FC2ブログ

お手軽、お気軽。



「体、鍛えたいねぇ・・・」


職場でのお昼の話題の多くはゴルフだったり。

「キレがね、こう・・・なくてさ」


そんな話題が行きかう。


僕はゴルフをしない。
なので、ニコニコしながら同僚達の話を黙って聞いている。

トレーニングジムの話題もあったり。

「行きたいけど時間もお金もなぁ・・・」

そんな話もチラホラ。

通勤途中、ところどころにジムがある。
遅い時間でも、マシンに挑む人たちの姿が見える。

結構な料金システムだったりするのだろうか?
よくわからない。


多くの公共体育館にはトレーニングマシンが置かれている。
入会金もないし、1回の利用料金も500円前後だと思う。

「安いし、使ってみたら」

僕は言う。

「そうだねぇ・・」

大概は気の無い返事(笑)
庶民的なものにステータスを感じないのかもしれない。


「少し、運動したほうがいいよ」

なぜか最後はこんな切り替えし(笑)
そうだねぇ、、、などと僕も愛想笑い。

僕はゴルフはしないし、体のキレを気にする必要もない。
むしろ悩みの種は、毎朝作るお弁当のおかずの方だ。

これはなかなかに悩ましい(笑)






長男が生まれるまでは、僕も毎週ジムに通っていた。
ステータスを感じられるような会員制のジムではなく、地元の市民体育館だけど。


結果的には、ジムになど行かなくても、基礎的な運動はできることに気が付いて、行くことをやめてしまった。
まあ、気軽にできる運動でないと続かないし。





土日。

子供達とお出かけが無いときは欠かさずトレーニングをする事にしている。

夏場はジョギングを中心に。
冬場は軽く走ったあと、基礎トレに時間を費やす。


立派なマシンはないけれど、ほどほどの距離の公園までジョギングし、自分で決めたメニューを一通りこなす。
なにより無料だし、気兼ねも無い。

長ベンチはストレッチにうってつけ。
腹筋、背筋運動にも活用できる。

ウンテイは懸垂に最適だ。
広場は基礎的なフットワークのトレーニングに向いている。

公園にあるもの全てが都合よくトレーニングマシンに化ける(笑)


無いものは手持ち。

写真は僕のトレーニングセット。
トレーニング


ジョギングの時に負荷として活用しているちょっとおしゃれな鉄アレイ(笑)
1個750G。
これを片手に2個持ってジョギングをする。
もう片方の手には水分補給用のペットボトルを負荷用として持つ。
中身は自宅の水(笑)

公園でのトレーニングメニューは、テニスの基礎トレ。
鉄アレイは2個を片手に持って素振りをするのに使う。
ラケットが無くても、手に程よい重量がかかり素振りができる。

握力を鍛えるおなじみの道具は負荷25Kg。
100円でかった(笑)
程よいので、クールランニングの最中に左右の手で交互に使う。

オレンジの輪っかはトレーニング用ゴムバンド。
これも100円。
胸筋用。
背中の筋肉に負荷をかけるにも意外と使える。


軍手はウンテイをやったり懸垂をやるときの滑り止め。

小さなポーチにはスマホを入れて好きな音楽を楽しむ。


たぶん、こんな感じなら、誰でも気楽に運動できるんじゃないかな。
お金なんて、全然かからないしね。

色々、物思いするにも僕には向いているので、気分転換にもちょうど良いし。

そんなこんなで、今日も行ってきます(笑)








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

運動

こんばんわ
自分は、昨年11月までは、自転車通勤を運動としていたけれど
痔を発症してから休止しています
完治しても、痔の原因っぽいので再開するか?を悩んでいます

Re: 運動


のりゅ 様

コメントありがとうございます。

最近おでかけネタが無く申し訳ないです。


痔ですか、、、。

僕も同じようにお医者さんに「類まれな締りのよい肛門ですね!」とお褒めの言葉を頂きました。

実は、一頃出血が続いて、???となって、近所の病院に行った際の事です。


使い切れないほどのボラギノールみたいな薬を頂いて、結果使いきれなかったです。




幸い手術にはいたりませんで直りました。



運動は無理があると続かないので、できそうなことをやられるとよいかなと思います。


年とともに痩せにくくなりますし、まして筋肉もつきずらくなりますし。



僕は自分の体を苛めるのが好きな変態(笑)なので、運動で体が辛くなる感じがお気に入りです。
といいますか、案外これで、勉強嫌いな運動馬鹿で、学生時代「脳みそも筋肉でしょ?」と言われたこともあります。


運動、楽しいですよ。
是非、自転車、再び挑んでくださいな。
あ、体に支障の無い範囲でですが。

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR