FC2ブログ

魂の片割れにかんする一考察





恩田陸が直木賞を受賞したとのニュースを見た。

かねてより人気作家の誉れもあって、その名前は知っていたが、読んだ作品はあまり無い。

読んだ作品といえば、、、、

学校にまつわる不思議なしきたりを題材に、神秘的な謎が展開する「六番目の小夜子」
六番目の小夜子


あと、ただ歩くだけの物語ながらいくつかの謎と仕組まれた伏線で、長編であることを忘れてしまうほど一気に読ませる「夜のピクニック」
夜のピクニック



読後、ああ面白かったと思いながら、どこと無く物足りなく、それはいったいなんでだろう?と自分に問いかけると、なんとも清潔感漂う作品で中途半端なジュブナイルと勝手に位置づけてしまった為だった。

まあ、読み手など勝手なものだ。

そして、彼女の作品を再び手にする事は無いままだった。






彼女の名前を忘れかけた頃、時間つぶしに立ち寄った本屋で気になるタイトルを見つけ手にしていた。

「ライオンハート」
著者は恩田陸。
ライオンハート



ちょっと、ニヤッっとしてしまった。
このタイトルに少々弱い。
あらすじをろくに確認もせず購入した。
確認をしなかったのには理由もある。





「魂の片割れ」という考え方がある。
人はこの世に生まれる際、二つの魂に分かれて誕生するというアレだ。

恥ずかしい話、僕はこのテーマが好きだったりする。
断っておくと、妄信しているわけでは無く、素材として好みなだけだ。

信じているわけではない。
数少ない、僕の中の少々ロマッチックな部分。






幾度と無く、ブログ内で取り上げている「天野 月子(現名:天野 月)」

彼女の作品の中に「ハーフ」という曲がある。
献身的な思いを持つも、目の前にいる魂の片割れをどうする事もできないという切ない歌だ。

色々な人に知ってもらえたら良いなと思うお勧め曲のひとつ。

同じく彼女の作品に「ウタカタ」とう曲がある。
歌詞の中に、
「選ビ損ネタモウ片方ハ」
という一節がぐっとくる。


この作品は「箱庭」という曲との連作となっている。
文学的な匂いが感じられる好きな曲。
先述の「ウタカタ」はこの「箱庭」の五年後との設定だそうだ。
「赤いものしか食べない」という設定の女性が主人公(本人)で、本曲のプロモーションビデオの陰鬱な映像は、とりようによってはロマンチックなショートムービー。





話がそれてしまった。

そう、「魂の片割れ」話し。


テーマに関連する好きなコミックがある。

「日出処の天子」

ああ、知ってるよの声がしそうだ(笑)
作者:山岸涼子の代表作。

飛鳥時代。
聖徳太子と蘇我蝦夷(蘇我馬子の長男)の人間模様を描いたある意味問題作。

毎日新聞にてこの「問題性」を素材に、作品に対する攻撃的な記事が捏造された事件は有名だ。
※後日毎日新聞社が謝罪記事を掲載
日出処の天子


この作品も一つの魂が二つの生命として生まれ、そして交わらない運命を題材としている。




「ライオンハート」


悠久の時の中、めぐりあっては別離を繰り返す、一つの魂の物語。
エリザベスとエドワード。

まあ、正直この作品を押すのは少々恥ずかしいのだけれど、好きなので。
男の僕が口するには気が引けるが、かなりロマッチックだ。


「ライオンハート」のタイトルに興味がある理由。

イギリスのアーティストに、ケイト・ブッシュという女性がいる。


だいぶ昔のこと。
場所は新宿。

良し悪しはさておき、当時新宿にある輸入版や海賊版を扱うレコード屋に入り浸っていた時期があった。

いつものようにその日も行き着けのレコード屋で油を売っていた。
大概、店内では何かの曲が流されていたりする。


その日、店内に流れていた曲に僕は一目惚れ。
いや、ひと聴き惚れ(笑)

稲妻に打たれたような、、、なんて表現があるが、陳腐ながらまさにそんな感じ。
魂の片割れにめぐり合った衝撃だ(笑)


どうしてもその曲が知りたくてたまらなかったが、気の小さい僕は誰の何の曲で、誰が歌っているのかも解らないまま、お店の方に尋ねる事もできないでいた。
結局その日は、もどかしく思いながら、憂さを晴らすため、たまたま手にした誰だ解らないアーティストのアルバムを購入して帰ることにした。
所謂「ジャケット買い」

それがこれ。
ケイトブッシュ

ケイト・ブッシュ
「ランニング・アップ・ザット・ヒル」
今聴いても鳥肌が立つ魅惑的な曲だ。
ピンクフロイドのデイビットギルモアが驚愕し、ジェネシスのピーターガブリエルが大好きという彼女の歌声は驚異。


どこの誰だか解らないまま購入したアルバム。
自宅に帰ってディスクを再生。
そして驚嘆。

レコード屋の店内で、どうしても知りたくたまらなかったアルバムを僕は偶然手にいれていた。
狂喜乱舞した事は言うまでもない。


ああ、運命って、本当にあるんだな、、、なんて思った。


そんなケイト・ブッシュのアルバムの中に「ライオンハート」というのががある。
イギリスをこよなく愛し、イギリスを敬愛する彼女。
ライオンハートとは12世紀のイングランド国王リチャードⅠ世を称した言葉。
ライオンハート2






恩田陸の「ライオンハート」

タイトルの由来はケイトブッシュのライオンハートが由来。
あとがきにそう書いてあった。


そんな気がしたんだ。
なので、作品のあらすじを読まずに購入。
あの時、偶然手にしたケイトブッシュのアルバムとの運命的な出会いを期待していた。


魂の片割れは僕の好きな素材の一つ。

運命には理屈はいらない(笑)





本記事。
ビールを3本空けた後に書いている(言い訳)

どうだろうか?(笑)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪

リンクのyoutubeは全部見てから
改めて感想コメントしますが…
店内で気に入った曲を「ジャケ買い」って
運命でしかありえません(@@)

ビール3本でも、いつものスタイルと
変わらず書けるのは凄いです!
次回は5本で(笑)

レコード店はおろか、テレビすらロクに
見れない生活なのでkakeru666さんの
ブログで知らない世界に触れられる事は
楽しいです♪

Re: No title

aonekopapa 様

いつも、本当に、コメントありがとうございます。
ブログを続けるモチベーションとなっております。

どうしても知りたかった曲を偶然ジャケ買いで手に入れた件。
鳥肌ものでして、鮮烈に記憶に残っております。

わー、すごい!!

と部屋でガッツポーズしてました(笑)



知らない世界。

誰もが似たような生活を送っていても、少しずつ違う世界を生きているからかもしれませんね。
日常の中には、誰もが自分の世界を持っているということになるのでしょうか?

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR