FC2ブログ

白鳥と狼

2019053021380813b.jpg
*この彫刻を観るだけでも訪問の価値ありかもしれない



● 名称:三峰神社
● 場所:埼玉県秩父市三峰298-1
http://www.mitsuminejinja.or.jp/
● 開場時間:8:00~18:00(駐車場)
● 入場料:無料
● 駐車場:510円(普通乗用車)
● 滞在目安:2時間


武闘派皇族、人呼んで「白鳥の皇子」ことヤマトタケルが創建したとされる神社(4世紀頃か、、、)。

主祭神は日本国土創造神、イザナギ(男神)、イザナミ(女神)。

イザナギは、倉橋由美子の小説の素材にもなっている「よもつひらさか(現世とあの世を結ぶ道)往還」を行ったエピソードが有名かも知れない。


死んだ妻イザナミを黄泉の国まで連れ戻しに行くエピソードだ。

最終的に夫婦は離婚しているので、僕ら夫婦にしてみれば、なかなかどうして皮肉な神社だった(笑)

地元関東ではパワースポットとして有名で、訪問するまでは、格式高く厳粛な所と思い込んでいたが、訪れてみれば、ことのほかフランクでホノボノとした穏やかな雰囲気だった。

境内入口前には、賑やかで大衆的な食堂があり、境内にはやけにオシャレなお土産屋さんがあったり。
それらは事務的に営まれている訳ではなく、とてもフレンドリーで臨機応変に訪問客に接していて、神秘的な場所ながら、人の暖かさを感じることのできる優しい場所であった。

一人や友人、カップルで訪れるのもよいが、家族で行くのも悪くないと思う。








僕ら家族の埼玉県秩父ドライブは続く。

奥さんの調べで、三峰神社には駐車場もあって、かなり近くまでは行ける事が解った。

折しも令和スタートの時。
驚く程の参拝客が車で向かっていたようで、僕らの車はある地点から全く前に進まなくなってしまった。

結果的には渋滞にはまってから二時間近くトロトロと走り、どうにか到着したのは駐車場閉場の二時間前頃だった。

驚いたのが、閉場となる時間でも、駐車場に入れず順番待ちをしている渋滞が続いていたので、人気の程は計り知れない。


どうにか到着して、真っ先に向かったのは拝殿ではなく食堂(笑)

201905302138488ce.jpg

僕らは何も食べていなかったのと、秩父駅付近で行列ができている定食屋をみた奥さんが、「あれはなに?」と興味を持ち、「多分、わらじカツという秩父のソウルフードを食べる為の行列だと思うよ」と伝えた所、「食べよう」となって、なにはさておき食事をとることになった。

そして、わらじカツ。

20190530213922612.jpg

カツが丼からはみ出している(笑)

大概は二枚の大きなカツがご飯の上に乗っているようだ。

20190530213951461.jpg


甘いタレに予め漬けてあって、ソースのたぐいは必要なかった。

美味しいし、ボリュームもあるしで、このわらじカツを色々なお店で食べ比べてみたいなと思ったりもした。


お腹が膨れたら、拝殿を目指して参道を行く。

「道の真ん中は歩いちゃ駄目なんだよ」

奥さんが子ども達に説明をする。

「真ん中は神様が通る場所だからね」

僕らは鳥居の端を進む。

20190530214031b17.jpg


全景を写真におさめられてはいないが、この鳥居は世にも珍しい三ツ鳥居という形式で、文字通り三つの鳥居が寄り添い一つの鳥居を形成している。

手前と後方に2つの鳥居がある様に見えるが、実際には、真ん中の大きな鳥居の両脇に小さな鳥居が左右一つずつくっ付いている構造だ。

因みに、狛犬は「犬」ではなく「狼」。

神社を発祥としての「山犬信仰」が根底にあるようだ。

ここでいう山犬とは、「狼」のことで、つまりは「ニホンオオカミ」を指しているそうだ。

同じ三つ鳥居で有名な神社に、「大神神社」という所があるが、名前となっている「大神」=オオカミ=狼と、何か意味深な印象を受ける。



まあ、それはさておき、ようやく参拝。

20190530214100f3b.jpg

写真は人があまり写らないよう撮っているが、実際にはたくさんの人でにぎわっていた。

立派な随身門くぐり、僕らはワイワイとしながら拝殿を目指す。

201905302141364a4.jpg


予想通り拝殿前は長蛇の列。
僕らは並びながら、けれど入手水舎でのお清めも抜かりなく行って、思い思いのお願い事を神様に伝えた。

201905302142094b0.jpg


お参りを終えた僕らは、境内を散策。

「おみくじやりたい」

そう言った長男は、ちょっとしたミラクルを発揮。

大吉ゲット(笑)

20190530214256f1e.jpg

新元号にてさい先が良い。

こかからはちょっとの時間別行動。
僕は長男と境内にあるお土産屋さんを物色。

2019053021432497e.jpg

どこぞの裏通りにある雑貨屋のよう。

面白Tシャツも売られている。

20190530214354624.jpg

久々登場、僕の左腕(笑)
イカしたTシャツだ。

こんなのもあった。
ちっちゃくて可愛い。

201905302145096d3.jpg

お土産には悪くない。


僕らはしばらく思い思いに境内を散策し、やがて合流。

201905302144277db.jpg


天気も良く、案外悪くないドライブだった。

ゴールデンウイークはまだまだ続く。

20190530214606c2f.jpg





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR