FC2ブログ

その後のアルジヤーノン



体調が戻ったアルジヤーノン。

その後は順調で、嘘のように元気でいる。

グラマスなナイスバディを、少しシェイプアップする必要にはせまられることにはなったが、元気であればなによりだ。

とは言え、キャベツなど与えてみたり(笑)

201907291959227de.jpg


器用に手に持って食べる。

可愛い(笑)


ハムスターを飼ってから知った知識なのだが、ハムスターは縄張りを確認する為にパトロールをする習性があるのだそうだ。

所謂「散歩」

なので、猫や犬と同じ様に散歩が必要になる。

この行為をハムスター業界では「部屋んぽ」と言うのだそうだ。

運動にもなるし、定期的にこの部屋んぽを始める事にした。

部屋の一角を解放し、手作りサークルでどこかに迷い込んだりしないよう予め囲いを作っておく。

20190729200334832.jpg


可愛いもので、与えられたエリアをちょこまかとパトロールして回る。

多少イベントもないとねと、牛乳パックのトンネルをセットしておいたりと、幾つかの障害物を散りばめておく。


よくしたもので、ハムスターはオシッコをしたくなると自らケージに戻り、トイレで用をたすと再びフィールドに出てきてパトロールを続ける。

まあ、ウ○チは床にし放題だが、、、(笑)

けれど、ウ○チはとても小さくカラッとしてるので、部屋んぽのあとで床を拭くと簡単に片付けられるので苦労は無い。

パトロールのご褒美に、こっそりおやつを隠しておいたり。

この日は小動物専用ビスケットを忍ばせて置いた。

発見し、嬉しそうに貪る。

201907292004199a9.jpg


こんな感じで、普段は一人晩酌をしながらアルジヤーノンの部屋んぽを眺め、だいぶ酔ったなの頃合いにはアルジヤーノンは自らケージに戻って巣穴に入り寝てしまう。

なので、ちょっとした楽しみになり頻繁に部屋んぽをさせて過ごしている。

飼い始めてのいきなりの病気には手を焼いたが、今ではすっかり日々を彩ってくれている。


因みに、次男はアルジヤーノンに首ったけなのだが、アルジヤーノンも次男に首ったけ。

次男を発見すると物凄い勢いで駆け寄り、よじ登ったりする。

次男の手に乗った日には、べったりで降りようとはしない。

次男がマッサージをすると、ペターンと伸びてウットリしたり。

ハムスターもここまで懐くのかと驚いた。

まあ、その後、アルジヤーノンは元気です(笑)

20190729200856793.jpg





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪

前回記事でアルちゃん「太った」とありましたが
前々回と比べてもシロウト目には難しかったです

しかし、今回記事の写真は「まるまる」具合が
よく分かりますね~♪
ビスケット写真も可愛くて、ずっと眺めてます(笑)

Re: No title

aoneko 様

コメントありがとうございます。

アルジヤーノン太ってます。
多分(笑)


ハムスターにも食べ物の好き嫌いが個体差であるようで、ネットで紹介されている人気のおやつを与えても興味無かったりします。

でも、ひまわりの種は大好きで、毎日ちょうだいちょうだいとアピールします。

あと、煮干しが好きみたいです。

ジャンガリアンハムスターの主食という餌が売られているのですが、どうもそれは好きではないみたい(笑)

おやつに目がない女の子です(笑)

ハムスター関連記事

お久しぶりです

娘を引き連れ、様々なスポットへおでかけするようになってから
動物飼育施設へ行くまくるようになり触れ合いまくった結果
ブログを開設する前と比べて
圧倒的に動物に詳しくなってしまいましたし愛着を持つようになりました
よって、ハムスター関連記事、ハラハラさせられながらも
楽しく読ませていただきました
一時はどうなることかと思いましたが
安心、ほっこりできまして良かったです

Re: ハムスター関連記事

のりゅ 様

コメントありがとうございます。
ご無沙汰してまして、すみません。

僕も動物園やら触れ合い施設やら回りましたけど、あんまり詳しくならず(笑)

子ども達が楽しめればと考えて行きましたけど、僕は余り興味がなくて。

そんな僕がハムスターの世話をする事があるとは思いもよらず、けれど一生懸命世話を「しなければならない」状況は、案外良かったのかもしれません。
愛着沸きました(笑)

こんなにも可愛い生き物だったとは知りませんでした。

ペットショップにハムスターのおやつ買いに行くのが楽しいです(笑)

喜んで食べてくれるかな?
なんて考えながら。

次男も大いに可愛がっているので大正解でした。

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR