FC2ブログ

ペッピーノ一座はいまいずこ?






僕は電気屋さんに行くのが好きだったりする。

特に欲しい物があるわけでもなく、ましてや必要な物があるわけでもない。

何となく顔を出しては、ああ、こんな製品があるんだな、、などと、デジカメコーナーで一眼レフを覗いたり、電子ピアノコーナーで、ポロンと音を奏たり。

子供が興味をもつものがあれば、製品の目的とか機能とかを説明したり。


そんなわけだから、お店の方からすれば招かざる客と言うことになる(笑)

時々出くわすのが、メーカー主催の販促イベント。

20181016225540dce.jpg


子供向けの催し物があると、参加させて貰ったり。

201810162256535ed.jpg


意外と子供はたのしんで過ごす。
いつか買うことがあったら贔屓にしたい(笑)

20181016225323451.jpg


子供と一緒に、邪魔にならないよう気をつけながら店内をクルクル。

20181016230309fa6.jpg


疲れたら、マッサージ機をお試し。
いつも試してばかりでごめんなさい。

201810162307478d4.jpg





ショッピングモールとかにはあまり行かない。

たま~に行くが、イベントがよく行われていて、いったなりに楽しかったり。

大道芸の類にでくわすと、僕も結構夢中で見てしまう。
間近でみる磨き上げた技の数々だけではなく、芸風に合わせたキャラクター設定や、徐々に難易度を上げていく盛り上げ方や、「これ、めったに成功しないんです」と前説しつつ、確実にこなす最高難度の技の披露の仕方など、学ぶものがあったりする。

201810162310562b7.jpg


僕はいつも夢中でみてしまい、惜しみなく拍手を送る。

大道芸は人を楽しい気分にさせる、なかなかの発明だなと思ったり。

大道芸の人達は大概子供に人気だし、子供好きだったりするような気がする。

違うかな?

201810162313242a8.jpg


以前、子供たちがお世話になっていたバトミントンのクラブチームでお楽しみ会があって、どういう流れでそうなったのかは解らないけれど、手品を披露する羽目に陥り、なので、訳も分からないまま僕と長男とで披露できそうな手品を色々しらべて、さらには手品のタネも自分達で手作りしたり。

大した手品ではなかったけれど、とっても盛り上がった事を思い出した。

楽しかったな。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪

土曜日は妻が勤務になったため
子供達と過ごす時間がさらに拡大!

ヤマダ電機とか、大きな店舗だと
時間つぶしの場所には良いですね
全天候型ですし

以前から家電製品だけでなく
食品やお菓子も販売しているのは
「何か買って帰れ」という意図かも(笑)

母をたずねて三千里、リアルタイムでも
夏休みの再放送でも見てましたが
今思うとペッピーノは何人なのでしょう

No title

あ、コメントに名前が入ってない
aonekoです失礼しました

Re: No title

aonekopapa 様

コメントありがとうございます。

名無しの権兵衛さんだとしても、わかりました(笑)

大きなお店は、たまに行くと楽しいですよね。
最近は特定業態では、なかなか儲からないようで、どこもかしこもM&Aで事業拡大してますね。

流通業もだいぶ淘汰されて、僕が子供の頃にあった販売店のいくつかは無くなってますし、、。

例にあったヤマダ電機は、本業は電気屋さんですが、住設事業への大幅な業態変更を狙っていて、実はあまり知られていないかもですが、今年社長交代があり、現社長は元エディオンで住設事業を手掛けていた取締役が就任してます。

こんどヤマダ電機にいった際、売り場をみてみてください。
やけにシステムキッチンとかリホーム関連とか、住設関連の売り場があることに気がつくと思います。

まあ、これだと、おいそれとは買えませが(笑)

ヤマダ電機ネタ。

ももいろクローバーZは、インデーズ時代、、、Zがつく前ですね、全国津々浦々をワゴン車で車中泊しながらライブ活動をしてました。
そのときのライブ場所は全国のヤマダ電機。

ヤマダ電機が誕生の聖地。



ペッピーノ一座。

好みの子であるフィオリーナ。
なんとも憂いのあるキャラが好きでした。

カテゴリーとして、同類かな?と思って好みなのは
エヴァンゲリオンの綾波レイ
アンパンマンのロールパンナ
名探偵コナンの灰原哀

(笑)

アニメの母をたずねて三千里は、宮崎駿節が随所にみられて結構好きでした。

小学生の時に原作も読みました。
原作、なんだかあまり面白くなかったです(笑)

宮崎駿節が足りないんだと思います(笑)
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR