FC2ブログ

さわやか律子さん VS さるとびエッちゃん

ボーリングトップ
※ たまにはこういったところも良いかもだ。








記録的な雨が続く頃。



何か楽しい事でも起きないだろうかと思うが、待っていても何も起こらない。
立ち止まっている人のところには、良い知らせは来ないものだ。

さて、と僕は思った。

ボーリングにでも行こうかな、と。

脈絡は無い。


閃きは大事だ。


と言う事で、仕事から帰ってくる奥さんを待って、家族ボーリングと洒落こんだ。

思い返してみれば、僕は子供たちとボーリングをしたことが無い。
それどころか、奥さんとも無い。

いったいどれくらいボーリングをしていないのだろう?

などと考えながら、自宅から歩いてでも行ける距離にあるボーリング場に車で向かった。
雨だから。





思いのほか予約が一杯であり、僕らは同じ施設内にあるゲームセンターで時間を潰すことになった。

子供たちは奥さんからお小遣いをもらい、クレーンゲームで散財する。
ボーリング②

とは言え、クレーンゲームで時間を潰しきるには資金不足。
原資がショートする前に、コインゲームに切り替えた。

運が味方し、思いのほか時間が潰せた。
子供たちは、後先考えず夢中でコインを投入する。
ボーリング③

僕もコインゲームは好きだ。
なので、眺めていても飽きることはなかった。




ようやく、僕らの予約時間となり、受付へ。
奥さんが手続きをする間、兄弟はじゃれあう。

次男はすっかり大きくなり、けれど長男は今でも弟を抱きあげられると誤解していて、じゃあ、試してみようかと格闘していた。
ボーリング④


ぱっと見だと、どっちが抱きああげられているか解らない構図だ。
結局、長男は重たい次男をうまく抱き上げられず、オンブならできると、ボーリング場の受付前で次男を背中に背負いフロアーをヨロヨロとしていた。





最近のボーリング場は小さな子供でも楽しめるように工夫されていた。
軽いボールや、差し込む指穴が4か所だったり。
驚いたのが、ガーターに落ちないように、子供の順番がくると自動的に障壁が起動する事。

いまどきは当たり前なのかもしれないが、僕は目にするのが初めてだった。

と言う事で、勝負開始!

特に投げ方とか説明はしなかった。
兄弟いわく、「初めてではない」との事だったので。
以前、奥さんと、その仲間たちとで楽しんだ事があるという。

それならお手並み拝見だ。

まずは長男。

僕は爆笑(笑)

この舞うようなフォーム。
ボーリング⑤

不思議とボールは真ん中を走る。

とはいえ、ヘンテコで面白い。

面白勝負パート2。
次男。

見よ、このポーズ。
かしこまったオーバーアクション。
笑いの素質は天性だ(笑)
ボーリング⑥


ゲームを進める中、ちょっとした演出もあった。
フロアが暗くなり、ライトアップされたレーンに向かって、その場に居合わせる人々が一斉にボールを投げるイベント。

タイミングは長男の時に訪れた。

緊張する長男。
鋼のハートで見せ場作くりを期待。
ボーリング⑦


残念ながらストライクは仕留められなかったが、大喜びだった。

公園に行ってブランコとか滑り台で遊ぶ機会は減るかもしれないが、これからはこういった楽しみも悪くは無いかもだ。

また行こうね。

ボーリング⑧






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR