FC2ブログ

本日のお題は、「お代」






自転車がパンクした。

IMG_20170514_134029.jpg


手に負えない原因でなければ、なんとかなるはずだ。

休日の昼下がり、僕は物置の中をごそごそと漁った。

どこかに、修理道具があるはずだった。






子供の頃の自転車は必須アイテムだ。
自転車が「有る無い」では世界の広さが違う。

行ったことの無かった土地にも出かけることができるからだ。

どこでもドアを持っていなくても、自転車があれば僕らは退屈するような事はない。

毎日乗り回していた自転車は、そんなだから、割とよくパンクをした。
その度に母親に小銭を貰い、自宅から一番近い、けれど3キロはある自転車屋まで押して行った。

「銭、持ってるか?」

自転車屋のお爺さんは、いつも同じ事を聞いた。

「もちろんだよ」

僕が言う。

お爺さんはいつも不機嫌そうで、ちょっとだけ怖かった。
その日もニコリともせず、傍にあった薄汚れたバケツに並々と水を溜める。
僕は、なるべく邪魔にならないように、少し離れた場所にしゃがみこんで、お爺さんの作業を見守った。

お爺さんの手は、いつも油と汚れとでまっくろで、けれど器用に、そしてすばやくリムからタイヤを引き剥がし、チューブを取り出す魔法の手だった。

僕は興味深く見つめる。

お爺さんは取り出したチューブに空気を入れ、水を溜めたバケツに少しずつ入れて空気の抜けを確認する。
僕はそっと近づき、上から覗き込む。

しばらくすると、ポコポコと気泡が現れた。

お爺さんは顔色一つ変えずにチューブをバケツから引き上げ、水をふき取り、ボンドをチューブに垂らすと、指で直接塗り始める。
そして、あらかじめ用意してあった適度な大きさのゴム、、、たぶん古いチューブを切った物、、、を貼り付ける。

乾くまでの間、他の箇所にも穴がないかを確認するため、再びバケツにチューブを入れて作業を続けた。
何箇所か、以前修理してもらった箇所が目に留まる。
そして、古傷から空気が漏れることはなかった。
もしかしたら、以前の修理箇所を再点検していたのかもしれない。

最後に、ゴムを貼った箇所をもう一度バケツに入れ気泡が発生しないかを見る。
気泡は無い。

お爺さんはチューブに付いた水滴を丁寧にふき取ると、空気を抜き、タイヤの中にチューブを戻すとリムをセットしていく。
あっという間にパンクは直った。

いつ見ても素早く、魔法のようだった。


「いくらですか?」

チューブの水滴をふき取っていた雑巾のようなタオルで、手を拭いているお爺さんに僕は尋ねた。
この間の修理代は150円だった。
その前は250円で、その前は100円だった。
価格の違いは僕には解らないままだった。

「ああ、今日はいらん。簡単だったからな」

お爺さんは僕を見ないでそういった。

「その代わり、自分で空気を入れてけ」

そういいながら、空気入れのある方角を顎で示した。
やっぱり、修理代の価格設定はわからないままだった。





道具はあった。
いつだったかに、子供の自転車のパンクを直すのに100円ショップで買ったものだ。
IMG_20170514_134114.jpg


タイヤからチューブを取り出す魔法の手を僕は持っていない。
なので、小道具に頼る。
よくできていて、こんな僕にもあっという間にチューブを取り出す事ができる。
IMG_20170514_134332.jpg


そして、鑑識官さながらに、慎重にチューブの穴を探す。

毎回そうなのだが、なぜか一発で見つけられない。
大概、バケツの中をチュューブが2周するか3周するかで発見となる。
案外、繊細な作業だなと思う。

そして、どうにか発見。
IMG_20170514_134726.jpg


不思議なことは、チューブをバケツから引き上げると、気泡が漏れ出る箇所が解らなくなってしまうこと。

「あれ?どこだっけ、、、」

再度チューブをバケツに入れて修復すべき箇所を確認したり。
毎回そうだ、、、。

まあ、なんとか修理は完成。

子供の頃お世話になった自転車屋のお爺さんのようにはいかないものだな、、、。

IMG_20170514_135528.jpg


あ、ちなみにお代は100円とした(笑)
自分にご褒美。
wilkinsonの炭酸水を買った。


大好きなので(笑)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょうど、今日パンク修理しました、しかも3日掛かりで。
不器用なのでそんな安い修理屋が近くにあればそこでお願いしたい。
子供料金なのかな。

Re: No title

なお 様

コメントありがとうございます。

パンク修理、お安く承りますよ(笑)

子供の頃お世話になった自転車屋のお爺さんは、強面ながら、きっと子供には優しく、なのでちょくちょく無料でパンク修理してたのかな?と想像してます。

きっと、それが当たり前のように期待されて、お金を持たずに修理をお願いする子供とかがでてきたのかな?と。

「銭、もってるか?」

毎回、必ずきかれましたですもん(笑)

だから、きっと、値段なんてどうでもよかったんじゃないかな?と、今にして思います。

本当に素早く直します。

まあ、キャリアが違いますしね。

小ネタですが、、、

今朝、通勤途中、段差でチェーンが外れました。
元に戻すに、ざっと3秒程でしたが(笑)

パンク修理はキャリアが浅いですが、中学から大学までずっと自転車通学だったので、乗る方のキャリアは無駄にあります。
まあ、役にたちましたから、あながち無駄でもないですね(笑)
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR