FC2ブログ

また歩き出すのに遅くはない












TV番組の「世界の果てまでイッテQ!」で、イモトアヤコの南極ロケを放送した時の事。
記憶が曖昧なのだが、ゲストで草刈正雄が出演していて、その中で「僕も南極行った事がある」とぼっそっと言った時にその理由を知っている視聴者は、このコロナ騒ぎが始まった時に、あの時のイッテQ!を思い出したのではないかな?と想像した。




僕が生まれる前に書かれた、言いようによっては古典SFの部類に入るかもしれない作品「復活の日」
巨匠小松左京の長編小説だ。

元走り屋の僕にとって右京と言えば片山右京。
大好きで、写真集までもっている(笑)

そして左京と言えば、まさに作家小松左京。

その小松左京の代表作「日本沈没」と肩を並べる「復活の日」は、角川春樹(元角川書店社長)が、この作品を映画化するために社長になったとまで言わしめた作品であり、実際に映画化に際しては破格の制作費が投入され、ほぼ全編実際の場所でのロケを行うという手抜き無しで制作されている。




物語の骨子となる舞台設計は、大きく分けると前半後半の二つに分かれるのだが、前半部は初めて読んだ時に、想像もしたことが無い設定でとても驚かされた事を覚えている。

この物語は、イギリスで開発された細菌兵器が諜報員によって盗み出されるところから始まる。
盗んだ細菌兵器を飛行機で国外持ち出しを行うが、その際、レーダーに掛からぬよう低空飛行を行うのだが、折しも吹き荒れる吹雪の中、閉ざされた視界の為アルプスの山肌に激突し墜落してしまう。

誰にも知られぬまま、盗まれた細菌兵器は雪山に消えてしまったのだが、春が訪れ、気温の上昇による雪解けとともに、アルプスに埋もれた細菌兵器が大気中で増殖を始める。

それとは知る由もないまま、原因不明の病が少しずづ流行り始めていく。
最初は新型インフルエンザかと思われていたが、心臓発作の変死が続き、抗体策もとれないまま、瞬く間に世界中に波及していった。

結果、人間のみならず地球上の脊椎動物が全て死滅してしまう。

ところが、世界中で唯一この細菌兵器の被害を受けなかった大陸があった。

南極大陸。

原因不明の病が蔓延する中、南極大陸はロックダウンされ、誰も上陸する事なくこの有事を免れる事となった。





映画版「復活の日」で、日本の南極観測隊員であり物語の主人公である地震予知科学者を草刈正雄が演じている。
リアルを追求するのに妥協が無かった作品故、当然のように南極が舞台の場合、南極でロケが行われた。
それも、40日間かかったそうだ。

そんな訳で、草刈正雄がぼっそと言った「僕も行ったことがある」は、実はかなりレベルが違う「本格的に行ってた」わけだが、いずれにしても今回のコロナ騒動が始まって連想したのがこの「復活の日」だったわけだ。

となると、実際に今のリアル南極大陸はどうなっているのか?

調べてみるとどこかで聞いたような話になっていた。

予想通り地球上で唯一コロナウイルスの感染が無い大陸となっている。
そして、これもどこかで聞いたような話だが、各国が南極にコロナウイルスを持ち込まないよう最善の努力を行っているようだ。
さらには、各国の基地がロックダウンされ、一切の行き来が禁止されているとの事。

もはや、リアル版「復活の日」だ。



復活の日のもう一つの骨子は、「核兵器」だ。

細菌兵器で死滅した世界で「核戦争?」と紐づかないが、トリガーとなるのが「地震」。
主人公に地震予知科学者を置いたのは、この設定を生かすためだ。

南極を除いて脊椎動物が死滅した世界で、大規模な地震が発生する可能性を主人公が察知。
この地震規模が核爆発並みであることで、人間の死後まだ稼働しているであろう国防コンピュータシステムが敵国の核攻撃と誤認し報復攻撃を開始する可能性があることが判明する。
その際、報復攻撃先に南極もターゲットになっている可能性があるため、死滅した世界に主人公達が向かい、国防システムを止める作戦を敢行する。

結果、地震は予測通りの規模で発生。
しかしながら、主人公達は国防コンピュータを止めるのが間に合わず、予想通り核報復攻撃合戦が意味もなく開始されてしまう。
そして、世界は二度死滅することになるのだった。


、、、的な話。




ちょっと笑えない。


ただ、物語は人類再生を思わせる前向きなエンディングを迎えるので、絶望的な気分で最後のページを読み終える事はない。

もしお暇があれば、映画か小説か、どちらかお手にとるのをお勧めしたい。

SFではあるが、スケールは日本離れをした世界に誇れる大作。
できれば是非、活字を追って頂きたい。












※大枠のイメージが掴める映画のテーマソング、、、、、さりげなく名曲


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR