FC2ブログ

numb 【形容詞】 ・・・(悲しみ・疲労などで)まひした、無感覚になった








その青年は繊細な見た目を裏切らず病弱であり、その生い立ちも暗く影のあるものだった。
青年期に受けていた性的虐待や同時期に経験する両親の離婚。
現実から逃れる為の薬物使用やアルコール依存は16才の時点で分水嶺を越えようとしていた。

身内による努力もあって、現実世界に引き戻されはしたが、それとの引き換えなのか虚弱な肉体と精神を武装するかのように全身をピアスと刺青で覆い尽くした。

そんな彼が亡くなったというニュースは瞬時に世界を駆け巡った。数時間後には、その死因は自殺であり、さらに数時間後には少し前に同じく自殺した親友の後追いだったのでは?の憶測も流れた。

7月20日。

先の5月に自殺した親友の、奇しくも誕生日に自らの命を絶った為だった。





マルチプレイヤーの「マイク」、別名「篠田 賢治(シノダ ケンジ)」

彼の率いるロックバンドは、デビューアルバムでビルボード初登場16位。
このインパクトは当時衝撃だった。

結果、2~3千万枚をセールし、当時のティーンエイジャーでアルバムを持っていない人間を探すほうが困難と評された。
その後、グラーミー賞を始め、数々の賞を総なめにしアルバム総セールスは6千万枚とも7千万枚とも言われている。


僕にとっては、ハードロックの理想的進化を遂げたサウンドであり、大変失礼な言い方になるが、アメリカンロックとは思えないほど繊細でナイーブだった。
とは言っても、骨抜きなサウンドではなく、むしろ攻撃的で反抗的で怒りと悲しみに満ちている・・・というのが僕の印象だ。

よく言われる事だが、あらゆるジャンルの利点を上手に融合したサウンドは、おそらく多くの人が聴きたかった姿の具現化だったのだと思う。
デビューアルバム以降、留まるところをしらないヒットの連続は、たぶんそんな裏付けがあってのことだと想像する。

バンドの名前は「リンキン・パーク」
リンキン③


以前もこのブログ内でネタとしたが、まさかこんな形で追悼する事になるとは思わなかった。


織りなすサウンドの真新しさもそうだが、よく語られるバンドの魅力として、リードボーカルの力量がある。
元々はデビュー前のバンドオーディションでの採用であり、結成に際してのオリジナルメンバーでは無い。

実しやかに語られる逸話として、同じくオーディションに来ていたヴォーカル候補達は、彼の歌を聴いて驚愕し、何もせずその場を立ち去ったと言う。


僕も初めて曲を聴いた時、マイルドでクールなラップボーカルと、少年のように可愛らしく美しいヴォーカルと、身を切るように大声で激しくシャウトするヴォーカルとが混載していて、「いったい何人ヴォーカルがいるんだ?」と思った。

実際にはツインヴォーカルで、主にラップとコーラスを担当するのはマルチプレイヤーのマイク・シノダで、メインヴォーカルはチェスター・ベニントンという青年だった。
彼が少年のような優しいヴォーカルと激しいシャウトの主であり、ヴォーカルオーディションの面々を歌声で蹴散らした人物だった。

容姿を含め、繊細さがにじみ出ている彼は、サリンジャーの小説の主人公のようで、薄氷のような危うげな空気をまとっていた。
リンキン④


そんな彼が自殺したというニュースは、本当に衝撃的で、職場での昼休みに何気なく見ていたネットニュースに大声を出してしまった。

けれど、不思議さを感じなかったのも正直な思いだ。
容姿から滲み出る繊細さは、想像し共有することがかなり困難な闇からくるものだったのだろうと考えた。
もちろん、僕には知る由もないし、勝手な想像でしかないが、、、。



非道徳的で社会的協調性が乏しいバンドに見える風貌だが、実際には決してそんなこともなく、社会的クリエーター集団だ。
特にポリシーがあったわけではないだろうが、世界各所の自然災害など救済イベントには欠かさず参加する勢いだったし、ボランティア活動で被災地を訪れていたなどというニュースを良く見かけた。

日本でも、さりげなく東日本大震災の石巻市を訪問していたり、チャリティアルバムに参加していたりする。

余談になるが、拾いあげると日本贔屓な面があり、ターンテーブル担当のDJハーン(韓国)は元々デザイナー志向であり、F1で奮闘する小林可夢偉のヘルメットをデザインしたりしている。
また、ガンダム好きでもあり、プロモーションビデオにさりげなくガンプラが登場したりする。

リンキン②



ガンダムに関してい言うと、関連ゲームの主題歌をバンドが担当するなど、意外なところで縁がある。

余談ついでに言うと、マイク・シノダ(篠田 賢治)の弟は同志社大学に留学していいた。





お勧め曲を色々考えたが、1曲で全てを知るに最適かなと「numb(ナム)」を選んだ。
美しいメロディで聴きやすいし。


曲タイトルの「numb」は形容詞で直接的な意味を汲み取りづらい。

ミュージックビデオから勝手に解釈すると、「協調したいが協調されず、社会から切り離され自己の感覚も無くなって行く」という心境を一言で表したのかな?と想像する。
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を連想した。

この危うさは、自ら命を絶ったチェスター・ベニントンの心境そのものかもしれない。

何れにしても、チェスター・ベニントンの少年のような可愛らしい歌声と、魂を切り裂くシャウトの両方がバランスよく聴けるので、是非一度チェックして頂きたい。
あ、あとマイク・シノダのラップもクールだ。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

神奈川県の新遊戯施設

今回記事とは全く関係がなくて恐縮ですが

神奈川県南足柄市にある
「足柄森林公園 丸太の森」に
森の空中遊び「パカブ」がオープンしました
http://parcabout.jp/
↑公式サイトです

2017年7月下旬にオープンしたばかり
日本初上陸で、世界最大級の大きさとのことです

足柄森林公園へは、行ったことがありますか?
それとも今後行く予定ありですか?
同施設の空中滑走アトラクション「ジップライン飛天狗」と併せて
体験したいところですが
飛天狗の利用条件を娘達が満たしていないのがネックです
旬を逃すのは仕方ないにしても
※飛天狗の利用条件を満たすまで待っていたら
「何年かかることやら…」と悩みどころです
※飛天狗 身長130cm 体重30キロ 小4以上
※長女(身長121cm 体重21キロ 小3) 次女(身長124cm 体重30キロ 小1)

Re: 神奈川県の新遊戯施設

のりゅ様

コメントありがとうございます。

ご紹介の場所、知りませんでした。
絶対楽しいに違いありませんね!

大人も一緒に楽しめそう!

僕は高い所が苦手なので、ちょっと腰がひけちゃいますが、きっと子供たちが手を引いてくれると期待したり(笑)

置いて行かれたりして、、、。

こういう遊び場もいいですね。

チャレンジしてみます!
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR