FC2ブログ

オーラとチャクラは同じものですか?・・・できればチャクラを練れる忍術使いになりたい(笑)



ちょっと、最近子供とのおでかけが減っている。

ネタが溜まるまではは、引き出しの中の小ネタで繋いでいこう(笑)







いつだったかのある日。

「オーラが見れるって言う人がいるんだけど、一緒に行く?」


奥さんに誘われて見ず知らずの人のところへ。



何事か?と思ったが、結局のところ「登山をする」という、いわばハイキングが目的で、そのメンバーの一人に、そういった能力がある方がいたというしだいだった。


その日は天気もよく、山歩きにはうってつけ。
僕は人見知りなので、見知らぬ数人と一緒に山歩きをするのは居心地が悪かったが、楽しくおしゃべるをしている奥さん達の邪魔をしてはいけないと、少し距離を置きながら、写真を撮ることを一人楽しみながら同行した。


「ねえ、オーラの色見てあげなよ」

休憩の際、どなたかが僕のことを指して、かのオーラが見えるという男性に対してリクエストした。


そういう流れも想定していたが、すっかりハイキング気分だったし、なんか、正直どうでもよいと思っていたりもしたけれど、ちょっとだけ興味もあって、そのオーラが見えるという男性から出る言葉を無言で待った。


「うん、まあ、今はちょっと・・・・あとでもいいかな」

その男性は、予想外の回答をした。

言いたくない。
なんだかそんな雰囲気だった。

ええっ?

僕は思った。


オーラって、体や精神のコンディションが解るって聞いた事あるし、もしかして、僕は不吉なオーラを纏っているのか???


そういった事を信じているわけでもないし、どうでもいいやなんて思いつつ、けれど、やっぱり気にはなるしで、モヤモヤしながら山歩きを続ける事になった。





なんだかんだと昼ごろ山頂に到着。

皆で仲良くお弁当となり、子供達もすっかり馴染んで遊んでもらったりして平和な感じ。
清清しく、案外悪くないなと、僕はこの日を満足し始めていた。

お昼休憩後は自由行動となって、奥さんも子供達もその他の人たちもどこかに行ってしまった。

気がつくと、僕はオーラが見えるという男性と二人きりとなっていた。

「白です」

その男性は僕の方を向くと唐突にそう言った。
「へ?」
僕は何を言われたか解らず間抜けな返事をした。

「あなたのオーラ、白なんですよ」

その男性はそれ以上何も言わなかった。




僕は自宅に戻ると、オーラの色について調べてみた。
なんで、あの男性は誰もいない時を見計らって僕にだけに告げたのだろうと気になった。

もしかしたら、良くない色なのかもしれない・・・。

信じていないと言いながらも、気にはなった。





調べてみると、案外腰砕け。

特に不吉な色でもなんでもなかった。
よかった。


正直、僕は嘘でも
「あなたは赤です。情熱のくれない色」
そんなふうに言われたかった(笑)
まあ、程遠いが・・・。


白いオーラの特性。

稀有な色だそうで、どんな意識や場所にも自然にアクセスすることができる霊的な才能があるタイプだとか(爆笑)
たとえるなら僧侶とか。


お坊さんかぁ(笑)

でも、ちょっとだけ納得。

僕は将来「画家になりたい」と、おぼろげながらそう思っていた。

こんな事を書くと、もう、このブログには誰も来て頂けなくなるかもしれないが、でも、まあ、書いちゃう。


子供の頃からすごく不思議に思っている事があって、起きていて、瞼も開いているのに、目で見ている風景とはまったく違う風景が見える事が時々あって、それは具体的に言うと非人工的風景なのだけれど、眼前にぶわっと広がる感じで、しかも二次元的平面的なものではなく三次元的空間的に見える感じ。

つまりは、その風景の中を移動もできる。


物凄く具体的な風景で、色彩もはっきりしている。

目をあけたままでいると、頭の中でぼんやりしているのだけれど、瞼を閉じると鮮明な空間が眼前に広がって行く。
完全にその空間に身を置いている感じ。
僕はその見知らぬ景色を散策したり。

「これちょっと楽しい」

子供の頃、そう思うようになって、時々の楽しみとなった。

これは、現在でも続いていて、例えば通勤電車の中でつり革に掴まってぼんやりしているときにも遭遇する。

「おおっ」

ちょっとほくそ笑む。

今日はどんな景色だ?
そんな感じで。


最大の特徴は「起きていて意識がはっきりしている」事。
まどろみの中では起こらない。

ちょっと頭おかしいのかもしれない(笑)



とにかく、具体的で鮮明な、見た事も無い景色の中に身を置くことが時々ある。
こんな事を誰かに言ったことはないのだけれど、まあ、こんな事が本当にあるのですよ。

「これ、絵に描けたら誰かに伝えられるのに」

そう思うようになって、なら画家になればいいんだ、と。
子供の頃にそう思って、そそれは大学に入るまでまじめに思っていた。

結局、ごく普通のサラリーマンですが(爆笑)


ああ、それにしても言っちゃった。
この類のネタだと、しばら困らないかも(笑)

これだけはご理解頂きたい。
怪しい人ではないですからね(笑)

筋金入りの凡人です(爆笑)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

白オーラ

最後の一人になっても私が訪問しますのでご心配なく(笑)
さて異空間お散歩にマジレスしますと…

「幽体離脱」これは違うと思います
現実空間の別の場所を見る場合ですので

となると「前世の記憶」でしょうか?
非現実空間なら、転生に関わる記憶なのかと

あるいは、白オーラ・お坊さんの影響で、天界の景色を
見せていただいている、という想像が出来ます

私自身、霊感体質で金縛りとか霊遭遇とか結構ありまして
例えば焼死した霊から、亡くなる直前の火事の記憶を、
映像として見せつけられた経験から想像してみました

異空間お散歩のシリーズ化、お待ちしております(笑)

Re: 白オーラ

aonekopapa 様



心強いコメントありがとうございます(笑)


幼い頃から不思議な体験が少なくありません。
霊的な事象も多く、影響からか奥さんを一緒に巻き込むことも何度かありました。


しかしながら結論を言いますと、僕は霊的なあらゆる事象に否定的です。

魂は「今が全て」であって、前世も後世もないと考えています。
ましてや霊魂など存在しないと考えます。

これには自分の中に明確な答えがあり、確信に近いものがあります。
同様に、僕の時々に体験する「不思議な景色」においても自分なりの答えがあります。


僕の答え。


「万物はミクロの単位において目に見えない神経のようなもので繋がっている」


これです。


あと、

「細胞よりミクロの単位にあらゆる記録が蓄積され目に見えない繋がりをもって共有されている」

の考えになります。



人に限らず、万物の経験が物体組織の中に記録され蓄積され、そして目に見えない「繋がり」で共有されているのだろうと。


子供の頃の不思議な体験の中に、「目の前に文章が突然現れた」という事がありました。
それはひらがなや漢字ではなく、ましてやアルファベットでもありませんでした。

壁のようにあらわれて、すこしずつ僕の方に近づいてくる感じでした。

思えばそれは梵語でつづられた文章のようなものだったと記憶してます。

このとき直感的に思ったのですが、「どこかに何かが記録されていて、それを僕は見ている(見せられている)」
でした。


これとは別の現象。

奥さん曰く、僕は夜中、誰かと時々話しをしているそうです(爆笑)
奇妙なのは、その言葉が日本語でも英語でもないそうで、まったく想像がつかない言葉で目に見えないだれかと会話をしていることが時々あるそうです。

「寝ぼけてろれつが回ってないだけじゃない?」

そんなふうに笑い飛ばすと、真顔でそ「そういうのではない。やたら発音がはっきりしている。でも何語かわからない」と言い切ります。

これは幾度と無く続き、結果、不安になった奥さんに連れられ心療内科に行く羽目になりました(爆笑)
しかも内緒で連れて行かれ、解らないまま付いていったら心療内科でした。

まあ、それ以外にも夜中に色々な事象を引き起こしていたようなので、ちょっと怖くなったようでした。

心療内科に行く羽目になった事象は「ネタ」になるのでいつかブログで(笑)
ちなみに診察の結果は「健全です!!!(診察した先生爆笑)」の結果でした。
当然ですが。



これらの現象は、実は記録(記憶)を都合よく具現化しているだけで、実態は僕らが知っている記号ではない形で記録されているのものを引っ張り出しているにすぎないのだろうと想像しています。

幽霊など目撃や経験の現象も、同様に記録や記憶を自分の意識の中で具現化しているのだろうと。
なので存在そのものは、細胞組織の奥深くにある蓄積され共有された記憶に過ぎないのではいか?と。

この蓄積された記録は動物だけではなく植物や静物とも共有できるようになっているのではないかな?と考えています。
進化のトリガーはこの共有記録をミクロの組織で客観的に観測し判断し、状況にあわせて最適化を行う事で発生しているのではないかな?と。

この判断は「思考」とは別の機構で「考える」とは違う仕組みなのではとも思っています。


子供の頃到達した一つの結論として、

「宇宙は人でいうところの細胞の一つで、その中にあるものは全て繋がっているのではないかな?宇宙の外には無数の宇宙が細胞として存在していて生まれたり死んだりを繰り返しているのではないかな?僕らの細胞の中では、僕らと同じように別の世界が営まれていて実は自分達が細胞の一つであることに気付いてないのではないかな?」なんて考えました。


僕が時々経験する見知らぬ景色は、音と温度を感じる事ができません。
具体的な景色でありながら、体感できないのは、おそらく誰かの何かの記録を見ているからだと想定しています。


まあ、何にしても実生活にはあまり影響の無い、どうでも良いことかもしれませんね(笑)



そんなことより、今晩は奥さんが所要でいないので、晩御飯を何にするか?の方が悩ましい問題であり課題です(笑)
無難に肉じゃが、、、かな(笑)

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR