FC2ブログ

ペダルはどこだ?

自転車④







小学3年の長男は、一人で街に自転車で出掛けても良いとの許可が、夏頃にはおりるらしい。

体つきが小さい長男は、それに合わせ小さな自転車を乗っていたが、周りの子どもたちと比べると、それはかなり小さい部類にはいり、いささか気の毒に思っていた。
補助輪をつければ、4歳の次男が普通に乗れてしまうサイズだ。
↓↓↓つい先日の様子
自転車⑤



けれど、これから少なからず大きくなる事を考えると、買い替える適正時期が正直僕にもよく解らないので、しばらくはこのままでもいいかなとも考えたり。


そんな最中、実家から電話があって、それは用事があるから一緒に行けないが、長男に「自転車を買ってやれ」との連絡だった。

「費用は後で請求しろ」

との事。

渡りに舟なので、この際年甲斐も関係なく、親のスネをかじる事にした。


訪問した自転車屋さんには、思いのほか子供用の自転車が多く取り揃えられていた。
色とりどり。

案外、マーケットとしてはボリュームがあるのかもしれない。

自転車①


数ある自転車の中から、長男はブレる事なくたった一台を欲しがった。
おそらく、あまり売れる類ではないようで、あちこちがだいぶ汚れていた。

「本人が欲しいなら、例えピンクの自転車でも、文句を言わず買ってあげよう」

そう言っていた奥さんも、思わず躊躇していた。

奥さんの熱心な交渉の末、自転車は御店の方の手で「掃除」がなされる事になった。
親切なお店の人は、一生懸命掃除してくれた。

自宅に戻り、家の前で早速シェイクダウン。
自転車②

本人は、この上ない喜びようで、一緒に寝たいといいだすんじゃないかという程だった。


ついでに、次男愛用の自転車のペダルも、自転車を持込みしてお店の方に取ってもらった。
補助輪無しを練習するのに良いかと思って。

自転車③


次男はお兄ちゃんから譲り受けたハマーのスポーツサイクルをそっちのけで、ペダルの取れた自転車をずっと乗り回していた。

とても楽しいようだった。


何にしても、僕の子供のころと変わらず、自転車はとびきりの宝物のようだ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR