FC2ブログ

屋根の上のふたり


屋根の上の二人




例えば、こどもの描く世界観を、絵心のある大人が上手に模倣したとしても、
何かが足りない感じで、あっけなく見透かされてしまうような気がする。

具体的な違いを言葉では表現できない。
絵はそもそも、言葉では言い表せない思いを可視化する為の手段だと思う。
だから、子どもの描く絵の方が、大人よりも下心がない思いが伝わりやすのかもしれない。


長男は絵が嫌いで、家では絶対にマネ事もしない。
そんな長男だからだろう。
学校から持ち帰った絵を、玄関口に無造作に放りだしていた。
授業の課題で仕方なしに描いたものだと想像するが、微笑ましい下手くそな絵は、僕を幸せにするに
十分な仕上がりだった。

二年生ももうすぐ終わり。

三年生になったら、どんな絵を描くのだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR