FC2ブログ

ぼくらの時代






僕が子供のころは、電子遊具の類は浸透しておらず、日々の遊び道具と言えば、道に転がっている石や空き缶。

別にそれが偉いわけでも何でもない。

ただ、そうだっただけで、何が言いたいのかと言えば、僕は奥さんのようにTVゲームの技を教えてあげることはできないが、その辺のものを使ってそれっぽい遊びを教えてあげることはできるという事。


夕方間際、いつものように次男がTVゲームに飽きて「どこかに行こうよ」と言いだした。
これから?という時間だったので、車でそれほど遠くは無い、僕が次男くらいの時に遊んだ場所に一緒に行くことにした。


ただの河原。

川遊び④


今思えば、当時の親御さんたちは大らかだったのか、適当だったのか、それとも案外小さい子供なりに危険察知能力があったのか、僕らは子供たちだけで、学校が終わると河原で日がな一日遊んでいたが、不思議と事故の類は一度もなかった。

まあ、次男が一人で河原に遊びに行きたいと言っても、僕はNGを出しますが(笑)

そんなわけで、意外と河原で遊ぶ事のない次男には興味深げ。


田畑用の引きこみ用水路。

ここに発砲スチロールのトレイを浮かべて流して競争して遊んだり。
古風だが、笹舟競争なんかもした。
川遊び①


とは言っても、川遊びの王道は「水切り」だ。

手本を見せると、「とうちゃん、すごい!!」」と食いついた。

「平べったい石を選んで、よこから投げるんだよ」

次男は、一生懸命平べったい石を探す。
僕も探す。

次男はなかなかうまくできない。
それでも、何度も挑戦。
川遊び③

シンプルだけど、やっぱり子供には楽しいようで、飽きることなく続ける。

最後は遠投。

反対岸まで届く事はないが、少しずつ遠くに届くようになっていく。
川遊び②


僕らは良く、流れてくる流木などをめがけて当てるのを競ったりした。

こんな遊びしか知らないけど、意外と楽しいでしょ?




それにしても、長男、最近遊んでくれない、、、(涙)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ぼくらの時代

こんばんは、tomパパです (*^_^*)

>今思えば、当時の親御さんたちは大らかだったのか、適当だったのか、それとも案外小さい>子供なりに危険察知能力があったのか、僕らは子供たちだけで、学校が終わると河原で日>がな一日遊んでいたが、不思議と事故の類は一度もなかった。

凄い良く分かります。
私も良く、川に入って何kmも歩いて魚を捕まえたり、
塀の上に乗ったり飛び降りたり、家の屋根に乗ったり、
冬の田んぼではサッカーやったり、
路地を自転車競走で22周も走り回ったりと
色々な事をやりました。

今ですと、まずは息子達にやらせませんね。
「危ないから」っとか「怒られるから」っと言って。
多分、上から2枚目のお写真でも
「そんな所を歩いたら 落ちるよ」
っと言ってしまうと思います (^_^;)

しかし、kakeru666パパさんと同じく、
私達も 怪我をする事はありませんでした。
ここまでやったら危険だ とか
これ以上やってはいけない
っという事は 自ずと 身に着いた感じがします。

危険察知能力も同じくですが、
子供達には 電子ゲームだけでなく
シンプルな遊びでも 楽しいんだよっという事を
教えてあげたいですね (*^_^*)


Re: ぼくらの時代


tomパパ様

コメントありがとうございます。

決して、昔の子供の方が偉いとか、そんな気持ちはないのです。

ただ、古い遊びにも触れる機会があるのは悪くないかなとは思います。

恐らくは、子供たちは、案外たくましく色々と考えて行動をするのかもしれませんね。

可愛い子には旅をさせろといいますが、なかなか勇気がいります(笑)

通勤の時、一人で電車通学用している小学生を見かけますが、関心する程しっかりしてます。

本当は、適時に親は子離れすべきなんでしょうね。

できるかなぁ、、、僕(笑)
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR