FC2ブログ

三度目の正直

六都科学館⑰
※ ドモアリガト、Mr.ロボット

● 多摩六都科学館
● 場所:東京都西東京市 芝久保町5丁目10?64
http://www.tamarokuto.or.jp/
● 休業日:まちまちなので下記で確認
  http://www.tamarokuto.or.jp/guide/yearholiday.html
● 開館時間:9:30~17:00
● 料金:大人500円、子供200円(4歳~高校生)
● 駐車場:1日700円
● 遊び時間:4時間程

多摩六都科学館は東京都小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市が運営する参加体験型の科学館。
なんで六都なんだろう?

世界一と謳われるプラネタリュウムと様々な学習装置があり、小学生ぐらいなら高学年でも十分に楽しめる。
又、体験型の装置がほとんどなので、小さい子供でも遊具として遊び倒せる。

屋内施設の為、雨の日にうってつけだが、車で行く場合は開館前に到着するぐらいがベスト。

僕は2度も駐車場が満車で入れない事があった、、、。









※※※

これも桜咲く前。
いつだったかの雨の週末。

2度訪れて、2度とも駐車場が満杯で入場できないでいた六都科学館をようやく訪問。
六都科学館①



チケットを購入しゲートを抜ける。
自動改札のような構造で、子ども達はテンションを上げていた。
六都科学館②


楽しみ方の一つに、クイズラリーがある。
参加するにIDカードのようなものを事前に作成する必要がある。
1枚200円。

長男は説明を受けながら1枚作成。
カードには名前と顔写真が刷り込まれる。
六都科学館③


エントランスホールには、のっけから屋内迷路のようなものがある。
子ども達は真っ先に突入。
同時に入口に向かい、うまく入れないというドタバタぶり。
六都科学館④



子供向けの科学館ならではの遊具型学習設備はかなり豊富。

重力の小さい月面歩行を疑似体験する装置。
なんだかよく解っていない次男は大喜び。
六都科学館⑤


目的が良くわからないが、密室で色々な「音」を体験する装置。
六都科学館⑥


お馴染みビックリハウス。
平衡感覚がおかしくなって、うまく立てない。
六都科学館7


反射神経を計測する装置。
結構真剣な長男と、なんだか解らず一緒に緊張する次男。
六都科学館21


運動で発電を行い、模型の街に灯りを灯す装置。
六都科学館⑧

なんだか少し綺麗。
六都科学館⑨

施設の途中途中に、例のクイズラリー用の機械が設置されている。
作成したカードを差し込み、正解を出しながらポイントを溜めていくシステム。
六都科学館⑩



他にもなんだかわからない装置が色々。
六都科学館⑪


そうこうしているうちに「お腹が空いた」と騒ぎ出す。
軽食が取れるカフェのような場所もあるが、自由に使える休憩コーナーもある。

僕らは恒例の持参弁当。
これはこれで楽しい。
六都科学館⑭


さて、午後の部開始。

設置された自転車を漕ぐと、鏡映る自分の足が骨だけに・・・。
運動時の骨の働きを学習する装置。

尚、鏡の中でフラッシュをたいているのは僕だ。
映ってしまった。
六都科学館⑬



空間に浮かぶリンゴ発見。
手を伸ばしても、触る事ができない。
次男は結構不思議がっていた。
六都科学館⑮


これは映像を見ながら、座席も連動して動く装置。
六都科学館⑱


展示物を閲覧するコーナーも、もちろんある。
六都科学館⑲


なんだか哀愁漂うロボット。
佇まいは未来というより懐古的。
六都科学館⑫


最後に影分身体験装置。
六都科学館⑯



この日、防災関連の展示もなされていた。
子ども達は、緊急用のスリッパとコップを新聞紙で作るというイベントに参加。

係のお姉さんの手ほどきを受けながら折り紙のように楽しんでいた。
六都科学館⑳


このほかにプラネタリュウムや大型映像シアターなどもあって、日がな一日楽しめる。
雨の日にどうぞ。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR