FC2ブログ

名も無き家族と名も無き公園:3



冒険シーズンはセカンドに突入して、すっかり相棒として定着した次男。

あまり、気の利いたところには連れて行ってあげられないけれど、どこでも楽しんで遊んでくれる。

20181203215326d00.jpg


本当はもっと楽しませてあげたかったのだが、色々と大人の事情もあってそうもいかない事も多かったと思う。

けれど、無垢な笑顔は僕を何度も助けてくれた。

その愛嬌はかけがえのないものだ。

20181203215353f3d.jpg


僕は運動好きなので、まねをして遊んだり。

2018120321542317d.jpg

そんなことでも楽しんでくれていたなら嬉しい。

ほら、もうちょっと我慢だ。
頑張れ~

2018120321545018b.jpg


「引っ越すの楽しみだなぁ~」

とても嬉しそうに言っていて、僕まで笑ってしまったよ。

まだ、僕の相棒でいてくれてるかな?
いつまでも忘れないでいてくらたなら、僕はそれだけで満足だよ。

201812032155269e6.jpg

そう言えば、僕のラケットをずっと欲しがっていたね。
オーケー。
僕のラケットは君にあげるよ。

いつか、テニスで勝負しょうか?

だけど手加減はしないよ。

だからさ、これから先、色々頑張るんだよ。

いつの日か、勝負、受けてたつからさ。

201812032155571b6.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR