FC2ブログ

今宵、ダンスパーティにて









お泊まり会二日目の夜。

プールから帰還し、少し休んでから近所の公園で行われる盆踊り祭りに。
長男とその友人3名は、お財布を握りしめ、嬉々としながら自らの意思で会場に向かう。

「とうちゃん、早く!!」

次男は勝手に行くことは許されておらず、保護者としての僕を促す。

盆踊り祭りには、昨年から参加している。
以前は地元の催しにあまり興味が無く、どんな事が行われているのかも知らないでいた。

昨年、次男が同級生と一緒に遊ぶ約束をして、特にどこかに出かける宛てがあったわけでもなく、なので一緒に行こうかと、初めて参加してみた。

盆踊り②



長男も次男も同級生がたくさん遊びにきていて、とても楽しそうに露店をめぐり、くじをやったり食べ物を食べたりと大はしゃぎをしていた。

そんな姿を見た時、ああ、もっと以前から参加すべきだったなと反省した。
子供たちが楽しそうにしているからだけではなく、きっと、ここは、子供たちが大人になって、自分たちの家族ができたりして、そんな頃合いにはきっと「帰る場所」になるのだろうなと考えた。
めったに会わなくなるであろう幼馴染と、約束が無くても巡り合える場所になるに違いないなと。





長男たちは、人ごみにまぎれてどこか見えない場所で仲間たちとたのしんでいるようだった。
僕は次男と、次男の思うがままに会場を巡る。

くじをやったり。
盆踊り③


それも何度も挑戦して。

好きなだけやりなよ。
今日はお祭りだからね。



食べ物だってなんだってあるし。
飽きることなんてないよね。
盆踊り①


次男ははしゃぎすぎて汗びっしょり。
途中で着替えたり(笑)

同級生にもたくさん会って嬉しそう。

けれど、気が付けば知らない子とすっかり仲良し。
くじで手に入れた懐中電灯を手に近くの森を散策。
小さな冒険。

僕は、はなれた場所からゆっくり付いていく。
盆踊り⑥


次男が満足するまで一緒に過ごし、ようやく落ち着いたころ僕は露店の残り物とビールを購入して一休み。
ビール缶を二本あけるまで、次男は傍でおとなしく待っていてくれた。

色々話をしながら。

今日は楽しかったね、とか。

さて、そろそろ帰ろうか?
僕と次男はのんびりと自宅に向かう。

自宅では、先に戻った長男とその仲間たちすでに布団でごろごろしていた。

お泊まり会二日目は無事終了。


大人になっても、もし色々と迷子になったら、このお祭りに顔を出すといいよ。
きっと、元気がでるはずだから。

お酒もつまみも豊富だしね(笑)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR