FC2ブログ

バナナフィッシュはいなかったが、さえずる魚にうってつけな日






いくつかの偶然の面白さ。

シンクロニシティとはこういう事かもしれない。




職場の喫煙室。

先般の休日、何をしていたか?の話題。
ゴルフなりなんなり。

僕はと言えば、紅茶を片手にロシアの不倫小説を読んでいたよとうそぶく。




なんとなしに見ていたクイズ番組。
古い映像。
この人は誰?の問題。
僕は得意げに答える。

「トルストイ!」



休日。

洗濯物を干しながら、けれどなかなか終わらない事にうんざりして、なんとなしに書棚にあった漫画を手にする。

「アリオン」
アリオン



初代ガンダムのキャラクターデザインで名高い安彦良和の作品。

何の気無しに手にし、ああ、懐かしいとページをめくる。
ギリシャ神話を題材にした物語は、情念にあふれた神話らしく陰鬱としている。

一見の価値は、そのずば抜けた作画力。

明暗を巧みに使い陰鬱な世界観を表現しつつも、躍動感に溢れる構図の数々は、知らず引きこまれる冒険活劇に仕上がっている。
他に類を見ない技巧的な手腕はさすがの一言。

懐かしさもあって、久しぶりに読み直した。
今でも手に入るのだろうか?

余談。

本作品は所謂作画ペン(Gペンとか丸ペンとか)は使われていない。
すべて削用筆(さくようふで)という、主に日本画で使われる筆で書かれている。

ひとこまひとこまが絵画的であるのも見どころだ。




図書館。

めぼしい作品を探してウロウロ。
ポイントはフィーリング。

偶然の出会いによる一目惚れに一喜一憂するのも読書の楽しみだ。

とはいえ、その日は琴線に響くセクシークイーンは見当たらず。

仕方がないのでフランス文学コーナーへ。
いつか読もう、でもなんだか敷居が高いと敬遠していたゾラでも借りようかと思ってのこと。

ところが、幸か不幸かゾラの作品は一つもなく。


さて、どうしたものか?

若干、途方に暮れていた矢先、一冊の本が目に留まる。

「囀(さえず)る魚」

囀る魚


タイトルが斜めだ。
しかも表紙とタイトルから受けるイメージが一致しない。

フランス文学だけに洒落てるなと、その日はその本を借りることにした。





囀る魚。
アンドレアス・セシェ作。






結論を言ってしまうと、あまり面白くなかった。
あげく、この本はフランス文学ではなく、ドイツ文学だった。
書棚の戻し位置が間違っていたようだ。



実を言えば、借りたその日に読み終えた。
少々不思議な印象。

面白くないのに読むのをやめることができなかった。


インターネットでの書評を調べると、両極端に割れていた。
がっかりだと言う感想と、素敵だという感想と。


この作品はファンタジーだ。
舞台はギリシャ。
主人公の青年が、不思議な書店の不思議な女性店主と出会い、不思議な経験をして、一つの真実に到達する。
そんな物語。

この本のキャッチは、「読書好きの人の為の本」と言うことのようだ。

というのも、作中、50冊超えでの名だたる作品の引用が登場する。

それぞれの引用に共感したりもするので、なるほど読書好き向きかもしれない。

ちょっと笑ってしまったのが、トルストイが登場すること。
このあたりで様子が変な作品となるが、起承転結の「転」に位置する引用で、まあ、ファンタジーならでは。

登場したトルストイは代表作「アンナ・カレーリナ」の執筆に難儀しているという設定。
世界に名高い不倫小説だ(笑)

僕としてもきっちり書き終えてもらわないと困る(笑)

なので、主人公の行動に期待となった場面だ。


ドイツ文学でありながら、ギリシャが舞台なのにも意味があった。
若干のネタばれになるが、ギリシャ神話が不思議な物語の設定を成り立たせている。

残念ながらアリオンは出てこないが、、、(笑)


ネタばれついでに、もうひとつ。

本作品は、時間軸のずれた二つの物語が「同時並行」で進行する。
四次元的パラレルワールドをしれっと書いている(笑)

そして、同時平行する物語の主人公はコナン・ドイル。
言わずと知れたシャーロックホームズの作者だ。


ここまで書くと、設定の散らかり具合が、どう収拾されるのかが想像できないかもしれない。
けれど、とても優しい文章と物語の進行で、小学生でも楽しめる作品に仕上がっている。
何度も書くが、これはファンタジーだし(笑)


興味があればぜひ。

がっかりするか、夢中になるかは読み手しだいだ(笑)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR