FC2ブログ

スーパーロボがスーパーである所以




我が家に二匹目のハムスターとしてお迎えしたロボロフスキーハムスター。

通称スーパーロボ。

2019082921203552d.jpg
*寝姿がとびきり可愛い(笑)




もとは、最初に飼うことになったジャンガリアンハムスターのアルジヤーノン用に買ったケージが少々小さいとのことでケージを買い直し、けれど最初に買ったケージがもったいないと口実をこじつけ、じゃあ、ロボロフスキーは世界一小さいハムスターだし、二匹目を飼おうという流れだった。


ところが、飼い始めてから調べたら、「ロボロフスキーは運動量が多いため、大きめのケージで飼うこと」との掟が明らかになった。

それを知って次男と僕は苦笑い。

「ちっちゃいケージは駄目だってさ」

僕が次男に言うと、

「じゃあ、ケージ買わないとね」

と気楽な事を言い出した。
ただ、事実としては次男が正しい。
僕に選択の余地はなかった。


なので、僕らは再びケージを買い直すことになった。






ホームセンターには長男にも同行してもらい、ケージ探しをする事にした。

ペットショップで大きいケージや水槽やらを物色したがなかなかの値の張り具合。

値段に躊躇している時、ふと有ることを思い出した。

「ねえ、衣装ケースにしない?」

インターネットで衣装ケースをケージ変わりに使っているのたくさん見かけていた。
衣装ケースなら大きいし安いしでもってこいだ。

と、言うことで、衣装ケースを購入。
お値段780円。

20190829211514a58.jpg


早速、設置。
そして、スーパーロボはお引っ越し。

20190829213615119.jpg


奥にあるアルジヤーノンのケージと比べても格段に大きいのが解る。

スーパーロボは新天地をビクビクしながら散策を開始。
世界一小さいハムスターであると同時に、懐かない事でも有名なスーパー臆病のロボロフスキー。

震えながらの散策がいじらしい。

201908292123503f7.jpg


エリアを匍匐前進しながらパトロールを続ける。

ここは何だろう?
的な仕草が可愛い(笑)

20190829213038a8e.jpg


そこは巨大な砂場。

20190829213222e22.jpg


そんな感じでスーパーロボの引っ越しは完了した。

スーパーロボよ、御礼はいい。
だから、いつか懐いてくれよな(笑)

まあ、難易度がウルトラCなのは調査済みだが、、、、。

それにしても、寝姿はやはり可愛い。

落花生のピーナッツを枕にして寝てるww、、、

20190829212127b7d.jpg




キュートだなぁ、、、。

スポンサーサイト



夏休みの宿題




取りあえず、次男、追い込み中(笑)

201908262133465ae.jpg



頑張れ~


とある日



その日、長男がバドミントンの試合があり、奥さんと次男とで応援に行った。

次男は自分もバドミントンをするのに、全く興味がなく、長男の応援もせず試合会場でゲームで遊んでいた。

20190821211126454.jpg


まあ、むしろそれは正解で、長男はあっけなく一回戦で敗退した。

僕と奥さんは顔を見合わせては肩すくめて、「帰ろ、帰ろ」と、そそくさ退散をする羽目になった。

僕らはそのまま、僕の残る家に戻り、暫くノンビリとする。

「取りあえず、お兄ちゃんが帰ってくるのを待つかぁ、、、」

奥さんはそう言って、コーヒーを飲みながらテレビを見始めた。

次男はアルジヤーノンと遊び始める。

20190821211317e7b.jpg


僕は換気扇の下でタバコを吸いながら、奥さんと次男を眺めた。

違和感はどこにもない。

次男は飽きもせずアルジヤーノンと戯れ続けている。

20190821211401319.jpg

本当に仲が良い。

「眠くなっちゃった。ちょっと昼寝してくるね」

奥さんはそう言うと、二階にある奥さんの部屋に向かった。

奥さんが家をでる前のままなので、昼寝には不自由はないはずだ。

僕もノンビリとしながら長男が帰ってくるのを待った。

やがて、長男が戻ってきた。

「疲れた~」


そう言いながら、けれどテレビゲームの準備を始めた。

奥さんは昼寝が心地良いのか、なかなか起きてこなかった。

やがて夕方になり、僕は晩御飯の準備をゆっくりと始めた。

ちょっとだけ不思議な気持ちになった。

でも、あまり考えない事にして、ニヤニヤしながら食事の準備に取りかかる。


まあ、ノンビリいこうか(笑)


空中アスレチックなう




20190817161805388.jpg



腰が抜けるほど怖かった。

奥さんは観覧席、次男はチャレンジするも、一歩も動けずリタイヤ。

長男と僕とで、声を掛け合いながら制限時間一杯までチャレンジ。

後日、詳細をご報告。


とりあえず、今は、日陰で休んでます(笑)




にしても、本日は暑い、、、



新キャラ登場! その名はスーパーロボ




「父ちゃん、アルジヤーノンのケージ、ちっちゃくない?」


次男が言う。

確かに。

アルジヤーノンは急速におデブとなり、ケージがやけに手狭に見える。

「もう少し大きいの、買ってあげようよ」

次男はそう気楽に言ったが、ケージは易々と買えたものではない。

「ねえ、いいでしょう?」

次男は何度もそう言っては、買いに行こうと訴える。


まあ、確かによくわからないまま購入したケージは、結果、窮屈さが際立ち始めて、アルジヤーノンが少々可哀想にも思えていた。

「まあ、見るだけでもするかい?」

そう言って次男と近くのホームセンターに向かった。

そして、ハムスター飼育は次のステージに移行する事になった。





結局、そのまま新しいケージを購入(笑)

20190814173125eae.jpg


言うほど大きなケージではないが、天井が高く、全方位クリアな為、観察にうってつけだった。
かつ、後々ハムスターグッズとしてポピュラーな「ジョイントパイプを増設できる構造も備えていた。

ケージ変更につき関連備品も再購入の必要があったが、半ばやけっぱちで諸々購入し直した。

正直、出費が手痛い。

とは言え、実際の理由は、僕がすっかりハムスターにまいってしまっていることの方が動機なのかもしれない。

可愛いくて仕方がないのだ(笑)


そして、ケージ再購入の際、恐れていた事を次男が口にした。

「父ちゃん、空になったケージ、もったいないね」

がーん、、、

僕もそう思った。

そして、追い討ちをかけるように次男は訳の分からない事を言い出した。

「父ちゃん、ハムスターもう一匹買おうよ」

ああ、言ってしまった、、、、


実は、もう一匹飼いたいと思ったりしていたところだったのだ。

見透かしたように次男が追い討ちをかける。
だって、可愛いんだもの(笑)


とは言え、ケージが小さいから買い直したのだ。
同じジャンガリアンハムスターを購入しても、結果は同じだ。

最初のケージは活用出来ない。

かといって、ジャンガリアン以外のゴールデンハムスターやキンクマハムスターはジャンガリアンよりもふたまわり程大きい。

その時、目に付いたケージがあった。

そのケージには「ロボロフスキーハムスター」と書かれていた。

少ない知識で知っていることは、ペットショップであまり見かけない事と、何より「世界一小さいハムスター」の称号をもつ極小ハムスターであること。

「この子でもいいかな?」

僕は次男に尋ねた。

「この子って、どの子」

次男が質問返ししてきた。

確かに。
ロボロフスキーのケージにはロボロフスキーが見当たらない。
床材深く潜ったまま寝ているようだった。

僕は店員さんにお願いして、ロボロフスキーを起こして貰った。

ロボロフスキーは床材からヒョコット顔をだし、やがて物凄い勢いでケージを駆け回わりはじめた。

本当にちっちゃい。

「元気そうだし、この子でいいよね?」

僕は次男に尋ねたが、次男が別の子がいいと言ってもこの子を迎えようと決めていた。

噂に違わず、ロボロフスキーは物凄い勢いでケージを逃げ回り、なかなか確保出来ず店員さんも手を焼いていた。

ようやく確保して、身体チェックとウ○チチェック(笑)をして、健康体であることを確認。
ウ○チチェックは大事だ(笑)

そうして我が家に二匹目のハムスターをお迎えした。
その名はスーパーロボと名付けた。

20190814173305979.jpg


本当に小さい。
そして、可愛い(笑)

「父ちゃん、すっかりハムスターにハマっちゃったね」

次男が言う。

「お前さんが言うなよ」

僕は次男に言う。

まあ、でも、まんざらではない(笑)


ところが、ロボロフスキーをお迎えするにあたって、僕と次男はとんだ勘違いをしていたことを後々理解することになる。

ロボロフスキーは素人が飼ってはいけない。

そんな事がネットを調べるとアチコチ書かれていた。

ロボロフスキーは噂通りのスーパーロボだったのだ、、、、。


続く。






アルジヤーノンとはすっかり良好な関係だ。

憧れのラッコ食べ(笑)

20190814173359603.jpg


こんな姿も披露してくれるようになった。


いつだって、僕らは一緒だ。



お盆休みが始まった。

奥さんは子ども達を連れて実家に帰るのだが、車で送って行ってと言われ、まあ、する事もない僕としては断る理由もなく、四人でトロトロと奥さんの実家を目指した。


お昼ころになり、何か食べようとハンバーグがメインのレストランで食事をとった。

予想通り混雑していて、テーブルに着くまでにかなり待つことになったが、幼い頃と違って子ども達が愚図る事もなく、大人しく順番が来るのをまっていた。

成長したんだなと気付かされる。

20190813124357172.jpg


奥さんの実家に到着して、僕は車から荷物を下ろし玄関まで運ぶ。

「ご無沙汰です」

僕が挨拶すると、奥さんのご両親も

「暑いね~」
「上がって、冷たいものでも飲んでいきな」

と、声をかけてくれた。

離婚してからも、なんだかんだと顔を合わせたりしているので、なんら違和感のないやり取りが続く。

キッチンテーブルを囲んで皆で座り、僕は冷えた麦茶をいただきながら幾つかの話をして、そして「おじゃましました」と、席をたった。

玄関先に停めてあった車に乗り込むと、長男が家の中から出てきた。

「気を付けてかえってね」

長男が言う。

「オッケー、ありがとう」

僕は窓からグーパンチの形で右手を出すと、長男もグーパンチで拳を合わせてくれた。


長男なりに思うものがあるのかもしれない。

優しい子に育ってくれた。

父ちゃんはそれで十分だよ。



おてんば娘


ダイソーにハムスター用のブランコが売っていたので、設置してある。


が、アルジヤーノンは構造がよく解らず(笑)

乗っかってフラフラする事もあるのだが、基本「カジカジ」する。

20190809203653a16.jpg

そのたびに勢い余ってひっくりかえっている。

20190809203748a48.jpg





起き上がっては「カジカジ」(笑)

20190809203935b65.jpg

そして、どてーん。

20190809204012afa.jpg


ダメだよ、アルジヤーノン。
女の子がそんな格好しちゃ(笑)
おてんばだなぁ。



アルジヤーノンはすっかり元気で、「部屋んぽ」の際、かつての病院通いに使った虫かごに自ら入り込んで遊ぼうとしたり。

20190809204150ead.jpg

悪い思い出は早々に忘れてしまったようだ。


僕とアルジヤーノンの距離も理想的に縮まろうとしている。

最近ではすっかり僕の手の上でご飯を食べるようになった。

両思いになれる日は近いかもしれない。

2019080920451034c.jpg




忍を偲ぶ


● 忍野 しのびの里
● 場所:山梨県南都留郡忍野村忍草2845
https://www.oshinoninja.com/
● 休業日:下記アドレスをご参照下さい
  https://www.oshinoninja.com/guide/
● 料金:中学生以上=1800円、小学生=1300円
幼児=1000円
  ※入園フリーパス料金(忍者ショー観覧含む)
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2~3時間




宮下文書(古文書)に代表される魅惑的で神秘的な伝説に彩られているだけでなく、国の天然記念物でもあり、世界文化遺産でもある忍野八海(おしのはっかい)、、、、の側にある忍者村をテーマにした遊び場だ。


正直、それ程広くは無い敷地内に、これもまた正直大したことのないアスレチックが設置されている。

アスレチックの対象年齢は小学生低学年までだろう。

訪問して敷地に入った瞬間「失敗!残念、、、」と思ってしまった。

けれど、中学生である長男が、意外と楽しそうに遊んでいた。
童心に帰ったというやつだろうか。

まあ、家族で出掛けた事に意味があるな、と思ったりしたが、最後にあっと驚かされた。

入園フリーパス料金には「忍者ショー」観覧が含まれるのだが、この忍者ショーが想像以上に面白く盛り上がった。

コンセプトも「本物の忍道具」を使うになっており、それらを使ってのアクションエンターテイメント。
日本刀も本物が使われたり。


都合上、具体的に紹介できないが、この忍者ショーは一見の価値がある。

アクションに次ぐアクションの展開で目が離せない。

かなりお勧めだ。









「山梨に忍者村があるみたい」


奥さんの一言で、目的地が決まった。

その日天気は良く、ポンコツヴォクシーも軽やかに走る。

20190805215840150.jpg



たどり着いたのは、雰囲気のある忍者村。
下調べは一切していなかったので、なかなかの景観に驚いた。

201908052159575a3.jpg


富士山を望み雰囲気がある。

遊び場としての大枠設定はアスレチック。

20190805220309c8f.jpg

割とオーソドックス。
幼いお子さんには丁度良いかもだ。

201908052203479eb.jpg

忍者村らしく、こんなのもある。


201908052210101b1.jpg

ロープに引っかかると、仕掛けがカラカラと音をたてる。

もちろん石垣も(笑)

20190805221258dec.jpg

これは何故か奥さんも挑戦していた。

あと、迷路。

201908052205570b2.jpg

子供は好きみたい(笑)
このたぐいは楽しいようだ。

201908052207468d7.jpg

アトラクションとしては、定番カラクリ屋敷がある。

まあ、正直、幼児向け。
なので、小さいお子さんたちは大喜びしていた。

2019080522085229e.jpg


それ以外には、忍者道具の体験コーナーが幾つか催されているが、別料金なので体験するかしないかは選択となる。

兄弟は吹き矢を体験。
意外と本格的だった。

20190805221414a40.jpg

兄弟勝負は次男の勝ち。

2019080522150267d.jpg

そして、奥さんお楽しみの忍者ショー。

これは人気のようで、開演前早々にショーが行われる観覧席は満員となった。

残念なのが、撮影禁止の為具体的なご紹介ができない。

ホームページにいくとちょっとだけ紹介動画があるのでご参考にされたし。

201908052216123fd.jpg


ニンニン(笑)







お土産コーナーにて。

ミニ酒樽。


流行ってるのかな?

20190807233615940.jpg


いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR