FC2ブログ

そういえばの書き初め



正月休みの最終日、長男から書き初めの宿題をやりたいので、面倒をみてほしい旨のお願いがあった。

勿論、僕が書道の何かを心得ているからという訳ではない。

聞けば、そもそも墨汁を学校に忘れてきたとの事。
挙げ句、筆もボロボロで、まるでペンキのハケの用に筆先が広がっている散らかり具合だった。

うーん、仕方がないなぁと、近所のイオンに買い出し。

僕は初めて知ったのだが、今は練習用と本番用の墨汁があることがわかった。
昔からそうだったのだろうか?

少なくとも僕は知らない。

違いは、水洗いがしやすいか否かのようだ。
どっちを買えばよいか解らなかったので、両方買った。

筆も新調。
何がよいかなんて解らないので、値段的に真ん中よりやや上のを選んだ。
あと、練習用に適当なサイズの半紙も買った。


自宅に戻り、書き初めの準備を始めた長男を何となく眺めていて、ふと、思う事があった。
書初め


書道なんて、かれこれ三十年以上やってない。
ちょっとやってみたいな、などと好奇心が芽生えた。

新調した筆を使って早速試し書き。
ところが筆先が固く柔軟に文字がかけない。

大した事ない筆だなと、道具のせいにしつつ、とは言え書き初めなので、線の細い文字では味気ないので、仕方なくボロボロの古い筆を使う事にした。

末広がりとなった筆先を眺め、普段、長男はどんな文字を書いているのかと不思議に思ったが、筆先に墨汁をからめながら硯の上で転がしていたら、それっぽい筆先に変わっていった。

ボロボロで腰が無くなっている分、太くたくましい文字が書けそうな雰囲気。

気を取り直して挑戦して見たが、字は人を表すとはよく言ったもので、人を寄せつけない感じの、僕らしいトゲトゲした書き初めとなった。

優しさが足りない感じ(笑)

まあ、手本にはならないが、雰囲気が伝わればと見本の様にテーブルに置いた。

書初め②


でも、ちょっと身が引き締まって、一年の始まりを感じる事ができた。

また、来年もやってみようかな(笑い)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

書道

水色キャップの墨汁の下にチラッと見える、
「心」の文字、躍動感があって達筆に思えますよ~♪

最近になって当方ブログの「拍手コメント」の存在に気付きました
慣れてなくてスミマセン
マーマレードようやく売り切れましたw

Re: 書道


aoneko様

コメントありがとうございます。

書道って、案外楽しいかもと思いました。
子供のころそんなこと思ったことないのに。

僕は無趣味なので、ちょっとやってみようかな?なんて考えたり。

よくよく思えば、僕の母親は書道の師範でした。(笑)
習った事など一度もありませんが(大笑)

寒さ増してきてますので、お身体ご自愛下さい。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR