FC2ブログ

Locke The Zuperman






いつだったかの公園に向かう時、途中立ち寄ったスーパーでお弁当を買うのではなくコロコロコミックを買った次男。

それ以来、コロコロコミックの愛読者。
毎月奥さんが買ってあげることになった。



楽しそうに読む。


コミックだっていいじゃん(笑)

物語は楽しい。




201811302308009ba.jpg














今から50年ほど前。

アマチュアの漫画同人誌でその作品は発表された。

当時、オフセットの印刷など高嶺の花であり、ましてコピー機による増刷も行うこともできなかった時代だ。

そのため、その同人誌は肉筆原稿を束ねて回覧する形式の物であった。

作品の主人公は「永遠に生きる少年」
名前をロックという。

あまり知られていない事実として、一つの作品として描き続けられている年数は、あのゴルゴ13を抜いて日本一長い。


僕はこの作品に中学時代に出会った。

初めて読んだとき、その面白さに夢中になった。

当時、少ない情報から解った事は、商業誌連載される前のアマチュア作品が存在する事と、そのアマチュア時代の作品の人気から商業誌連載に至った事。

現在のようにインターネットなどを利用しての、様々な作品な発表の場もなければ、口コミで広がる要素も限りなく少なかった時代のはずだ。

それ故、如何に人気があったかが想像がつく。

ジャンプ漫画の類の様に商業作品を狙っていない分、マイナーな立ち位置に留まり続けたが、幾度となく持ち上がる「アニメ化」の企画が、コアなファンの反対で立ち消えになることが続いたりした。


その作品を僕は手に入る範囲で読み続けた。





ある日のこと。

奥さんが僕の本棚からこの作品を手にとり、なんとなしに読み始めたことがあった。


それから数日後、奥さんはあらゆる手段を使って、当時発刊されていた作品の全てを購入した。

僕が噂でしか存在を知らないアマチュア時代の作品ですら手に入れていた。

「これ、凄い。めちゃくちゃ面白い!」

気がつくと僕以上に夢中になっていた。


作品のタイトルは「超人ロック」


悠久の時を生きる永遠の少年の物語だ。

それは、僕と奥さんが唯一共通して面白いと共感した物語でもある。

興味があれば是非(笑)

201811302323496d1.jpeg






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Locke The Zuperman

こんにちは~

コロコロコミック!
ウチでも かず君がハマっています。

(今年の)10月号をですね、会社の人からもらいまして
それ以来、買う羽目となりました・・・ (^_^;)
(会社の人、余分な事しやがって・・・)

私も小さい頃には コロコロコミックにハマりましたね~。
(当時¥330でした)
こんなに漫画が載っていて ¥330はお得だと思いましたよ (*^_^*)


超人ロックですか!
漫画の名前は知っていましたが 読んだ事はありません。
一度読んでみたいですね~ (*^_^*)

ウチのママさんが漫画が好きでして、
一度コミケへ連れて行かれた事があります。

何が好きかと言いますと
新谷かおる の 「ファントム無頼」です。
(新谷かおる、知っていますでしょうか?)
私の小さい頃、「ファントム無頼」を読んでいまして
その単行本を 見せてあげたのですが
それから、ハマっています。
(私は 新谷かおるの”エリア88”が大好きです)

ブログに載せられているの超人ロックの絵を見た時
「もしや、新谷かおる作?」
っと思い、調べた結果 聖悠紀っという方でした。

ちょうど、今年に亡くなられたようですね。

なんか、亡くなられた年に こうやってブログで紹介される・・・
なんとなく運命的なモノを感じました。
機会がありましたら 是非 読んでみたいと思います (*^_^*)




Re: Locke The Zuperman


「おい、マッコイ爺さん。こないだの弾薬、あれはいったい全体何なんだ?敵機に命中する前に暴発しやがった。あんなの掴まされたんじゃ、命がいくつあっても足りないぜ」

「バカいうな。値段相応。おまえさんがケチるからさ。金さえ払えば、核弾頭だって持ってきてやるよ」



こんな感じでしたっけ?(笑)

エリア88読んでました。



コロコロコミック。
あの掲載量であの値段は確かにおねごろですね。

あの電話帳なみのボリューム、子供はあっという間に読みますよね。

どんなものでも色々読むのは悪くないと思います。

続けて買い与え下さい(笑)

超人ロック。
ひじりゆき、亡くなられてたんですね。

知らなかった。

作品はなかなか素敵な物語です。

「炎の虎」という作品がおすすめです。

よろしければ是非。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR