい積み木を、ただひたすら積み上げていく「積み木」

実はこれ子供より大人に人気だ。
子供を適当に遊ばせておいて、お父さんなりお母さんなりが本気で積み上げていたりする。
工夫次第ではちょっとした建造物も組み上げられるので、始めれば本気度が高くなってしまうのかもしれない。

なにはともあれ、その場の皆はバベルの塔を組み上げる。
「さあ、我々の街と塔を作ろう。塔の先が天に届くほどの。あらゆる地に散って、消え去ることのないように、我々の為に名をあげよう」
※ 旧約聖書の「創世記」11章より

そして、末路はやはりこれだ。

コニカ⑬


次男が一番夢中になった仕掛けはこれ。

コニカ⑲

狭いフロアーの天井に張り巡らされた、ボールを送り込んで落下させる仕掛け。

コニカ23

何てことない仕組みなのだが、その場に居合わせた子供たちは競って参加していた。

次男が特に喜んでいたのが、落下してくるボールを誘導する「仕掛け」を作る遊び。
落ちてくるボールは、子供の顔の位置くらいから野放しでの落下となる。
そこからは、ボールが落ちて行く経路を自分で作ることができる。

コニカ21

経路の仕掛けは、壁に磁石でくっつける事ができ、その創造は無限大だ。
とにかく、果てなく経路創造に没頭していた。

コニカ22

見ていても楽しかったので、子供にはたまらないのかもしれない。


遊びの〆は、プラネタリウムとした。
小さいお子さんの場合、アニメキャラとのコラボレーションプログラムが良いのかもしれないが、小学生ぐらいなら大人も楽しめるプログラムを選択した方が、プラネタリウムのポテンシャルを満喫できると思われる。



本当に何度も書くが、小さい施設ながら楽しみが満載で侮れない。
機会があれば是非。




コニカミノルタ⑬






いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR