FC2ブログ

見て、食べて、遊んで




● 名称:こんにゃくパーク
● 場所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
http://konnyaku-park.com/index.html
● 開館時間:9:00~18:00
● 休館日:不特定のようです(公式HPをご確認ください)
● 入園料:無料
● 駐車場:無料
● 遊び時間:2時間~1日



再びの訪問。
↓前回ご紹介記事
太平洋戦争時、秘匿名称を持つほどの軍需品。それは「こんにゃく」



群馬県の特産品「こんにゃく」

こんにゃくその物も人気だが、こんにゃくを素材に様々なアレンジ食品が売られている。

そんなアレンジ食品を実際に試食できるだけでなく、こんにゃくの製造工程の見学もできる。

注意点があるとしたら以下2点。

・土日は工場見学はできるが稼働していない。
 要は「おやすみ」
・代表的なこんにゃく加工品の試食ができるが、
 必ず腹ペコで挑むこと。
 試食とは名ばかりで、たらふく、しかもその気に
 なれば制限は無く食べられるからだ。


上記2点を心得て楽しんで頂きたい(笑)









「こんにゃくパークにはいつ行くの?」

長男が言う。

事の発端は、以前子ども達と僕とで行ったこんにゃくパークが楽しかったねと、お母さん行ったことないから連れて行ってあげたいね、と子ども達と話したりした流れからだ。


土曜日。


僕の残る家で子ども達と晩御飯を食べているとき。

「明日、こんにゃくパークに行ってみる?」

「あ、おれ、母さんにラインで聞いてみる」

長男が手早くラインでメールを打った。
間髪入れずに奥さんから返信が入った。

「何時に出発?、、、だってさ」

「10時ぐらいでどうかな?」

長男がラインで奥さんに連絡を入れると「遅い!」とクレームが入った(笑)

なので、僕らは9時に出発して群馬県に向かうことになった。







のんびり車で走って到着。
寒かったが天気は上々。

20200204215715cd9.jpg


敷地は以前訪問した時と変わらず綺麗に整備されていた。

2020020421572091f.jpg


僕らは受け付けを済ませるて工場見学開始。

20200204215707721.jpg


残念ながら工場は稼働していなかったが、綺麗な工場を眺めながら、普段の稼働状況のビデオで雰囲気を堪能。

202002042157082ad.jpg


指定された順路を周り終えたら、お待ちかねの大試食タイム。

この日は空いていて、ほぼ待つことがなかった。
前回訪問時は確か一時間ぐらい並んだと記憶している。

2020020421570969b.jpg


試食はバイキング形式。
色々あって選ぶのに悩んでしまう。

2020020421571753c.jpg


僕ら家族は思い思いの品を選んでテーブルについた。


20200204215714aa9.jpg

因みに僕が選んだのがこちら。

202002042157156ca.jpg

全部こんにゃく(笑)

味噌田楽と玉こんにゃくの煮物。
まあ、オーソドックスに美味しい。

20200204215709dfd.jpg

そしてラーメン。
麺がこんにゃく。

20200204215708573.jpg


奥さんはかなり気に入ったようで、お土産として買っていた。

僕が一番気に入ったのがこちら。

20200204215704f57.jpg

唐揚げ。

味は??な、不思議な味だったが、美味しい。
酒のつまみにうってつけか。
正直、おかわりしたかった(笑)


食べ終わったらお待ちかねのお土産コーナー。

20200204215710d42.jpg

とても広いコーナーにこれでもかとこんにゃく関連の品々が並んでいる。

奥さんは色々目移りしながら、お土産を物色。

こんなのとか、
20200204215711d3d.jpg


こんなのが売られている。
202002042157109a6.jpg

奥さんはラーメンを購入。

20200204215710d38.jpg


そんなワケで、話のネタは尽きない(笑)





こんにゃくパークの敷地内。

こんにゃくとは直接関係無い催しもあったり。

子ども達はお約束のアイスタイム。
寒くても食べたいらしい。

202002042157192bd.jpg

因みに、このアイス売りのおじさん、マリオにそっくりだった(笑)

ついでに補足すると、屋外健康器具が設置されていた。

20200204215709083.jpg

もしかしたら、来場者向けではなく、工場ではたらいている方々用かもしれない。

20200204215654e6c.jpg

工場で発生する熱を料金しての足湯もあるので、楽しみ方はこんにゃくだけではない。

興味がありましたら、是非ご利用されたし。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR