FC2ブログ

村田のアニキ








子供のころ一方的に慕っていた「村田のアニキ」は、洋楽好きの、どちらかと言えばブリティシュロック好きな青年で、テレビでビートルズの番組を見て、その翌日にギターを買い込んだという、割と多いタイプの一人だった。

大学時代には、これも割と多い内の一人になるのだが、バンドを結成して積極的に活動を行っていた。

やはり「好き」は大事なことで、「積極的」も大事。

「村田のアニキ」はアマチュアバンドの地方大会でグランプリを獲得したりして、俄かに実力を発揮し始めていた。

元々曲つくりのセンスも頭一つ抜き出た感じなのだが、何より卓越悦していたのがヴォーカルだった。

やがて当然のようにプロデビューの話が持ち上がるようになったのだが、「村田のアニキ」はヴォーカル以上に卓越していたのが「大口」叩きだった。

「邦楽には興味がない。強いて言うなら、日本人で俺をプロデュースできるのは山下達郎ぐらいなもんさ」

山下達郎を連れてこいという「村田のアニキ」だったが、世の中面白いもので、結果的に山下達郎に引き合わされることになる。

ところが、「村田のアニキ」の大口は止まらない。

山下達郎にも逸材として評価されデビューの話が纏まりかけた際、レコーディングが山下達郎のプロデュースではない事に納得がいかず白紙撤回してしまうのだった。

結局「村田のアニキ」は大学を卒業し、社会人として企業に勤め始める。

けれど、好きな音楽は続けていて、やはり実力がものを言わせたのか、再びプロデビューのオファーを受けることになる。
その際、スカウトしたレコード会社に偶然山下達郎も所属しており、「村田のアニキ」は再会を果たすとともに、山下達郎の後押しもあって、プロデビューを決意する。

どうも「村田のアニキ」は山下達郎のプロデュースを期待していたようだったが、実際にはレコード会社の「反対」で山下達郎が直接手掛ける話は流れてしまった。
理由は「似すぎ」を警戒しての事のようだった。

けれど、大口叩きだが所詮アマチュアの「村田のアニキ」。
レコーディング中のテイクを途中山下達郎にチェックされ、あげくダメだしとともに、最終的には山下達郎が直接アレンジをやり直すという顛末。

違う形で念願の山下達郎(間接)プロデュースでデビユーを飾ることになった。






「いやー、俺、ヒット曲なんてないしさ」

そう言ってライブ会場のオーディエンスを笑いに誘う。

「そうだね(笑)」

居合わせたオーディエンスも胸の中で頷く。


「こんどののツアーメンバー、俺より人気のやつがいるんだよ。むかつくというより、すごいって感心しちゃうよ。名前がさ、小室っていうんだけど。女性にすごい人気なの。テツヤーとか言われてさ」

こんな感じで、実際は割とおおらかで面白い人物。
本人の言う通りヒット曲はないままだったが、長く音楽活動を続けて多くの人に親しまれてはいた。


亡くなったのが5年ほど前で、直前まで精力的に活動を続けていたが、遺作は制作途中でこの世を去る事になり、けれど「村田のアニキ」を慕う面々で完成させリリースを行った。


個人的には、アコースティックギター一本でのライブ中、内臓アンプの電池が途中で切れてしまって、笑いながら電池交換している姿が印象的。
おおらかで、男っぽい人柄が伺える一幕だった。






曲のご紹介
なお、どちらも35年前の作品。
きっと、聴いたら驚いていただけるはず。

どちらもびっくりするほど洗練されている。
山下達郎を連れてこいというだけの事はある、かな、、、、(笑)




カバー曲なのだが、村田和人の才能が凝縮された曲だと思っている。
世界中で多くのアーティストがカバーしている人気曲だが、原曲を知っている方だと少しだけ「?」となるのではないだろうか。
贔屓もあるのだが、原曲よりも僕は村田のアニキヴァージョンの方が主旋律が美しいと思っている。
ぼく個人が違和感を持っていた原曲に対し、絶妙に補正してる。







「こんなアーティストが日本にいたんだ?」

海外からのそんな評価もあった、ハードロック大好きアニキの一曲。
パワーステーションスタジオで録音したのか!?と思える程、当時は洗練された印象でもあった。

とにかくパワフルなヴォーカルが聞きものの代表曲。
全然知られていないけど、日本人が世界に誇れる一曲だと僕は思っている。

直接このページで再生できないと思われるが、再生ボタンを押した後に表示される 「この動画は YouTube でご覧ください」をぜひクリック!!
この曲、ぜひ聴いていただきたい!!!







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

kakeru666

Author:kakeru666
-
子どもたちとのお出かけ記録。

これからの方々の参考になれば幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR