FC2ブログ

生態に関する一考察





僕の残る家に来ては、よくイラスト書きをしている次男。

僕と同じで、読書と絵描きが大好き。
違いがあるとすれば、運動好きか嫌いかだろう。

いずれにしても、可愛いやつだ。

201906242110439cb.jpg

そんな可愛い次男が、すっかり首ったけなのが飼い始めたハムスター。

因みに、名前は「アルジヤーノン」とした(笑)

メスだけど。

20190624211232009.jpg


飼うにあたって、平日は誰もいない家なので、当然その世話の殆どを僕がすることになり、何の知識も無いまま飼う事はできないと、ネットで色々と調べることになった。

何より一番驚いたのは、その寿命の短さだ。
大概は2年ほどだそうだ。

体が小さい故なのかもしれないが、儚い一生だ。
これを知ってしまうと、日々の世話で手を抜くことがしずらい。

知らなかった特徴(生態)として、猫と同じで「毛繕い」が大好きということ。
眺めていると、それこそいつでも毛繕いをしている。

小動物故、基本捕食対象で、自らの臭いを体にまとっていないと不安なのだそうだ。
違う言い方をすれば、毛繕いをしているとリラックスできるようで、手足を舐めては、その手足を使って全身の毛を撫でていく。

この動作は極めて可愛い。
小動物ならではの反則技だ。

次男もイチコロで恋に落ちた訳だ。

それと、「砂風呂」

20190624212322969.jpg

写真の赤スケルトンの入れ物が砂風呂だ。

ハムスターは水に入らない。
その代わり、砂場を利用して全身の汚れや虫などを落とす。

砂場の中で身体をグリグリ砂に押し付けて入浴する様も反則級に可愛らしい。

それと、ハムスターはなんとトイレを覚える。

これも砂場を用意するのだが、アルジヤーノンはきちんと砂風呂用とトイレ用を使い分ることを覚えてくれた。

習性なのだが、なかなか賢くて驚いた。

まあ、一番人気の挙動は、餌を食べるさま。

小さな手に餌を持ってはカリカリ食べる仕草にはノックアウトだ(笑)

20190624211703156.jpg


あと、有名な挙動としては「カジカジ」

とにかく、気になるものは何でもかじる。

20190624212133a83.jpg

写真はオブジェの椰子の木の葉っぱをカジカジしているところ。

それと、「雲梯」(笑)

20190624211831268.jpg

両手で天井の金網にぶら下がり移動中。
早い話、脱走を試みているところ。

割とポピュラーな挙動のようだ。

あと、「回し車」

20190624220032062.jpg

遊び用なのかと思っていたが、実際は必需品で、理由は「移動」を体感させる為なのだそうだ。

ハムスターは1日に数キロのエリアを縄張りとしてパトロールするらしく、この移動ができないとストレスを感じでしまうとの事。

どうやら当人は回し車の中を走っているのではなく、「移動」をしていると勘違いしているようだ。

これも習性なのだろう。

ところがだ、アルジヤーノンは殆ど回し車を使わない。

まあ、個体差はあるようなので、運動嫌いなのかもしれないが、回し車の中をひたすら走り続ける姿にもキュンキュンしたかった、、。

ただ、アルジヤーノンは回し車が嫌いな訳ではなく、割と頻繁に回し車に乗っていたりする。

何のため?

そう、それは「寝床」(笑)

20190624211044354.jpg


使い方間違ってる、、、、



スポンサーサイト



そう言えば、家族が増えました(笑)







それは、確か、ゴールデンウイークの最終日だっただろうか、、、、。






「父ちゃん、オレ、欲しいのがあるんだ」

次男は立ち止まると、僕を見上げてそう言った。


金魚でも買おうかな、、、

僕は昔から金魚を飼っている。
現在は二匹で、水槽が寂しいし、買い増そうと思って次男と近所のホームセンターに来た所だった。


「オレ、ハムスターを飼いたいんだ」

次男は真顔でそう言った。
僕はキョトンとする。

そもそも、次男は動物の毛アレルギーが酷いほうで、其れもあってか犬が好きではなく、猫は可愛いと思っているようだったが、近づくことにはとても警戒している。

そんなだったから、まさかのハムスターを飼いたい発言はちょっとした驚きだった。

横を見るとハムスターのケージがたくさん置かれていた。
僕は一目散に金魚のコーナーに向かったので、全く気がつかなかったが、次男はその場所に引っかかっていたようだ。

正直に言えば、僕はインコとか十姉妹ぐらいしか飼ったことがなく、ハムスターの事は何も解らなかった。

僕も次男といっしょに腰をかがめて、ハムスターのケージを覗き込んだ。

たくさんの種類の生まれて間もないハムスター達がいた。

その殆どは眠っていたが、中には餌を両手で持ち、カリカリと食べていたりした。

「父ちゃん、いいでしょ。お金、オレの小遣い使っていいから」

次男は一生懸命懇願する。

「チョット待て。考える」

僕は暫くハムスター達を眺めた。
飼うと言っても、集合住宅に住む次男は連れて帰る事はできないだろう。
となれば、僕の家に置いておくになり、詰まりは平日の世話は僕がやるになる。

猫も犬も飼った事のない僕が、果たして哺乳類を飼う事ができるか?が課題だった。

「ねえ、どう?いいでしょ?」

エサを食べてる姿も、また、寝ている姿も確かに愛らしい。

「解った、買おう」

僕がそう言うと、次男は大声を出して喜んだ。
たくさんのお客さんがビックリして僕らの方を振り返った。

「一つ条件がある」

僕が言う。

「店員さんは、お前さんが声掛けして売って貰えるようお願いするんだよ」

次男は頷くと、店員を探して広い店内を駆け回った。

やがて、大人しく優しそうな店員さんをゲットしてハムスターのケージまでもどってきた。

「どの子がいいかな?」

次男に店員は訪ねた。

次男はうーんと唸りながら、いざ選ぶとなるとどうしたらよいか解らないようだった。

「どの種類が好み?」

店員は次男にそう声をかけ、次男が迷わず指差す種類の中からお勧めのハムスターを選んでくれた。

201906172324573dc.jpg

次男は気に入ったようで、薦められたハムスターを買うことにした。

ハムスターを買っても、自宅には虫かごくらいしかない。
専用ケージを買わなければならないし、餌とか、諸々を店員に教わりながら一式買い揃える必要があった。

次男は嬉しそうにそれらを選び、そして会計をすませた。

2019061723254802f.jpg


結局、金魚は買わずじまいだった(笑)





自宅に戻り、ハムスターの為に買い揃えた飼育道具を整える。

20190617232635877.jpg

ケージ、床材、そして餌。

店員に教わったところ、ハムスターは「砂浴」が好きでそれようのグッズは必需品との事だった。

いわゆる「お風呂」にあたるそうで、個体差はあるが日に何度も「砂浴」をしたりするのと、それが出来ないとストレスを貯めて具合が悪くなってしまうとの事だった。

その後、飼うにあたって、ハムスターの事を色々調べる事になったのだが、その習性は驚くほど特徴的で興味深い。

それは後日、ポツポツと書き足そうと思う。

何れにしても、砂風呂をセッティング。

20190617232728e2c.jpg


そして、連れ帰ったハムスターをケージに放つ。

新天地に舞い込んだハムスターは、視覚、聴覚、嗅覚、触覚をフル稼働して安全確認をしていた。

そのチョコマカした挙動が面白くも可愛らしい。

2019061723312790d.jpg

「ここはどこ~?」

そんな感じで、ケージの中を物凄い勢いで駆け回る。

20190617233007431.jpg


新しい家族は、ちっちゃな餌箱にすっぽり収まる生まれて3ヶ月ほどの可愛らしい女の子だ。

2019061723320607d.jpg



この時、僕と次男は、自ら招き入れた経験のないドタバタの始まりであることを想像すらしていなかった。

何はさておき、新カテゴリーのはじまりだ(笑)


乞うご期待(笑)



ある日の金曜日




最近、忙しさが増し、ヘロヘロになって自宅に帰る事が多い。

そんな週末。

やっとの事で帰宅すると、ダイニングにメッセージがあった。


その日、次男は奥さんと住むマンションを一人出て、リュックを背負い僕の残る家まで来たようだった。

晩御飯は冷凍食品をレンジで温め、お米の代わりにバターロールを焼いて食べた痕跡が残っている。

やがて眠くなったのだろう。
自分でリビングに布団を敷き、そして寝付いていた。


寝床に転がっているタブレットは、誰に向けるでもなく動画を流し続けている。



可愛い奴だな(笑)


20190611215934bd2.jpg


赤兎馬


aonekopapaさん。

近所のスーパーにコーナーができてました(笑)

青は無し、、、。

流行ってますかね?

2019061121492825c.jpg



デザイン、クールだ。



白鳥と狼

2019053021380813b.jpg
*この彫刻を観るだけでも訪問の価値ありかもしれない



● 名称:三峰神社
● 場所:埼玉県秩父市三峰298-1
http://www.mitsuminejinja.or.jp/
● 開場時間:8:00~18:00(駐車場)
● 入場料:無料
● 駐車場:510円(普通乗用車)
● 滞在目安:2時間


武闘派皇族、人呼んで「白鳥の皇子」ことヤマトタケルが創建したとされる神社(4世紀頃か、、、)。

主祭神は日本国土創造神、イザナギ(男神)、イザナミ(女神)。

イザナギは、倉橋由美子の小説の素材にもなっている「よもつひらさか(現世とあの世を結ぶ道)往還」を行ったエピソードが有名かも知れない。


死んだ妻イザナミを黄泉の国まで連れ戻しに行くエピソードだ。

最終的に夫婦は離婚しているので、僕ら夫婦にしてみれば、なかなかどうして皮肉な神社だった(笑)

地元関東ではパワースポットとして有名で、訪問するまでは、格式高く厳粛な所と思い込んでいたが、訪れてみれば、ことのほかフランクでホノボノとした穏やかな雰囲気だった。

境内入口前には、賑やかで大衆的な食堂があり、境内にはやけにオシャレなお土産屋さんがあったり。
それらは事務的に営まれている訳ではなく、とてもフレンドリーで臨機応変に訪問客に接していて、神秘的な場所ながら、人の暖かさを感じることのできる優しい場所であった。

一人や友人、カップルで訪れるのもよいが、家族で行くのも悪くないと思う。








僕ら家族の埼玉県秩父ドライブは続く。

奥さんの調べで、三峰神社には駐車場もあって、かなり近くまでは行ける事が解った。

折しも令和スタートの時。
驚く程の参拝客が車で向かっていたようで、僕らの車はある地点から全く前に進まなくなってしまった。

結果的には渋滞にはまってから二時間近くトロトロと走り、どうにか到着したのは駐車場閉場の二時間前頃だった。

驚いたのが、閉場となる時間でも、駐車場に入れず順番待ちをしている渋滞が続いていたので、人気の程は計り知れない。


どうにか到着して、真っ先に向かったのは拝殿ではなく食堂(笑)

201905302138488ce.jpg

僕らは何も食べていなかったのと、秩父駅付近で行列ができている定食屋をみた奥さんが、「あれはなに?」と興味を持ち、「多分、わらじカツという秩父のソウルフードを食べる為の行列だと思うよ」と伝えた所、「食べよう」となって、なにはさておき食事をとることになった。

そして、わらじカツ。

20190530213922612.jpg

カツが丼からはみ出している(笑)

大概は二枚の大きなカツがご飯の上に乗っているようだ。

20190530213951461.jpg


甘いタレに予め漬けてあって、ソースのたぐいは必要なかった。

美味しいし、ボリュームもあるしで、このわらじカツを色々なお店で食べ比べてみたいなと思ったりもした。


お腹が膨れたら、拝殿を目指して参道を行く。

「道の真ん中は歩いちゃ駄目なんだよ」

奥さんが子ども達に説明をする。

「真ん中は神様が通る場所だからね」

僕らは鳥居の端を進む。

20190530214031b17.jpg


全景を写真におさめられてはいないが、この鳥居は世にも珍しい三ツ鳥居という形式で、文字通り三つの鳥居が寄り添い一つの鳥居を形成している。

手前と後方に2つの鳥居がある様に見えるが、実際には、真ん中の大きな鳥居の両脇に小さな鳥居が左右一つずつくっ付いている構造だ。

因みに、狛犬は「犬」ではなく「狼」。

神社を発祥としての「山犬信仰」が根底にあるようだ。

ここでいう山犬とは、「狼」のことで、つまりは「ニホンオオカミ」を指しているそうだ。

同じ三つ鳥居で有名な神社に、「大神神社」という所があるが、名前となっている「大神」=オオカミ=狼と、何か意味深な印象を受ける。



まあ、それはさておき、ようやく参拝。

20190530214100f3b.jpg

写真は人があまり写らないよう撮っているが、実際にはたくさんの人でにぎわっていた。

立派な随身門くぐり、僕らはワイワイとしながら拝殿を目指す。

201905302141364a4.jpg


予想通り拝殿前は長蛇の列。
僕らは並びながら、けれど入手水舎でのお清めも抜かりなく行って、思い思いのお願い事を神様に伝えた。

201905302142094b0.jpg


お参りを終えた僕らは、境内を散策。

「おみくじやりたい」

そう言った長男は、ちょっとしたミラクルを発揮。

大吉ゲット(笑)

20190530214256f1e.jpg

新元号にてさい先が良い。

こかからはちょっとの時間別行動。
僕は長男と境内にあるお土産屋さんを物色。

2019053021432497e.jpg

どこぞの裏通りにある雑貨屋のよう。

面白Tシャツも売られている。

20190530214354624.jpg

久々登場、僕の左腕(笑)
イカしたTシャツだ。

こんなのもあった。
ちっちゃくて可愛い。

201905302145096d3.jpg

お土産には悪くない。


僕らはしばらく思い思いに境内を散策し、やがて合流。

201905302144277db.jpg


天気も良く、案外悪くないドライブだった。

ゴールデンウイークはまだまだ続く。

20190530214606c2f.jpg





いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR