FC2ブログ

アルプス家族

● 名称:松本市アルプス公園
● 場所:長野県松本市蟻ヶ崎2455番地
● http://toybox-net.jp/alpspark/アルプス公園
● 開園時間:?(もしかしたら24時間)
● 休業日:12/29~1/3(園内施設)
● 料金:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日


長野県松本市街近くにあり、遠く北アルプス連峰や安曇野、美ヶ原を望むことができる、清清しい高台公園。

案外自由度が高く、持ち込みでバーベキューをしても良いようだった。

アスレチックのコンビネーションはレベルが高く、小学生高学年でも十分に満喫できる。
草木に覆われて先の見えない長尺滑り台は、山の斜面を利用し、3連続で設置されていた。

マッドゴルフという遊びも用意されている。
用具とコースは無料で利用できるようだ。

面白そうだったが、時間の都合で今回我が家はパスしてしまった。

最大のアトラクションは「アルプスドリームコースター」という名の滑走ソリ。(有料)
ボブスレーのような感じで、ローラー付きのソリで専用コースを滑り降りる。
ブレーキで速度を調整しながら降りれるが、ノーブレーキで一気に滑走するのはなかなか爽快。

公園としては、かなり大型の部類に入るので、お弁当を持参の上、一日を費やす覚悟で遊んでいただきたい。





※※※





9月の車中泊旅行は長野県。
松本城に行きたいという奥さんの希望を叶えるため。

とはいえ、子供たちのモチベーションの為に、公園遊びは外せない。

調べてみると、松本城の近くに大きな公園があることがわかった。

高台にある公園は、秋の高い空もあって清清しさこの上ない雰囲気。
アルプス公園①


遊具も豊富で、幼稚園児から小学生まで十分に満足できそうだった。
アルプス公園②


そんな遊具を横目に、先ずは「アルプスドリームコースター」に直行。
有料ではあるが、山の斜面を豪快に滑走することができるローラーコースターだ。
大人=410円、子供=200円(未就学児は無料)
アルプス公園③


あらかじめ設置されているコースをローラー付きのソリで滑り降りる。


速度調整ができるが、フルスロットルで滑り降りるのはかなり楽しい。
アルプス公園⑤


バンクの角度はこんな感じで雰囲気はボブスレー。
アルプス公園④


アスレチックスエリアも、かなり手が込んでいる。
アルプス公園⑥


色々なタイプが連鎖していて、子供たちは楽しそうだった。
アルプス公園⑦

アルプス公園⑧


アスレチックスエリアの締は、お約束の長尺滑り台。
草木に覆われ、先が見えない作りは、三種類の滑り台を乗り継いで斜面を滑りおりる仕組みだった。
アルプス公園⑨



滑り台のゴールは、とても綺麗なログハウス。
アルプス公園⑩


お弁当を食べたり、休憩をとるにはうってつけだ。
アルプス公園⑪


公園は高台にあり、地形を利用して立派な展望台がある。
アルプス公園⑫


資料館をかねていて、山の動植物の紹介や、アルプスゆかりで、登山関連品の展示がなされていた。

写真に写る緑色の妙な物体は、「デーラボッチ」という、地域伝承ゆかりのユルキャラ。
全国的にあるダイダラボッチのそれだ。
アルプス公園⑬


その日天気はなかなかのもので、展望台からの眺めは爽快だった。
アルプス公園⑮


資料館ではクイズラリーが催されていて、兄弟で参加、、、と、言うより夫婦で参加。
問題が難しく、小さい子供の手に負えるものではなかったからだ。

四苦八苦しながら、、、ぶっちゃけ、インターネットで調べたりもして、なんとか全問正解。

景品に、専用ボールペン付きのブック形付箋紙ホルダーを頂いた。
アルプス公園⑯


この後、僕らは松本城に向かったのだが、気持ちのよい公園で、かつ遊びきれなかった感が残ったので、僕的には立ち去るのが残念だった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここはいいですよねー。
近くに住んでたら間違いなく常連ね(^^♪
3回行ったことあるけど、
どことなく森林公園に似た雰囲気があるかな。

ドリームコースターって
途中で監視のオジさんが何人もいませんでした?
降りながら撮影してたら注意されちゃいましたよ(+。+)

Re: No title

こんにちは。
コメントありがとうございます。

確かに素敵な公園でした。
三度も訪れたことがあるなんて、すごいですね。

コースター、ご指摘の通り監視員の方に撮影注意されました(笑)

公園は本当に色々な所があって楽しいですね。

まだまだ楽しみ足りないので、もっとたくさん冒険してみます。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR