FC2ブログ

だんだん次男が主人公になってきた




日曜。

何処かに遊びに行きたいと次男。
長男はバトミントンの練習に疲れ果て、と同時に自宅でゲームに興じたいと、つまりはそんな感じ。

「自分で自転車を漕いで、どこかに行ってみる?」

次男に提案すると、ことのほか大喜び。
まだ一人で自転車で出かけることは許されていない。
ちょっとした冒険だ。


次男は慎重に自転車を漕ぐ。
僕はなるべく安全な場所を選んで次男と道を行く。

空は青く心地よい。
サイクリング②


どこを目的地にしようか?
そういえば、僕らの住処の近くには馬鹿でっかい公園があったのを思い出した。
自宅から近すぎて忘れていた。

そこまで行くよ!

次男は頑張って小さい自転車を漕ぐ。
色々話をしながら先を進む。
長男とも同じようなことを何度もした。

今度は次男の番だ。

特別な事でも何でもないが、なんだかとても楽しい。




途中休憩を入れる。

ここは「川の交差点」
サイクリング①



写真では解りづらいが、手前から奥に向かって川が流れている。
次男手前の右側はその川を渡るための橋だ。
村上春樹の小説、、、ノルウエーの森だったっか、スプートニクの恋人だったか、なんだったか覚えていないが、、、、に登場した水のない事で有名な川。
けれど一級河川だ。

写真右から左にかけては、江戸時代に2度の失敗の末、謎の老婆の助言で3度目にして完成することができた人口用水路。
江戸の街に豊かな水を引き込んだ。
次男がいる場所がその用水路を渡るための橋になる。
作家、太宰治が入水自殺を行った用水路としても有名だ。

そんな稀代の言われを次男に語ってもしょうがない。

少し休憩して、そして、先を急いだ。

さて、おチビさん。
お楽しみはこれからだよ。
サイクリング③

続く、、、、(笑)








先般、パソコンが壊れたが、最大の懸念事項は写真を保管してある外付けHDD(2TB)のデータを引き出せるか?にあった。
幸い、スマホ(アンドロイド)をホストマシンとしてどうにでもできることが解った。
いわゆるUSB-OTGだ。

今回、外付けHDDとキーボードをスマホに接続して記事を書いてみた。
やはり、物理フルキーでの入力は便利だ。
ハードディスクに保管してある音楽もスマホで聞けるし、案外悪くない。

使い勝手の本格的な確認はおいおいやってみます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR