FC2ブログ

続・六都物語

六都再び⑫
※長男を中心に廻った場所を、今度は次男と巡る冒険の始まりだ。



● 多摩六都科学館
● 場所:東京都西東京市 芝久保町5丁目10?64
● http://www.tamarokuto.or.jp/
● 休業日:まちまちなので下記で確認
  http://www.tamarokuto.or.jp/guide/yearholiday.html
● 開館時間:9:30~17:00
● 料金:大人500円、子供200円(4歳~高校生)
● 駐車場:30分100円・・・最大1日700円
● 遊び時間:4時間程


多摩六都科学館は東京都小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市(元、保谷市&田無市)の5市が運営する参加体験型の科学館。


世界一と謳われるプラネタリュウムと様々な学習装置があり、小学生ぐらいなら高学年でも十分に楽しめる。
又、体験型の装置がほとんどなので、小さい子供でも遊具として遊び倒せる。

屋内施設の為、雨の日にうってつけだが、車で行く場合は開館前に到着するぐらいがベスト。












朝、リビングに行くと、次男がばっちり身仕度を整え僕を待ちかまえていた。


「早く、科学館に行こうよ」

次男が言う。
前日に「科学館に行ってクイズラリーでもやってみる?」
そう、次男に尋ねたのを思いだした。

以前にも行った場所で、けれど、当時次男は幼稚園児で、文字を読むのが覚束ない為、長男がクイズラリーをやるのを眺めているだけだった。

その日は雨で、科学館にはうってつけだったが、厄介なのはその科学館はすぐに駐車場が満杯となり、そうなると易々とは入館できないので、とるものもとりあえず直ぐに家を出た。

念のため長男にも行くかい?と尋ねたが、ゲームやるからいいと、案の定の回答だった。





到着は開館前。
無事に駐車場に入れたが、既に長蛇の列。

六都再び①

会館まで待機中。
することもないが、次男と色々話ができて待ち時間も楽しくはあった。


入館をすませると、さっそくクイズラリー用の「カード」を作成。
館内には、何箇所かのクイズボックスが設置されていて、自分のカードを差し込み特典を記録していく。
次男、これがやりたかった模様。
六都再び②


まあ、見どころは満載だし、では出発。


まずは、これ。
というより、これなんだかわからなかった、、、。
六都再び⑥


続きまして、空中に浮くリンゴ。
六都再び⑦


そして、触れない。
六都再び⑧


続きまして、自転車を漕いで電気を作る。
六都再び⑩

おおっ!
街にあかりが灯った!
六都再び⑨


続きまして、太陽系、同一質量の重量比べ。
重力の大きさで、同一質量でも重さの体感値が変わる、、、的な。
六都再び⑤


次男、趣旨解っているのだろうか、、、?(笑)

続きまして、なんだか良く解らないカラクリ。
子どもは、こういうのが好きだったり。
六都再び⑬


次男は、長男と違って、構造解説的な展示物よりも、図鑑ちっくな方がお好み。
一番長居を決め込んでいたのは生物の展示エリアだった。
六都再び⑭


立体図鑑みたいなものだし、楽しいのかもしれない。

あと、次男はパズルが大好き。
何ということはない魚の手作りパズル。
嬉々として挑戦。
六都再び⑮

それと、これは絶対にやるに違いないと予想していて、そして案の定夢中でやっていた、地元の地図の大型パズル。
完成するまで居座った。
六都再び⑰


そして、見事完成。
ドヤ顔の次男。
六都再び⑱


まあ、一般的な科学館にあるものは全てあるので、見どころは尽き無い。
六都再び⑪

小学生低学年くらいには、最適かも。

あ、あとプラネタリウム。
世界一星の数を投影できるとのことでギネスにも認定されているそうだ。
六都再び⑯

プログラムには幼児向けの作品があったりするが、この際大人向けを鑑賞するのをお勧めしたい。
幼児向けは、物語となっているが、プラネタリウムのポテンシャルはまったく発揮できておらず。

満天の星星を、バーチャルとはいえ見てみたいものだ。
人工的な明かりの無い世界では、天にある天の川は本当に川のようだし。
そんな星空を見る方が楽しいだろうと思う。






次男は一通り遊び倒して、ご満悦。

写真はは科学館のシンボルドームを手で押さえているの図。
伝わるだろうか?
六都再び21



さて、次はどこに行こうかな?







あとがき。




展示物の中で、僕が夢中になってしまうものがあった。
それが、こちら。
六都再び⑲


カブトガニ。

もう、動きがキュートで、キュンキュンしてしまった。
思わず「欲しい!!」と考えた。

大きさは、こんな感じ。
六都再び⑳

かわいかったです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

続・六都物語

こんにちは~

科学館!
結構、遊べますよね、勉強にもなるし (*^_^*)

空中に浮かぶリンゴ、これは不思議ですね。
どうなっているのかな?

プラネタリウムも良いですよね。
私も大好きですが、ウチのママさんがダメでして。
パノラマ画面に酔ってしまうので、見れません (^_^;)
子供達には 見せてあげたいです。

>写真は科学館のシンボルドームを手で押さえているの図。
>伝わるだろうか?

面白い!!
最初、シンボルドームが小さく見え、
普通に建物を手で触っているだけかと思いきや、
よくよく見ると、遠近感を使った錯覚にて
写真を撮っているのですね。
分かりますよ~ (*^_^*)




No title

こんばんは。
六都市には住んでいたし、
初めての車はここの近くで買い、
昔、この前はよく通っていたのですが
入ったことありません。
何か混んでる感じと、駐車場なさそう、と思っていました。
最近会社の都合で無理矢理休まされて、行く場所なくて困っていたので、この記事を参考に行ってみたいと思います。

No title

ココのプラネはやっぱりいいですよ。
今までの経験上、台場の科学未来館と同等レベルの質の高さですよ。
幼児向け番組だったら・・・ 
そうですね。実力発揮できずにもったいない(>︿<。)

No title

こんにちは~♪

長男さんと遊んだ場所に再びだと
リアクションの違いも楽しめそう?
同じ親から産まれても興味あるものが
違ったりする不思議(笑)

カブトガニは子供の頃に住んでた
(同じ北九州市内です)
場所に近い海岸で、引き潮の砂浜に
身動きできずに、うごめいてました

泳いでる姿は見たことがないけれど
ツボにはまるほど可愛いのなら
見てみたいですね~♪

Re: 続・六都物語


tomパパ 様

コメントありがとうございます。

科学館は楽しいですね。
恐らくは、子どもがいなければ訪れることがなかったのかもしれません。

そういう意味でも、子供がいる喜びが感じられますし、一緒に楽しんだりできる幸せを味わえます。

子供たちが大きくなって、自分達の子供ができたら、父ちゃんの事を思い出してくれたら嬉しいですね。

そうだ、科学館に行こう。

そんな感じて。

Re: No title

なお 様

コメントありがとうございます。

ここ、それなりにたのしいです。
紹介しきれていない展示物がたくさんあります。

興味が持てればかなりの時間楽しめます。

お薦め事項は2つ。

車で訪問の際は開館前がよいです。
駐車場がすぐにいっぱいになります。
以前、2回諦めた事があります。

もう一つはお弁当持参。
コンビニ弁当だったとしても、持ち込みがよいです。
レストランがありますが、持ち込み弁当を食べるスペースがあるのと、レストラン待ちを避けられますので。

Re: No title

おでかけ親父 様

コメントありがとうございます。

プラネタリウムって素敵ですよね。
ただ、極端に子供向けなコンテンツって、必要なのかな?と思います。
ピカチュウものとか(笑)

難しい事は抜きにして、なかなか見る事の出来ない満天の星空をこれでもかと投影した方がよいかな、と思ったり。

まあ、選択権が与えられているので完全否定はしませんが(笑)

綺麗な星空は、大人でもわくわくしますし、プラネタリウムはよいですね。

Re: No title

aonekopapa 様

コメントありがとうございます。

実はカブトガニの剥製をもってます(笑)
実際に動く姿を初めてみたのですが、現地で思わず声だして喜び、しばらくその場を離れられなかったです。

今思い出しても可愛らしいとメロメロになります。

動画で残せば良かった、、、。

カブトガニの血液は青なんですよ。
不思議ですよね。
医療用としても活用されているようです。

伊万里にたくさんいるようで、、、。
行ってみたい(笑)
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR