FC2ブログ

ただただ歩く






この日も、非常事態宣言が出る間際の頃の事。










「散歩にでもいこうよ」

奥さんが言う。
テレワークからこっち、すっかり動かない、歩かない僕としては反対する理由がなかった。

子供達と時々サイクリングをして楽しんだ道を、家族でてくてくと歩く。

2020051422592673f.jpg


散歩は、サイクリングと違って、時間の流れが穏やかに感じる。
家族でとりとめのない話ををしながら歩き続けたが、こんな機会でもなければ、散歩で日がな一日を費やすような事もないだろう。

20200514225927633.jpg


どのくらい歩いただろうか?


20200514225932869.jpg


少し汗ばみ、喉も乾き、「アイスでもたべようか」となって、僕らは時々食べに行くアイス屋さんに向かった。

20200514225930610.jpg


流石は人気のアイス屋さんで、こんな最中でありながら、結構な人で賑わっていた。

とは言っても、3密は避けなければならないと、狭い店内には入店制限があって、アイスを買うに一旦は呼ばれるまで外で待機しての購入となった。

当然ながら店内で食べる事は禁止で、みな外の思い思いの場所で距離を取りながらアイスを食べていた。


202005142259294f6.jpg



それにしても、この日はたくさん歩いた。

次の日は筋肉痛。

どんだけ動いてないんだ?(笑)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~♪

現在6時半ですが、もう出来上がってます(笑)

GW期間中、普段なら公園遊びとかイオンお買い物で散々歩いて過ごす事も出来ず、海岸の遊歩道をひたすら歩いてました

理由は子供達の食事量が減らないためと、夜寝る時間が遅くならないためでした

いや~、よく歩いた(笑)お父さんの方が夜は早仕舞いでしたよ

虎子ちゃん写真、久々に見れて嬉しかったですよ♪

ただただ歩く

こんにちは~

ウォーキングにハマっています、tomパパです (*^_^*)

私もウォーキングを始める以前は 全く歩いていなかったのですが
ある時、電車で実家へ行った時に 
誰もいなくて家に入れなかった事があるんです。

その時に、3時間程 街を歩き回ったのですが、
疲れもありましたが、とても懐かしくて歩いていてとても楽しかったんです。

また、kakeruパパさんもブログで書かれていましたが
クルマと違って歩く速さはゆっくり、のんびり!
時間の流れが穏やかに感じるんですよね。

そして、今まで見えていなかった物も見えて来ます。
『こんな所に、こんな物があったんだ!こんな形をしていたんだ!』
とかね (*^_^*)

その時に楽しかった事が、今につながっています。

今は、会社から帰って来てから
長男のかず君と、一緒に歩いています。
小学校6年生ですから、
お喋りする事はいっちょ前!

聞いていてウザイ時もありますが、
色々な事を喋れて、コミュニケーションになっているなぁ~っと感じています。

動き出すまでは大変かも知れませんが、
ウォーキングも良いものですよ (*^_^*)

Re: タイトルなし

aoneko 様

コメントありがとうございます。

確かに子供達は体力を持て余し、夜更かしのはてに昼夜が逆転していくと言う悪魔のサイクルに突入してます(笑)

知恵がついている分、散歩に行こうと誘っても行かない理由をたくさん並べては拒んだり。

とは言っても他にすることもなく、食べてばっかりだし、こちらもおデブにまっしぐらの悪魔のサイクルに突入中です。

僕は運動不足にならないように、隙間時間を見つけては筋トレの日々。
どこで違ったんだ、この親子は?(笑)

まあ、こんな特殊な事態もそうそうないし、ぶっちゃけ仕事の忙しさは全くもって変わらないしで、好きにさせてます(笑)

虎子は一人でのお留守番もなく、子供達にかまってもらえる日々で、すっかり甘え上手になってきました。

イタズラも子猫らしく、今日などは、長男の飲みかけの牛乳をパソコンのキーボードにぶちまけて大騒ぎになってましたが(笑)

こんな折りではありますが、楽しく過ごしてます。

Re: ただただ歩く

tomパパ 様

コメントありがとうございます。

歩くのって、案外楽しいですよね。
ブログネタにしたことはないのですが、僕も仕事帰りにぷらっと歩いて帰る事があります。
なので、いつもスーツにスニーカーと言うニューヨークスタイルで通勤してます(笑)

通勤カバンもバックパック。
だいたい6キロ位の距離を歩くのですが、季節の移り変わりを視覚的にも体温的にも嗅覚的にも感じる事ができます。

途中酔っぱらいに絡まれたり、夜道を歩く女性に悲鳴をあげられたり、交差点の真ん中で自転車ごと倒れた女子高生を助けたりと、色んな事に遭遇もしますし、割と楽しいです。

僕は自他共に認めるガチの走り屋だったのですが、長男が生まれてから足を洗い、そしてよちよち歩く長男と散歩などをはじめて、そして歩く事で知ることのできた時間の流れの穏やかさが、とても新鮮で、それ以来歩くことが好きになりました。

光の早さだと時間の流れが違うなんて話を聞いた事がありますが、車を飛ばしていた時に見ていた景色と時間の流れと、家族と歩きながら見る景色と時間の流れが全く違うのには驚きます。
だから、光の早さだとと時間の流れが違うと言う仮説は正しいと思いますよ(笑)

歩きながら子供ととるコミュニケーションは幸せを感じますよね。
おじいさんになったら、その時も一緒に散歩にいきたいですね。
手を引かれてたりして(笑)

楽しみだな。
いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR