FC2ブログ

リアル版「復活の日(小松左京作品)」みたいな事になっている、と言う話題になっていないのが不思議だ、、、、








「もう、出社しないでいいよ」

今から三週間ほど前だったろうか。
コロナ対策としとて、勤め先がテレワークのインフラを特急で構築完了した時に、僕は自分の部下にそう言った。

そもそも、現在の勤務地は丸の内で、言ってしまえば東京駅直結のオフィスだ。
通勤するにはリスクが高すぎる。

幸いな事は、勤め先の企業規模が、どうやら伊達では無かった事だ。
自宅にいながら基幹システムを不自由なく操る事がてきるように、たちまちのうちになっていたからだ。

なので、テスト運用開始をいいことに、真っ先にテレワークを開始した。

その時は「テレワーク=サボってる」的な印象もあって、出勤者が多かったが、気にもしなかった。

「絶対、緊急事態宣言出るから」

僕はそう言って部下を納得させた。

そもそも中国の春節(正月休み)が、得たいの知れないウイルスでそのままお休み延長になった瞬間に、ただ事でない事を理解した。

中国の春節は平常時でも世界経済に影響を与える。その春節が開けないと言うことは、世界中がインパクトをくらう。
その影響を天秤にかけても中国政府は春節のまま企業の再稼働を禁止したのだから、それがどれ程状況が悪いのかは容易に想像ができた。

折しも日本政府は「どうしようかな?」などと呑気に対岸の火事を眺めていた頃だ。

世界各国を尻目に真っ先に緊急事態対策をとったのが中華民国(台湾)だった。
さすが元同胞というか、どの国よりも中国を知っているというか、国連でも正式な国家として承認しているのが15ケ国で、国際的連携での情報量が少ないであろうと想像できるにも関わらず、どの国よりも先に中国からの入国規制を行い、マスクの輸出規制を発動させた。

その頃の日本はと言えば、中国に対し援助物資として、せっせっとマスクを中国に送り届けていた。

人道的には日本人のこの行動は間違ってはいないのだが、今回は事情が違う事に気がついている人は少なかったと言うことを意味している。

そもそも中国の武漢か封鎖された時点で、僕は別の意味で四苦八苦の始まりとなったのだが、同時にヤバさも理解できた。

「しばらく会社に行く気ないですから」

今日はどこにいる?

そんな問い合わせが来るたびに、笑いながらそう言い放っていたが、今では誰も居場所を尋ねるような事は無くなった。


海外拠点も含めて、グループ会社全てがテレワークとなったからだ。

そんなわけでテレワークの日々である。

まあ、テレワークをいいことに、エプロン姿でコタツに入り業務遂行し、その姿のまま全ての会議にも参加しているのは内緒だが(笑)

その分、普段以上に業務時間をもうけて生産性は上げているつもりだ。
これでチャラとしてもらいたい。

そんな事はさておき、テレワークができる業務環境の人々は、正直わずかだと想像できるし、そもそもがテレワークでは成り立たない職務の方々もいらっしゃるはずだ。
そう言った方々のお陰で、いまの生活が成り立っているのには感謝をしなければならないし、忘れないようにしなければならないと自分に言い聞かせてもいる。

奥さんもその一人だ。
生活に必要なインフラに従事するが故、テレワークはあり得ない。

それにしても未曾有の有事だ。
皆様の健康を心より願います。

今回は命懸けなので。






20200411222221196.jpg
*時々、重要会議にも参加してくる次男(笑)


スポンサーサイト



テスト

20200404182833084.jpg
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR