FC2ブログ

続・冒険活劇の祭典 (番外編)

ジャンプフェス③
※ 僕の愛用ヘッドホンは、ShureでもBoseでもない(買えない・・・笑)。 メタルスライムだ。








※※※


先日記事の「ジャンプフェスタ2016」の続き。

ジャンプフェス①


子供たちのお目当てはドラゴンボールだった。

ジャンプフェス②



実はこのイベントには集英社の協賛企業によるブースも数多く出展されていた。
ニンテンドーも主力協賛のひとつ。

現在、奥さんを筆頭に、長男も次男も夢中になっているゲームがある。
wii-Uのゲームでその名も「スプラトゥーン」
ジャンプフェス⑤

知っている方も多いと思う。
「イカ」が変身する「ガール」と「ボーイ」を選び、二つのチームに別れてインクの塗りあいを行い、その面積を競う。
※それ以外の遊び方もある。

シンプルなゲーム設定ながら、目新しい世界観がありビジネスモデルとしても興味深い。

対戦相手もチームメイトもインターネットを通じての見知らぬ人。
また、遠く離れた知り合いと一緒に参戦することもできる。

奥さんは無料の電話ソフトで通話をしながら、実姉夫婦と同じフィールドで戦ったりしている。


この「スプラトゥーン」のイベントが催されるとの事で、これもひとつの目的であった。
移動型(大型トラック)対戦マシーンブースが来場し、見知らぬ人と「腕前」を競う。

残念ながら、タッチの差で参戦の資格がゲットできなかったが、長男はこのイベントの様子を飽きもせず長々観戦していた。

ジャンプ⑨

せっかくなので、全国行脚をしているトラックと記念写真。
ジャンプ⑭

長男はゲーム好き。

そんなゲーマーのアイドルと言えば、よゐこの「有野」
課長の愛称はゲーマーでは共有事項だ(笑)
ジャンプ⑩

そんな、有野課長が作ったスーパーマリオのコースにチャレンジできるブースもあった。




僕にとって、ゲームといえば「ドラゴンクエスト」

製作元のスクエアエニックスの出展もあった。
来年発売のドラクエを紹介するブース。

ジャンプ⑪


制限時間制ではあったが、実際にプレイする事ができた。
お土産にには、ドラクエやファイナルファンタジーのイラスト絵葉書がもらえた。
デザイナー「天野 喜孝」のイラスト絵葉書も頂いて、ちょっと得した気分。
ジャンプ⑬

長男は制限時間いっぱいを使って夢中でプレイしていた。




ゲームとか漫画とか、あまり世間一般では評価が高くない文化ではあるが、頭の悪い我が家では、高尚な文化との違いもわからないので、心底楽しんでいる。
子供たちにとって良いことかどうかは解らないが(爆笑)


さてさて、また冒険を探しにいこうじゃないか!
僕ら家族を見て、スライムが仲間になりたいって、言ってるよ。
ジャンプ⑫

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

ドラクエは自分も妻も大好きなので
東京近辺はイベント多くてうらやましいです
(スマホゲームは老眼にツライですがw)

レベルファイブが地元福岡の会社なのに
イベント無いのは何故だろうw

Re: No title

aoneko様

コメントありがとうございます。
冒険と言えば、やはりドラクエですね。

因みに、レベルファイブのブースもありました。

大人の事情かもですかが、レイトンや妖怪ウォッチの類は皆無。

新作のスマホゲーム専用で出展してた様です。


コスプレをしている人がたくさんいましたが、それは想定通りで、何より驚いたのが、女性が物凄く多かったこと。

多分、来場者の半分は女性だと思います。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR